クロカンぶっち

ゴンドラ二本目。
一本目に同じく、降りて右側A6コースへ。

尾根伝い、傾斜のゆるいロングコースはクロスカントリーな気分をあじわえる。
b0132950_2242650.jpg

「へびさん」滑りで進む。
b0132950_22425685.jpg

なぜか右側の、がけの方に寄っていきたがるのでハラハラする。
b0132950_22435530.jpg

親の心配をよそに、ぶっち本人は自分の滑りに酔っている。前を見なさい!!
b0132950_22454674.jpg

右奥、非圧雪の上級者コースの降り口。
ここに立っていた人の股に、ぶっちがはまる。
「す、すみませんっ!」
おかげで、ぶっちが上級コースを転げ落ちる目に遭わず。ああよかった。
b0132950_22542691.jpg

悪いことしたなあと気にしたらしく、ぶっちしきりに後ろを振り向くのだった。
b0132950_22554482.jpg

反省しながら進む。ここ、一番狭いところ。
b0132950_22563430.jpg

スケーティングしてる(つもり)。
スケーティング、足の短い幼児には難しいはずながらすごくやりたがる。

・・・その格好ときたら噴いちゃう可笑しさなんだ。
知らないおじさんまでが、
「笑 がんばってるなぁ! 笑」って。


「スケーティング」
ぶっち向けスキー用語に翻訳すると、「ぺんぎん歩き」。

ぶっち、なんでもやってみたい人。
b0132950_23104821.jpg

[PR]
by harokijs | 2011-02-15 23:02 | こども