2008年 12月 29日 ( 4 )

今年は雪のない年末なのかなーと思っていたが、クリスマスにはさらっと雪が積もり、その後大雪吹雪暴風。

ごごおおおおーーーーーぅ!!!と一日中暴風雪が吹き荒れた28日。
ここだけは、と思っていた場所の掃除に励みました。
「浴室」
「コンロ周り」
子ども達にも手伝ってもらいながら。
ぶっちに散らかされながら。

b0132950_18342842.jpg

「アルカリウオッシュ」初めて使いましたが、これは本当によいですね!
ピカピカに!
「つるつるだ~」と、夫の頬とさわり比べて、
「やっぱりこっち(壁)の方だね~」と、嬉しさの余り遊んだりして。(当然「逆」もやり返された)

壁に貼ってあるのは、4才の頃のとっちが保育園で描いてきた「母の日」の絵。
これは私の顔というより、とっち本人にそっくりなのがうける。
ほんわかキャラのとっち顔、目に入るたび心があったかくなってしまう絵なので、「竈の神」として台所の壁に鎮座していただいています。(ラミネートしてある)
b0132950_23195537.jpg

ここには調味料の棚が置いてあったのだけど、
もう何も置きたくなくなるほどのすがすがしさ。
さて調味料の引っ越し先をどこにしよう。

これらの作業にいそしむ中、頭にあったのはただ一つ、
「がんばった今日の一杯」です(笑)
ビールにしようかなー、それともワインかなー、いやお酒かなーと考えると楽しくがんばれるのでした。

というわけで、2か所を終わった後は「時間が足りない~~!」と叫びながらも
吹雪の中へ出動。おねえちゃんも「やるー」と出てきて、二人で雪と格闘。(雪かきです。)
かーっと体が熱くなったところで、次は正月飾り。
この本を読んだら、(娘の本^^)
b0132950_2222591.jpg

なんとしても28日中に松を飾らねばならぬという気になってしまい(単純)、
年賀状の印刷をしていた夫には「急に信心深くなった」などと言われながら、
松をかけるのを手伝ってくれだの、なんだのと大騒ぎ。

で、なんとか出来上がったのがこちら。
b0132950_22261767.jpg

玄関外の「松飾り」。年の神が降りてくる「依代(よりしろ)」の役を果たすそうです。
これも縁起物のセンリョウの実と合わせて金色のリボンで結び、
例の星飾りをここでも使用。しめ縄の代わりに・・・ならないかな?クリスマスっぽいかなあ。
洋風松飾りということで。(無理がある?)

玄関を入ったところ、靴箱の上。
b0132950_22351012.jpg

ずいぶんにぎやかになってしまいました。
主役は黄色と白の真ん丸マム(菊)だったはずなんだけど・・・・、
これをシンプルに生ける予定だったのだけど・・・・、
ピアノの発表会でいただいた花束の中にあったアルストロメリアを入れたら、とても華やかになってしまった。
おめでたい「センリョウ」も合わせ、
クリスマス飾りのモミも生かし、
羽子板や独楽、達磨などの正月小物も合わせたら、実~に実~ににぎやか。
もう、おめでたく突き進め!って感じになり、開き直ってこのままいくことに。
2年喪に服していたものですから、新年の飾り付けをできることが嬉しいというのもあります。

松や菊を求めた際に、目に留まった「ヒペリカム」。
テーブルに生けてみた。「スイートピー」はピアノ発表会の花束の中から。
b0132950_22465957.jpg


来年の干支「ウシ」の絵も飾った。
b0132950_22501712.jpg

とっち画。
なかなかいいウシだ。と夫婦して喜ぶ(親バカでーす)
年賀状にも採用。

そんな息子に賞状授与。
b0132950_2304688.jpg

「2学期間休まずがんばりました お父さんお母さん 印」です。
おねえちゃんは担任の先生から学期末の皆勤賞の手作り賞状をいただいてきており、
とっちには、「お母さんがつくってあげるよ!」と言ってしまっていたので・・・。

息子に渡す賞状を作りながら、
毎日元気に学校に仕事に通った本人もえらいが、
家族の健康を思いつつごはん作りをがんばった私もえらいじゃないか!と考えていた私は
けっこうおめでたいタイプなのだといえます。

