「ほっ」と。キャンペーン

できる主婦風に!

この、○○○
    ○○○
    ○○○
    ○○○  計12個 は何かというと、、、
b0132950_22323648.jpg

先週から今週にかけて仕込んだ「ビン詰め」たち。
中身はサンマのオイル漬と、りんごジャム(あさこさんありがとうございます)。
b0132950_22325536.jpg

もう、外気温はカッキーンとしているので、勝手口の棚に置いといて、蓋を開封した物から冷蔵庫に移すということにします。

このりんごジャム(りんご2キロ使った)を焼き込んだ、シナモンケーキ(seicentoさんレシピ)。
b0132950_738098.jpg

砂糖をジャムに替えて。
うわ~っ美味しすぎます!!!
ベーキングパウダーが入るため、ジャム(一応つぶす)が沈みこんだりせずにふわっと焼き上がりました。

日を置かず、というか翌日同じレシピで「りんごジャムシナモンケーキ」を贈り物用に焼きました。木のパニムールがあったので、ここぞと使いました。
b0132950_225526100.jpg

クリスマスを意識し、ラッピングは、剪定した庭のモミの葉や、星形オーナメント(かよさんありがとうございます)を使ってみました。なかなか感じがでているのではないか!?

これは昨日あった期末面談の最後に、担任の先生に。
やはり、あさこさんもおっしゃっていたのと同じく、「ほんとうに今学期もありがとうございます。お疲れ様です」の気持ちで。
こういうこと、時や所によってはけしからん!とか、何か下心が・・と勘ぐられたりとか、そんなことしないでよ!とかいわれるのか?ちょっと寂しい気がします。
保育園の頃も、進級卒園のくぎりに、「お世話になりました」の焼き菓子を子どもと一緒に作って届けたりしたものだけど、「子どもの作ったものは嬉しいですねー^^」と喜んでもらった。
こういうのは別にしてもしなくてもどちらでもいいのだと思います。
私は感謝する気持ちをもつこと、感謝の伝え方のバリエーション、を子どもに伝えたい、というのもあり、やっています。


こっちは別の贈り物。
b0132950_238119.jpg

子ども達が通っているピアノ教室で、18日一足早いクリスマス会(発表会のリハのリハを兼ねた)をしてくださるということで、お礼の差し入れ。
小さいシュトーレンはいつも行くパン屋さんで買ったもの。(来年は自分で焼いてみるか!?)
モミの葉をくっつけたビン詰めは秋刀魚のオイル漬。フガッ。(←鼻息)
このオイル漬は帰省の手みやげや、友人知人への元気~?のおすそわけに使えそうです。



そして、これが、今週中、「できる主婦気分(笑)」が最高潮に達した、
17日の晩ご飯。
b0132950_23143828.jpg

前日仕込んだおでんに、秋刀魚のオイル漬、ごはん。
おでんは、seicentoさんのを拝見し、そうだうちにも切り抜きがあったはず!と高山なおみさんレシピの、「塩おでん」です。本当に美味しかった。
この晩したことは、ごはんを炊いて、おでんの鍋を温め、ビンの蓋を開けて皿に並べただけ。オイル漬の下に敷いたルッコラも、前日切ってタッパーに入れておいたものだし。

ああ、なんてラクチンな晩ご飯なのだ。
今日は米のお酒が進む!・・・・・・と単純さ丸だしですが、たいへんいい気分を味わえた晩餐(大袈裟)でした。

おでん、鍋、豚汁・・・困ったとき(やる気が出ないとき)すがれるものがあると心強い。
   ↑↑↑  これだけ?とかわいそうに感じた(呆れた)方は、別の知恵を授けてくださると嬉しいです。


・・・・・・・・ビン詰めバンザイ!な日々なのでした・・・・・・・・・・


最後、恒例のごはん記録(完全に自分用。読み流してください。)
b0132950_23314644.jpg

13日14日の朝ごはん:両日カブのスープ。13日は自家製HBのパンとマカロニサラダ。14日は田舎風BPブレッドと自家製カッテージチーズ。
15日晩ご飯:ハタハタの一夜干し。大根と厚揚げの味噌煮。レンコンチップをのっけた大根にんじんサラダ。
16日:塩鮭、キャベツと卵の炒め物、カブのサラダ、長芋ステーキ(というか焼いたやつ)。
18日:五目豆、おから入り鶏のハンバーグ、削り節はかけたけど、ゆでただけの小松菜。
やる気出ませんなの19日:にんじんご飯、豆腐ステーキ(つまり焼いただけ)、シイタケも。ブロッコリー、おからサラダをワンプレートで。スープは省略。ごはんに抜き型使うのは久しくやったことない。 子ども達は、ごはんを「かまくら作ろう~」と、掘り掘りして食べていた、サイドから・・・
[PR]
by harokijs | 2008-12-19 23:59 | ごはん