10年目のいい夫婦の日

b0132950_1539522.jpg

キャンドルのゆらめく炎に見入る・・・なんて、うちらしくない?(笑)

それは思いがけない案内状。

「ご結婚10周年を迎える○○様へ 」と始まる
「11.22 いい夫婦の日 アニバーサリーパーティー」への案内。
式と披露宴でお世話になったホテルから。

折良く夫の両親が来る予定の日、こんな機会に恵まれることも珍しいので、喜んで「出席」にマル。
式の思い出の写真1枚をあらかじめ届けるようにとあり、アルバムをめくって選び出す。
b0132950_15432958.jpg


庭を臨むレストランで披露パーティーをした。
できたばかりの庭だったため、↓のマネージャーのOさん、花が間に合うようにと毎日水やりをしてくれていたとか(笑)。
白のドレスは母と縫った(主:母、私はサブ)もので、のちに妹も着用。
次にこれを着るのは・・・・・・・・うちのおねえちゃん??


4月にあった結婚記念日は、おにぎりを持って花見に出かけたのだった。もちろんみんなで。
夫婦で夜のおでかけなんて、まずないから、
こんな風にお膳立てされるのは嬉しいものだ。

進行や演出で相談にのっていただいた、ブライダル担当の頼れるMさん、
ホテル初のレストランウエディングということで、私たちの次に緊張していたにちがいない(笑:たぶん当時なりたてホヤホヤだった)レストランマネージャーのOさん、
お会いできてうれしかった。

同じようにアニバーサリーを迎える夫婦が集って、
美味しいディナーに、
記念写真を撮ったり、な~が~いバームクーヘンの「ケーキカット」や、懐かしスライドの上映があったり、
メッセージ交換があったり、でも演出は過剰ではなく、
どちらかというと、落ち着いたしっとりした雰囲気で会は進み、
スタッフの人たちが見送る中を退出し、帰ってきた。

家に戻り(=現実に戻り)、寝室をのぞくと、
子どもたち、
親たちのベッドで、3人くっつきグッスリ寝入っていた。
b0132950_15335955.jpg


パーティーの結び、
この場所を結婚のスタートに選び、それぞれの生活を紡いできた夫婦たちに、スタッフからのメッセージ。
その中の言葉、

    「 ~~  それぞれの幸せの形がある。  ~~ 」
 

すこしじんとして、新たな勇気をもらった気がした。


    「これでいいのだ。」




うちの幸せは、こんなかたち。
また元気に新しい明日を進んで行こう!
そして、10年という節目と、
夫と子どもたちに、

「ありがとう」

なのだ。
[PR]