耕してます!!

神様からのご褒美なのかプレゼントなのか・・・・
とにかくそんな言葉ばかりうかんでしまう。

ハッピーなニュースは連休最終日=こどもの日に舞いこんだ。

「すきなだけすきなようにつかっていいですよ」

何のことかっていうと、

うちから徒歩数十歩のところに、広ーい空き地があるのですが、
そこの持ち主の方が、畑として使わせてくださるというのです。

そもそも、向かいのおじいちゃんに、
「どこかこの辺りで畑を貸してくれるところないかなあ」と世間話をしていたばかりでした。
その、おじいちゃんがご自宅の畑で作業しているときに、
持ち主の方が(離れた市に住んでいる)、空き地の草刈りにやってきていて、
「この土地でよかったらお使いになりませんか」と連絡先を教えていったそうなのです。

おじいちゃんは「貸してくれるっていう人がいたよ」と私に知らせてくれ、
私もその方に電話させていただいたところ、
「あんなところで申し訳ないくらいだけれど、ご自由に、すきなだけ使ってくださいな。」と、
実にさわやかに、快諾してくださいました。


そういうわけで・・・
それからは毎日、つるはしかついで畑(予定地)に通っています。

石がゴロゴロ、漬け物石みたいなのもたくさん出てきます。
葛やススキ(カヤ)がはびこっていて、ハサミで切りながらじゃないと、つるはしすら入れられません。

草の根っこを取りのぞき、ある程度の石を除いてからじゃないと、
本当の「耕す」レベルに達しない感じです。
b0132950_21544860.jpg

原野を切り開く屯田兵の気分を味わえます。
樹木は生えていないので、木を切り倒すところからっていうのでないのが救いです。

いや、何より励みになるのは、自分ちの庭なんかよりずっといい感じの、
黒い、ちょっと団粒構造っぽくもある土質だっていうことです。
ミミズもけっこういたし^^
これは掘ってみてわかったことです。

これまで私、
「花っこ」を咲かせ、景色を作ることに一心に向かっていました。
ガーデナー(のはしくれ)だーと思って幸せでした。

これからは、
土から食べるものを作り出すファーマーにもなりたい。

今は、育ててみたい野菜、菜園を彩ってみたい素朴な花のことを考えて頭がメラメラです(笑)
うちの狭い菜園スペースではやれなかったことに挑戦したい。

今日までに、4×4平方メートルと、2×6平方メートルを(第一段階)耕しました。
石拾いは子ども達もてつだってくれます。
b0132950_22234488.jpg

4×4の方は近所の方と共同部分にすることにしました。枝豆を植える予定。

お隣の、花のことに興味がなくチューリップとスイセンも同じに見えちゃっていた方が、
先週突然花苗を買って帰ってきて、「○○さ~ん!」と走ってきまして、
何事かと思ったら「○○さんを見習って、私もこれから土とたわむれることにしようかと。」ですって!!
草取りが大変さからと除草剤撒いちゃうあなたが?!ついに!っと内心びっくりしちゃったけど。

土いじりは楽しそうって思ってもらえたなら、それはいいことだったんだなあ。


私も人生の折り返し地点。

土にたわむれ、その恵みに感謝しながら、
いつか自分も土に還る日まで、
今できることを、誠実に、一生懸命、失敗もちゃんと肥やしにしていきたいな、と思いました。


「願い」は口に出してみるものだなあ。
強く念じていれば、チャンス(のしっぽ)をつかまえることもできるんだなあ。


ああ、マッチョな体になりたい。そんなことをつい思っちゃう今日この頃。
b0132950_22244678.jpg

拾った石を積み上げて。
[PR]
by harokijs | 2010-05-13 22:26 |