「ほっ」と。キャンペーン

その後のごはん

25日は反動で和食。しかも作ったのは蕪のサラダとお吸い物のみ。秋刀魚のオイル漬け(出たっ)、お餅、塩豚の残り
26日も和風、というかthe日本の家庭料理な感じ。なめこのみそ汁、焼き鮭、大根と厚揚げの煮物、蕪の葉炒め、マカロニサラダ。
27日朝ごはん:トースト、前夜のマカロニサラダ、あさこさんの「カブのポタージュ」(旨~い)
b0132950_17361254.jpg

下段
26日:大人だけこっそりアイス。キウイをたくさんいただいたので、白ワインでコンポートにしてみた。子どもには無理だろうな~の芳香。
27日:ピアノ発表会の夜。がんばったねのデザート。「りんごのクランブルもどき」をグラタン皿いっぱいに作って、アイスクリームと盛り合わせ。胡桃とレーズンも入ったので、「美味しい」と喜んで食べていた。
28日:県産の牡蠣がすごく安かった。「天然生活」今月号で根本きこさんが作っていた「牡蠣のチャウダー」にしてみた。あとは、大好物の蕪のサラダ。今回はパセリと和えてみた。な~んとまあ美味しい!(自画自賛)水菜のサラダ、とまだ残っていた塩豚。バゲットと。あと、県産品なんだけど初めて食べた「くずまき高原牧場」のクリームチーズ。これは絶品!!!!幸せになる味!蕪のサラダとあわせてもすごく合う!
友人が送ってくれたもの。クリスマスの日に届いた。
この場を借りて「ありがとう」。


友人の一人息子はうちのおねえちゃんと一つしか違わないのに、今年お父さんとの永遠のお別れをしたばかり・・・。
クリスマスの日にさびしい気持ちになってほしくなかったから、夫がプレゼントを選び送っていたのでした。(でもさびしくならないわけはないのだよね)
ついでに(?)私の十八番「秋刀魚のオイル漬」も合わせて送ったら、「べらぼーに美味いよっ!」と返事がきた。料理上手な友人で、うちに来て料理を作ってもらったこともあったな。
「何がいい?」
「ブイヤベースとか食べてみたいなー」(私・夫)
「いいよ!!」って調子で。

気丈でてきぱきしていて、元同僚としても尊敬する友人。
私にはとても背負いきれないような、いろんなことを、逃げずにがんばっている。

あの頃に比べれば私の主婦レベルも上がったので、こんどはご馳走したいところ・・・だが、彼女の料理をやはりいただきたいかな。
[PR]
by harokijs | 2008-12-29 18:23 | ごはん