「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

前半のご飯記録はかんっぜんに覚え書き用ですのでスルーしてくださいませ。
b0132950_1728289.jpg


(たぶん)21日:かに玉、キャベツとパプリカ炒め、秋刀魚オイル漬け、浅漬け
24日:バゲット、秋刀魚のニンニクバター焼(ローストした赤パプリカの美味しいこと!)、ブロッコリーのポタージュ(これはケンタロウのレシピ)
22日のあさごパン:バターロール、ミネストローネ、自家製カッテージチーズ
25日:秋鮭+チーズのフライ、+黒米のご飯、浅漬け、焼きネギとワカメのスープ(旨~)
26日:ふろふき大根、秋刀魚のオイル漬け(焼いてみた。焼かない方が好みかな)、浅漬け(浅漬けにはまっている。カブとか。パプリカやラディッシュも彩りがよくてお気に入り)

秋刀魚のオイル漬け、義母(お酒好き♪)にも好評で、作り方を教えた。
栗の渋皮煮も「教えて」と義父に言われ、教えた。義父は甘党♪自分で作りそう。

夫のバースデーのお祝いもありました。
b0132950_1726050.jpg

ケーキはもっちりシフォン地をバウムクーヘンみたいに巻いたのだけど、上にのせるクリームを新たに用意せず、中にぬったつぶつぶ栗(渋皮煮利用)のクリームでぬったものだから、見た目的に暗がり向き(笑)。断面はまあまあ美味しそうになるんだけれど。
子どもたちが準備したプレゼント。おねえちゃんから、似顔絵とキャラメル(作った)、かたもみ券(無期限だそうです)。とっちから似顔絵と牛の絵、クワガタとか鳥とかカエルとかの折り紙たっくさん。
私からは毛布ブランケット。けっこう大きい。
b0132950_17272449.jpg
奮発してクリッパン。永くみんなで使えるように。
夕飯後、テーブルに持ち帰りの仕事を広げるのだけど、よくそこでうたた寝しているおとうさんに、あったかいのをかけてもらおうと。です♪ふわふわっとしているので、毛糸のちくちくをいやがる夫にもいいようでした。

毎年一枚ずつブランケット(ひざかけ)が増えているな・・・。布好きヒツジ製品好きゆえ・・・。

22~23日は盛岡に講座の続きを受けに行っていました。夫の両親に子守をお願いしました。
盛岡は寒かった~。
23日で一連の講座は終了。
たまには生徒になって勉強するのもいいものだ。
今年の初めには漢字検定に向けて勉強したのだけど、(記憶力の低下はなはだしかった・・・)、また何かチャンスがあればやってみたい。

昨日ちらっと見た教育TV「おしゃれ工房」。織物芸術家「平澤エミ子さん」の自宅兼アトリエが素敵だった(素敵すぎた)。手がけられたテキスタイルも、北欧の洗練された雰囲気ですばらしいものだった。もっとよく見ればよかった。ケーキを焼いているところで手が離せなかった(泣)。
話していらした言葉にもいちいち共感するものがあった。前号の「おしゃれ工房」もう売ってないかなあ・・・・

手工芸つながり、北欧(SWEDEN)つながりで、刺しゅう作家青木和子さんのお宅の感じもとても好き。イッタラの食器を知ったのもこちらで。一時期愛読していた「プラスワンリビング」に登場された時は「わ~これよこれ!」と興奮。目ざしたいイメージが湧き湧き♪

北欧(SWEDEN)住宅にしたのはビビッとくる出会いがあったからなのだけど、それ以来、北欧の手工芸や製品はもちろん、福祉、環境に対する政策・制度により関心を持つようになった。昨日の新聞で、イラクの難民の受け入れ率が世界でも飛び抜けて多いということを知り、驚いた。
本来国際社会で平等に責任を分担すべきことなのだ、という市民の声があるそうだ。その通りだと思うし、この記事を読むまでそういう事実すら知らずにいた。
知らないでいることのなんと多いことか。
知らなかった、ではすまされないことも多いはず。
[PR]
by harokijs | 2008-11-27 17:30 | ごはん
b0132950_1539522.jpg

キャンドルのゆらめく炎に見入る・・・なんて、うちらしくない?(笑)

それは思いがけない案内状。

「ご結婚10周年を迎える○○様へ 」と始まる
「11.22 いい夫婦の日 アニバーサリーパーティー」への案内。
式と披露宴でお世話になったホテルから。

折良く夫の両親が来る予定の日、こんな機会に恵まれることも珍しいので、喜んで「出席」にマル。
式の思い出の写真1枚をあらかじめ届けるようにとあり、アルバムをめくって選び出す。
b0132950_15432958.jpg


庭を臨むレストランで披露パーティーをした。
できたばかりの庭だったため、↓のマネージャーのOさん、花が間に合うようにと毎日水やりをしてくれていたとか(笑)。
白のドレスは母と縫った(主:母、私はサブ)もので、のちに妹も着用。
次にこれを着るのは・・・・・・・・うちのおねえちゃん??


