芽がでた

b0132950_15501839.jpg

敷レンガが板チョコみたい。
b0132950_1552934.jpg

ここ数日はこんな雪の朝。
春の湿り雪は日差しがあれば夕方には消えてしまう。
積もったり解けて土が現れたりのくり返し。

一歩進んで二歩下がる・・・いや二歩進んで一歩下がるといったペースで、すこーしずつ春は姿を明らかにしているところ。

春という季節は、本当はとても強いもの、荒々しさを秘めている。

うごめくエネルギー。

冬を耐え、蓄えた力があちらこちらで小爆発だ。



山の奥でどうどうと流れ始めている雪解け水の、音やしぶきをを想像してみた。

草木や虫や小動物もふくめて大地まるごと、新しい季節に向かう大きな流れを作っている。

一年ひとまわりして、新たに再生する・・・生命の不思議さ、神秘さを感じずにいられない、それが春という季節!


さて、これは水曜日。ついに庭が姿を現した。嬉しくパトロール。
b0132950_16272777.jpg

スノードロップ
b0132950_16282952.jpg

チューリップの芽がでた!赤ちゃんだ。
b0132950_16293711.jpg

こっちも。
b0132950_16295932.jpg

クロッカスの芽。ジギタリスの葉をつきやぶって。
b0132950_1631395.jpg

ラベンダーは雪でつぶれてしまった。折れてしまった茎を取りのぞいてやった。また元気に育ってほしい・・・
b0132950_16335642.jpg


「雪化粧」とはよく言ったものだ。
雪が消えたら、落ち葉や枯れ茎や、つぶれて茶色く変色した葉やら何やら、
人の落としたごみやらまでも、雪の下に隠されていたものたちが露わになって、あらら~。
バケツを持って庭をウロウロウロウロ1時間余。(楽しい)

翌朝は、ふたたび白いおふとんをかけられた赤ちゃん芽たち。
b0132950_16411658.jpg

[PR]
by harokijs | 2010-03-27 16:44 |