「ほっ」と。キャンペーン

しみじみご飯の日々

帰ってきてから3晩は、こんな感じのご飯が続きました。

火曜日:おでん、枝豆ご飯、カボチャ+ゆで卵+ルッコラのサラダ。枝豆は実家の母が用事ついでに届けてくれた。
b0132950_846516.jpg

水曜日:秋刀魚の蒲焼き丼、サツマイモの胡麻きんぴら(バターを胡麻油で代用)、豆腐と三つ葉、シメジのお吸い物。サンマは3枚におろして小麦粉をまぶしてフライパンで焼き、漬け汁に浸したものを汁ごと炊きたてご飯に混ぜるというもの。炊き込みご飯と違い、土鍋などがない場合もOKです。どちらかといえば私は炊き込むサンマご飯の方が好みです。
b0132950_8521666.jpg

木曜日:栗ご飯、芋煮、菊のおひたし。菊はオムカイさんの畑の採れたて。歯ざわりよく美味しい!
山形の芋煮は牛肉を使い、つゆもたっぷりなのですが、ここでは豚肉を使い、筑前煮と芋煮の中間みたいな出来上がりに。このレシピ。たいへん美味しかったです。山形風の芋煮はお義母さんが上手。
b0132950_852246.jpg

消費期限間近の牛乳がたくさんあったので、杏仁豆腐も作ってみた。黒みつをたらして食べました。
b0132950_8532839.jpg


朝はもちろん納豆ご飯とみそ汁です。

汁物野菜米野菜と食べ続け、やっと、落ち着きました。パワー充電。日本人実感。

食後。
満腹で4つどもえを楽しむ人たち。
b0132950_954669.jpg

こんなに密着しあって。秋ですわー。

ディズニーでポップコーンとパンで過ごしたら、このように和食が恋しくなったのでした。
気温が寒いだけでなく、体温も下がっていたのではないかしら。
ちゃんと食べるって大切だな・・・と改めて思うのでした。

栄養を取り込んでお腹いっぱいになればいいなら、極端な話サプリ飲んでドライフードでも食べていれば済むけれど、それで食事をとったことにしなさいと言われたらとても悲しい。
お腹はふくれても心がやせていきそうだ。

みんなで「美味しいね」と言い合えて、気持ちも満たされる食事を大切にしていきたいなあと思います。できるだけ。

あたたかな食卓についたとき、みんな幸せな顔をしているはず。
世間を騒がす犯罪の頻発。
犯罪を起こす前に、美味しくてあたたかなスープを一杯飲んでいたら、そんなことよそうという気になるのではないかなあ。
・・・・・なんて、主婦的発想でしたね。

食いしん坊の私は、1日や2日満足に食べられないだけでこんなことを考えてしまうのでした。
食べ物の恨みはおそろしいのだ。
[PR]
by harokijs | 2008-10-03 09:32 | ごはん