ちなみに今日29日は気温が緩み、風も止み、春のような気候。
おかしな天気です。
b0132950_2375574.jpg

[PR]
25日は反動で和食。しかも作ったのは蕪のサラダとお吸い物のみ。秋刀魚のオイル漬け(出たっ)、お餅、塩豚の残り
26日も和風、というかthe日本の家庭料理な感じ。なめこのみそ汁、焼き鮭、大根と厚揚げの煮物、蕪の葉炒め、マカロニサラダ。
27日朝ごはん:トースト、前夜のマカロニサラダ、あさこさんの「カブのポタージュ」(旨~い)
b0132950_17361254.jpg

下段
26日:大人だけこっそりアイス。キウイをたくさんいただいたので、白ワインでコンポートにしてみた。子どもには無理だろうな~の芳香。
27日:ピアノ発表会の夜。がんばったねのデザート。「りんごのクランブルもどき」をグラタン皿いっぱいに作って、アイスクリームと盛り合わせ。胡桃とレーズンも入ったので、「美味しい」と喜んで食べていた。
28日:県産の牡蠣がすごく安かった。「天然生活」今月号で根本きこさんが作っていた「牡蠣のチャウダー」にしてみた。あとは、大好物の蕪のサラダ。今回はパセリと和えてみた。な~んとまあ美味しい!(自画自賛)水菜のサラダ、とまだ残っていた塩豚。バゲットと。あと、県産品なんだけど初めて食べた「くずまき高原牧場」のクリームチーズ。これは絶品!!!!幸せになる味!蕪のサラダとあわせてもすごく合う!
友人が送ってくれたもの。クリスマスの日に届いた。
この場を借りて「ありがとう」。


友人の一人息子はうちのおねえちゃんと一つしか違わないのに、今年お父さんとの永遠のお別れをしたばかり・・・。
クリスマスの日にさびしい気持ちになってほしくなかったから、夫がプレゼントを選び送っていたのでした。(でもさびしくならないわけはないのだよね)
ついでに(?)私の十八番「秋刀魚のオイル漬」も合わせて送ったら、「べらぼーに美味いよっ!」と返事がきた。料理上手な友人で、うちに来て料理を作ってもらったこともあったな。
「何がいい?」
「ブイヤベースとか食べてみたいなー」(私・夫)
「いいよ!!」って調子で。

気丈でてきぱきしていて、元同僚としても尊敬する友人。
私にはとても背負いきれないような、いろんなことを、逃げずにがんばっている。

あの頃に比べれば私の主婦レベルも上がったので、こんどはご馳走したいところ・・・だが、彼女の料理をやはりいただきたいかな。
[PR]
by harokijs | 2008-12-29 18:23 | ごはん
27日はピアノの発表会がありました。
二人とも初めての機会。

b0132950_1774969.jpg
b0132950_178355.jpg


まずまず、「よくがんばりました」


演奏はともかく、聴いている時間の長さに、「疲れたあ~」の子ども達でした。
ぶっちはホールの中を探検、おやつ、探検・・・・の3時間。
(私が前半、父親が後半と交代してお守り)
上の子の行事に連れ回されるは、下の子のおつとめですね。
b0132950_17115455.jpg


とっちは入学式の服が着られたのはよかったけれど、靴がもう入らず慌てて探した。
おねえちゃんの黒のワンピースもユーズドの品なり。

ジャンジャンバラバラ弾くようになってしまったら(そんな日がくれば:笑)、ばっちりドレスを仕立ててやろうとも。私の手縫いだけど。
[PR]
by harokijs | 2008-12-29 17:15 | こども
b0132950_16371276.jpg

おねえちゃんは、「小さな機織り」

とっちは、「工具」
b0132950_16375090.jpg


ぶっちは、
b0132950_16401738.jpg

はさみ と トーマス

他に、サブダのとびだす絵本「恐竜」→とっち
b0132950_16413257.jpg


つづきの国のワークブック」→おねえちゃん
b0132950_16543466.jpg


この自分だけの地図を描く作業、大人の私が見ても、ものすごく楽しそう!
集中しています。
b0132950_16582481.jpg

それを見た弟も、紙をつなぎ合わせて大きな地図を書き始めた。
こちらも楽しそうです。

これ、ワークブックがなくてもいいんです。ほんとは。
紙と鉛筆があれば。
自由~に、心のおもむくままに。


こんな楽しい作業があるんだということを知ってしまった者勝ちというか。
子どもでも大人でも、煮詰まったときなんかに、この地図つくりをしたらいいんじゃないかなと思った。
自分の本当の心が見えてきそう。
どこに進めばいいのかが見えてきそう・・・・な気がする。
[PR]
by harokijs | 2008-12-29 16:52 | こども