「ほっ」と。キャンペーン

ごはんの記録 から 北欧 まで

前半のご飯記録はかんっぜんに覚え書き用ですのでスルーしてくださいませ。
b0132950_1728289.jpg


(たぶん)21日:かに玉、キャベツとパプリカ炒め、秋刀魚オイル漬け、浅漬け
24日:バゲット、秋刀魚のニンニクバター焼(ローストした赤パプリカの美味しいこと!)、ブロッコリーのポタージュ(これはケンタロウのレシピ)
22日のあさごパン:バターロール、ミネストローネ、自家製カッテージチーズ
25日:秋鮭+チーズのフライ、+黒米のご飯、浅漬け、焼きネギとワカメのスープ(旨~)
26日:ふろふき大根、秋刀魚のオイル漬け(焼いてみた。焼かない方が好みかな)、浅漬け(浅漬けにはまっている。カブとか。パプリカやラディッシュも彩りがよくてお気に入り)

秋刀魚のオイル漬け、義母(お酒好き♪)にも好評で、作り方を教えた。
栗の渋皮煮も「教えて」と義父に言われ、教えた。義父は甘党♪自分で作りそう。

夫のバースデーのお祝いもありました。
b0132950_1726050.jpg

ケーキはもっちりシフォン地をバウムクーヘンみたいに巻いたのだけど、上にのせるクリームを新たに用意せず、中にぬったつぶつぶ栗(渋皮煮利用)のクリームでぬったものだから、見た目的に暗がり向き(笑)。断面はまあまあ美味しそうになるんだけれど。
子どもたちが準備したプレゼント。おねえちゃんから、似顔絵とキャラメル(作った)、かたもみ券(無期限だそうです)。とっちから似顔絵と牛の絵、クワガタとか鳥とかカエルとかの折り紙たっくさん。
私からは毛布ブランケット。けっこう大きい。
b0132950_17272449.jpg
奮発してクリッパン。永くみんなで使えるように。
夕飯後、テーブルに持ち帰りの仕事を広げるのだけど、よくそこでうたた寝しているおとうさんに、あったかいのをかけてもらおうと。です♪ふわふわっとしているので、毛糸のちくちくをいやがる夫にもいいようでした。

毎年一枚ずつブランケット(ひざかけ)が増えているな・・・。布好きヒツジ製品好きゆえ・・・。

22~23日は盛岡に講座の続きを受けに行っていました。夫の両親に子守をお願いしました。
盛岡は寒かった~。
23日で一連の講座は終了。
たまには生徒になって勉強するのもいいものだ。
今年の初めには漢字検定に向けて勉強したのだけど、(記憶力の低下はなはだしかった・・・)、また何かチャンスがあればやってみたい。

昨日ちらっと見た教育TV「おしゃれ工房」。織物芸術家「平澤エミ子さん」の自宅兼アトリエが素敵だった(素敵すぎた)。手がけられたテキスタイルも、北欧の洗練された雰囲気ですばらしいものだった。もっとよく見ればよかった。ケーキを焼いているところで手が離せなかった(泣)。
話していらした言葉にもいちいち共感するものがあった。前号の「おしゃれ工房」もう売ってないかなあ・・・・

手工芸つながり、北欧(SWEDEN)つながりで、刺しゅう作家青木和子さんのお宅の感じもとても好き。イッタラの食器を知ったのもこちらで。一時期愛読していた「プラスワンリビング」に登場された時は「わ~これよこれ!」と興奮。目ざしたいイメージが湧き湧き♪

北欧(SWEDEN)住宅にしたのはビビッとくる出会いがあったからなのだけど、それ以来、北欧の手工芸や製品はもちろん、福祉、環境に対する政策・制度により関心を持つようになった。昨日の新聞で、イラクの難民の受け入れ率が世界でも飛び抜けて多いということを知り、驚いた。
本来国際社会で平等に責任を分担すべきことなのだ、という市民の声があるそうだ。その通りだと思うし、この記事を読むまでそういう事実すら知らずにいた。
知らないでいることのなんと多いことか。
知らなかった、ではすまされないことも多いはず。
[PR]
by harokijs | 2008-11-27 17:30 | ごはん