桜の週末その1

まだかまだかと待っている、そのときこそが春なのかもしれない。
寒さと暖かさが行きつ戻りつしているような時期が・・・
すっかり暖かくなったなと実感する時はすでに初夏の入り口。

陽気に誘われ、桜ついに満開となった週末。
天気に恵まれ、夫もまるまる休みがとれたし、絶好の花見日和!

弁当をもち花見に出発~!

市内にある桜の名所へ。
b0132950_14484064.jpg

ピンクの帯のような桜並木。

b0132950_1561116.jpg

こぼれんばかりの桜。
b0132950_1581845.jpg

桜のトンネル、今年も家族みんなでくぐることができた。

昨年は風が冷たくって首をすくめて歩いたっけ。
今年はぽかぽか暖かい。うれしいな

b0132950_14535762.jpg

「いいにお~い!」

桜並木の通り向かい、山を登った公園を散策。
b0132950_152052.jpg

こののどかな景色は、昔の村落が再現されているところ。
b0132950_1533533.jpg

かやぶき屋根と晴天。
b0132950_21351319.jpg

ちんまり座って記念写真。「やっぱり『えんがわ』っていいねえー!」ぶっち、だるまねこ!?疑惑。
b0132950_1543797.jpg

資料館でレトロ消防車にときめくぶっち。
b0132950_155139.jpg

竪穴式住居の前で。

こういうところをじっくり見学しながら歩くのはおもしろい。

山を下り、
川沿いの道、桜並木の遊歩道を歩く。
   楽しいな
b0132950_1623137.jpg

花と水辺は絵になるなあ。

舟も見た。
b0132950_2151369.jpg

屋台がたくさん出てにぎわっていた。
人ごみをかき分け、「イカ焼き」と「貝柱焼き」を買ってお弁当のおかずに。
今日の弁当は「のり巻と稲荷寿司」。
b0132950_1711721.jpg

重箱の出番。
くずまき高原」製品のブースもあり、ストリングチーズやクリームチーズ、ビン牛乳を買った。
去年までだって見かけていたわけだけれど、
「ちょっと値段がいいなあ」と、手が伸びることはなかった。
その値段ぶん(あるいはそれ以上の)美味しいとわかった今、たまの出会いがあったら買うことにしている。

あたたかな日差しの下、
川面をわたる風に吹かれ、
山と桜を眺めつつ、
草の上、
みんなで弁当やイカホタテ、チーズをほおばる。
  おいしいな
  楽しいな


b0132950_21393375.jpg

わすれちゃいけない、これも食べた。
b0132950_21405047.jpg

屋台村で、おねえちゃんが買った「花見だんご」。
お年玉の残りの小銭を大切にとっていたおねえちゃん。
「自分で買い物してみたい」という希望かなう。
みんなで食べられるものを買うところ、さすが長女といった感。
とっちも「自分で買ってみたい」と「190円」をちび財布に入れてきた。
選んだのは「串刺しの長いウインナ」。これもとっちらしい。
b0132950_2148841.jpg

目も腹も大満足。

が、
「楽しいこと」に貪欲なぱんだ家の一日はここで終わらず・・・

急遽、桜前線を追いかけ北上することに。
盛岡へ。
(スーパーに寄り、「ドライアイス」をもらってチーズを冷やしながら)

高速道路(ETC1000円)から、岩手山。
b0132950_2231520.jpg

雪を抱いた山の雄姿!
そして桜!
「雪と桜」、絵になるなあ。
そしていつ見ても「岩手山」の姿は元気をもらえる。

まずは、「光原社」のある材木町へ。
なんと「よ市」が始まっていた。
たくさんの露店が通りを埋めて、なんだかとても楽しそう!
学生の頃、この「よ市」を通りかかって、なんだかわからないままに「路上の大綱引き」に加わったこと、思い出した。
野菜とパンとパンと玄米おにぎりを買う。
蕎麦の振る舞いには長蛇の列が。
光原社の中も人が多かった。
頼んであった「小鹿田焼の小皿」のほか、夫がマグカップを気に入ったようでお買い上げし、
(普段めったに歩くことのない)人の多い通りを、
大事に袋を抱えて車に戻った。

私たちが光原社の店内をじっくり回っている間、3人の子達は中庭を探検したり、
通りのベンチでおやつを食べたりしながら、市の雰囲気を楽しんでいたようだ。

その後、ぱんだ家のソウルフード「じゃじゃ麺」を食べに、「白龍」へ。
アイスクリームもなめて。

ぶっちに「ぴんくのTシャツ」を買って。

店を出るとすっかり暗くなっていた。
てくてくと歩いて「盛岡城址公園」へ夜桜を見に行った。
砂利を踏みしめ、石垣をバックにライトアップされた桜を堪能する・・・

・・・のを楽しみにしていたのだけれど、

ブルーシートがいっぱい、なんだか酒臭いなー、な夜桜見物であった。
子連れはやはり、いや子連れでなくとも、青空の桜がいいな。


・・・そして「その2」へ続く。
[PR]
by harokijs | 2009-04-21 22:28 | おでかけ