4月にあった結婚記念日は、おにぎりを持って花見に出かけたのだった。もちろんみんなで。
夫婦で夜のおでかけなんて、まずないから、
こんな風にお膳立てされるのは嬉しいものだ。

進行や演出で相談にのっていただいた、ブライダル担当の頼れるMさん、
ホテル初のレストランウエディングということで、私たちの次に緊張していたにちがいない(笑:たぶん当時なりたてホヤホヤだった)レストランマネージャーのOさん、
お会いできてうれしかった。

同じようにアニバーサリーを迎える夫婦が集って、
美味しいディナーに、
記念写真を撮ったり、な~が~いバームクーヘンの「ケーキカット」や、懐かしスライドの上映があったり、
メッセージ交換があったり、でも演出は過剰ではなく、
どちらかというと、落ち着いたしっとりした雰囲気で会は進み、
スタッフの人たちが見送る中を退出し、帰ってきた。

家に戻り(=現実に戻り)、寝室をのぞくと、
子どもたち、
親たちのベッドで、3人くっつきグッスリ寝入っていた。
b0132950_15335955.jpg


パーティーの結び、
この場所を結婚のスタートに選び、それぞれの生活を紡いできた夫婦たちに、スタッフからのメッセージ。
その中の言葉、

    「 ~~  それぞれの幸せの形がある。  ~~ 」
 

すこしじんとして、新たな勇気をもらった気がした。


    「これでいいのだ。」




うちの幸せは、こんなかたち。
また元気に新しい明日を進んで行こう!
そして、10年という節目と、
夫と子どもたちに、

「ありがとう」

なのだ。
[PR]
夜の間に降り積もった雪で、窓の外が明るい今朝はいつもより少し早起きになる。

雪が積もると明るいのだ。

庭は一晩で面変わり。
b0132950_928056.jpg

子どもたちはものすごく喜んでいて、帽子に手袋長靴で、揚々と「いってきま~す♪」

数分後、
「ただいま~」

雪だまの投げ合いっこして、首に雪が入ったあ~とおねえちゃんが戻ってきた。
長靴に雪が入らないように、まっすぐ行きなよ!と言っても言うだけ無駄なことで、犬ころのようにあっちこっち埋まりながら歩いていくのが子どもというもの。

大人の方は物置から雪かきを出してきたり(今年初のダウンJK始動~)、お向かいのダンナさんはタイヤの交換をしていたな。
うちは昨夜夫ががんばって替えてくれた。
b0132950_936395.jpg


起きてきたぶっち、外の景色に気づいてピタっと動きが止まり、
「・・・・! ・・・・・・き!(ゆき)」
窓にはりついて「ぅわあ~  ぅわあ~」としばらく言っていた。

さて昨夜のごはん。
みんな「寒~~~い~~~!」と帰ってきた日はあったかいスープを出してやりたいところ。
秋刀魚ご飯(5回目だよ~)とミルクスープ(カブと鶏と長ネギの)の組み合わせだが、こういうのも家庭料理ならアリでしょうってことで、和洋雪中・・じゃない折衷のテーブルとなる。
b0132950_9415120.jpg

デザートに焼きりんごを。
b0132950_9422737.jpg

こういうものをいただくと冬の気分は否が応でも高まるのである。

冬ならではの楽しいこと(おいしいもの^^)を探す日々がはじまった。
b0132950_9503120.jpg

[PR]
by harokijs | 2008-11-20 09:45 |
雪が舞いました・・・

給食の時間だったそうで、雪はまだかいつ降るの?と毎朝毎夕言っていたとっち君は、大喜びで窓にはりついていたそうな。(お便り帳から)

さて、昨日買い出し先で「ユーカリ」の葉を丸めた新聞からのぞかせて歩いている人とすれ違う。

・・・・・しばらく花を買うことがなかったな・・ユーカリのシルバーがかった緑が好きなんだよね・・・

Kayoさんの、お花を買う記事にも大いに触発されているわけで・・・・

と、花屋をのぞくと、
大きな「プロテア」と目が合った(気が)。
見ていくと、今日は私の花日和だったらしく、次々と好きな感じの花が目に飛び込んでくる。

思う存分花を選び、うれしく帰ってきました♪

テーブルと・・・
b0132950_1745016.jpg

玄関に、
b0132950_17525100.jpg


キングプロテア
リューカランドン
アランセラ
メラリューカ
ブプレリウム
ユーカリ
ピンクッション

です。

ああうれしいな~♪
花を買うって。
豊かな気持ちになれること。

このスーパーは、お花も魚も、
なぬーと驚かれるような良心的なお値段なのですよ。
小ぶりでしたが秋刀魚も20円でした~ごめんなさい(なんとなく言わなくちゃという気に;)

