雪下ろしでヘトヘト

b0132950_145111100.jpg

我が家は勾配のきつい大屋根なので、雪下ろしは必要ない・・・
(屋根を雪が滑り落ちる音が響き、凄いです。知らない人は音にびっくりすると思う。)
はずだったのに、北向き玄関ポーチの小屋根、ここは冬季最大の泣き所となってしまう。
b0132950_14194753.jpg

ひっかかった雪が溶ける間がないほど降り続ける雪は、やがて重たい氷雪となり漬け物石みたいにドドンッとのっかっている状態だ。

雪を落としたくとも体勢を整えづらい危ない場所なので、本当に困っている。
b0132950_14513035.jpg

カーポートの方も、連日の積雪で屋根がすごいことになっている。
8本柱で丈夫にできているとはいえ、支柱がどのくらいの重さまで耐えられるんだろ!?
積雪200cmまでOKだっけ?

脚立を使い、
b0132950_14314943.jpg

登ったど!

このくらいあった。
b0132950_1442380.jpg

わしわしとスコップを振るい、雪を落とした。

夜からの新雪が40cmくらいで、
その下はずしっと重みのある固い雪が何層にもなっていた。

下に(ジャーンプ!して)降りてから、落とした雪をかたづけるのは、
落とす作業の数倍の労力が要った。


疲労困憊。


なので、
068.gif
(↑夜になってからですよっ、さすがに昼間っからはー笑)



雪国でこれから家を建てようという方は、念頭に置くべきは夏よりも冬!
(と、お向かいのお爺ちゃんと、除雪の合間に喋ってた)
冬の積雪時を想定しての家つくり、土地選び、大切だと思いますー

除雪した雪を片づける先がないと、ホント大変です。
うちは向かいが空き地なので、今はそこへ運んでいます。

宝くじが当たったら(笑)、屋根に融雪設備をつけたいです。
除雪機も欲しいけど、高齢になっても扱えるかっていったら無理だろうなって思うから。
[PR]
by harokijs | 2011-02-01 15:08 |