「ほっ」と。キャンペーン

収納ネタ

ごちゃごちゃと見苦しい写真を敢えて公開。
b0132950_22161330.jpg

ダイニングルームの一面を棚にしています。

見ておわかりと思いますが、カラーボックスを6つつなげています。
料理本とか、趣味の本(園芸関連多し)、資料など、あとくずかご!を収めているのだけど、
こううるさい見た目ではインテリアもへったくれもないので、
扉か、カーテンをつけたい。

カーテンにするなら、麻素材がいいだろうなと思って、
fogの昔出ていたランダムストライプとか、黒白千鳥などいくつか用意してある。

あるけど、あっためているだけ。

やはり扉をつけてもらった方がスッキリしていいだろうな、
木工の得意な夫に依頼したいけれど、そんな時間はなかなか。

右上の、6連抽斗は夫の製作物。
寸法をここに合わせているからピタリ。
丸くくりぬいた穴が取っ手の代わり。
リクエスト通りに作ってもらって、これはとっても気に入っている。


冬は家の中で過ごす時間が増えるから、
今まで目をつぶっていた収納問題に、
勇気を出して、とりかかっている。

今日はあっちの棚、
明日はこっちのコーナー。

不要というものもいっぱい出てきた。
1年前には捨てるふんぎりをつけられなかったものにサヨナラできたときは、
自分よエライ!と誉めたくなる。

お片づけモードのモチベーションを高める、
インテリア雑誌の切り抜きファイル。

引田かおりさん・・・天晴れというほかない徹底収納。でも味気なくない。
b0132950_22493338.jpg

青木和子さん・・・風が通り抜けるような
b0132950_22495023.jpg

山本浩未さん・・・遊びに行ってみたい感じ
b0132950_2250883.jpg

他いろいろなお方の部屋の写真。

すっきりしつつ温かみも感じられるインテリアの写真を見ると、やる気が湧いてきます。
チマチマしてない感じってのも重要ポイント。

ここ数年、山本さんの写真のような、はっきりと鮮やかな色を使うインテリアに夢中だ。

色は、パワーを与えてくれると信じます。

それと、キレイにするといいことがある!というのも。
「いいことがやってくるすきまを作ろう」というのが、
私が考えたお片づけのスローガン。

なんだか楽しめそうな気がしてくるでしょーー?


玄関から洗面所につながる廊下。
b0132950_2312424.jpg

この、プラスチックコンテナは冬限定。
スキー用品が入っており、週末のスキーの準備はここからほいほいと。

明日は、薬箱にとりかかる予定。
[PR]