春の山ん中

実家の辺りは雪が深く、4月半ばでも消え残った雪がある。
5月の連休のあたりが桜の見頃。

今年も、満開の桜と鯉のぼりが迎えてくれた。

孫が帰ってきたので、鯉のぼりが掲げられた。
b0132950_17355579.jpg

川ばたの山桜。
b0132950_17361332.jpg

b0132950_1812692.jpg

向こう岸の桜のたもとへ行く。
b0132950_17592233.jpg

橋を渡り、
b0132950_1739130.jpg

このへんにこごみが出ている。
b0132950_180370.jpg

子どもたちにも採れた。
こごみを採った後は、犬と一緒に川の中に入ってた!(まだ冷たいよっ)

かたくりの花。うつむいて咲く風情が好き。
b0132950_1823024.jpg


場所を変え・・
裏山へ。
b0132950_1854276.jpg

鳥居の向こう、登っていくと実家のお社(やしろ)。「おんど」と読んでいる。「御堂」が訛った言い方だろうか??
b0132950_187479.jpg

杉木立に囲まれ薄暗い。夏はひんやり涼しい。
日陰はしいたけの原木栽培の適所。
b0132950_1885888.jpg

収穫。(収量の半分をもらってきて、干ししいたけにした)
b0132950_1891628.jpg


山の中は春の息吹にあふれている。
b0132950_18182065.jpg

「ふかふかしっとり」の腐葉土の下から、たくさんの芽。
b0132950_18192332.jpg

小さくてものすごくたくましい。
b0132950_1824599.jpg

山のすみれ。
b0132950_18202254.jpg

ぜんまい。
b0132950_1820424.jpg

あっちにも。
b0132950_1821110.jpg

こっちにも。
b0132950_18212926.jpg

にょっこりにょっこり。
b0132950_18221578.jpg

でもこれらは食べられないぜんまい。シダ。

この山も、盛夏の頃ははむせかえるような緑に包まれるだろう。
そのにおいを深呼吸しにまた山に入ろう。

桜とトラクター(弟。手伝っていた。)
b0132950_1829447.jpg

もはや風景の一部みたいな、ばばちゃん(曾祖母)。
b0132950_18402949.jpg

ひ孫(ぶっちのいとこ)とびこむばばちゃんの腕。
b0132950_18412934.jpg

ばばちゃんのおおらかさが、ひ孫達は(私も)大好きなのだ。

山里の春(暦の上では立夏を目前にしているわけだけど)、
自分の目と足で確かめるのが毎年の楽しみ。


最後に、おねえちゃん達が摘んだ裏山の花。
b0132950_20355510.jpg

[PR]
by harokijs | 2009-05-12 20:38 | おでかけ