これまではテーブルの上はこんな風に「秋紫陽花とりんごやなしの果物」を飾っていたのでした。
b0132950_17103130.jpg


今月末のおとうさんの誕生日が過ぎたら、一気にクリスマス飾りになっていく予定。
(なんていって、トナカイの角が見えていますが;)
[PR]
木々の枝の間から朝日が輝く。
まさに「東!」
b0132950_953267.jpg


天気予報は「雪」のマークだけれど。
まだタイヤを替えていないから、もう少し待ってください~。

b0132950_954547.jpg

雪囲いもまだなのですー。

家の中に神様トンボがいました。「イトトンボ」というのかな。もう2週間くらい滞在していらっしゃいます。。。
b0132950_9554630.jpg

[PR]
一応。

b0132950_850456.jpg

日曜朝:パン。カブと鶏のミルクスープ。藤井恵さんのレシピで作ってみた。
日曜夜:ふろふき大根。ショウガと油揚げの炊きこみご飯。ひじき煮。炊きこみご飯に万能薬味をかけたらとても美味しかった。

月曜:豚しゃぶのサラダ。焦がしちゃったカボチャグラタン。白菜とツナのさっと煮。わかめのスープ。豚肉をゆでた湯をスープに利用。白菜のおかずは切った白菜を鍋にならべ、ツナ缶をパカッとのせて塩コショウ酒をふりかけて蓋をして煮る・・・という超簡単料理。結婚当時、義母から教わった、困ったときのお助けおかず♪

火曜:秋刀魚の塩焼き。浅漬け。切り干し大根の煮物。ほうれん草のゆでたの。(すりごまだけで食べるのでおひたしではない)白菜のサラダ。
b0132950_8505197.jpg

白菜は根元近くの白いところを縦に薄くスライスするとしゃきしゃきと歯ごたえよく美味しい。初めて食べた人は白菜とは気づかないので、教えるとびっくりされる。冬ならではのみずみずしい白菜の食べ方。高校生の頃の下宿先のおばさんが料理上手で、これを出してくれました。
b0132950_8544545.jpg


あと、いつかの朝ごはん:堀井和子さん「おいしいテーブル」から、「田舎風B.P.ブレッド」。豆のスープと。ラム酒に浸したプルーンとくるみを入れるこのパン、予想を超えて美味しかった。とっても素朴な味です。
b0132950_851670.jpg

↑今この本「おいしいテーブル」が家の中で行方不明。どこにいったんだろう。
[PR]
by harokijs | 2008-11-19 08:56 | ごはん
横澤パンの美味しさは今さら説明するまでもないけれど、
b0132950_8321523.jpg

(1斤で買うなんて初めてだよー)

ここの「くるみのクッキー」も、とても美味しいと思う。
b0132950_8355392.jpg

限りなく素朴なやさしい甘さ、初めて食べたときは感激。
もったいないから1枚を半分こして、ちびちびと時間をかけていただく。
b0132950_8403993.jpg


b0132950_8414774.jpg

こちらは先日大学の構内で拾ってきたクルミ、ほじくって食べた。
[PR]
シナモン好きなので、こんなに入れていいの?(喜)とつぶやきながら作りました。
seicentoさん、ありがとうございました。
レシピをアップしていただきました。

3時のおやつと夜(!)にいただきました♪
b0132950_23411367.jpg
b0132950_23412128.jpg

下の写真はへそのような穴があいていますね。
もっときめ細やかな断面をお見せできるようだといいのに。
粗忽さはお菓子作りにも如実に表れるのです。

実はこういう配合のケーキはあまり焼いたことがなかったので、新鮮な気持ちでした。
そしてやっぱりシナモンの香りが高くって、とても美味しい~♪
娘も私以上に気に入って食べていました。
[PR]
by harokijs | 2008-11-16 23:46 | おやつ
土曜日、おにぎり弁当(鶏の炊きこみご飯と漬け物)を持って盛岡へ。
おやつに塩バナナマフィンも持った。

雪をのっけた岩手山の頂が見えます。・・・・・・・大好きです山の姿。
b0132950_22381192.jpg

先月から受講している講座の続きを受けに岩手大学へ。
夫婦二人で申し込んでいるけど、一人は子守。
家族みんなで大学まで行くけれど、私だけ勉強し、夫は子ども担当。

穏やかな日だったので、構内のクルミを拾ったり、サッカーをしたりして楽しかったらしい。
農学部で飼われているヒツジを見に行ったり。
学食にも入ってみたり。
広~~くて、クルミも大~きな松ぼっくりもあっちこっちに落ちているしで、
「だいがくっていいところ♪」という印象を受けたよう。
大きな図書館もあるんだって~と本好きおねえちゃんは喜んでいた。

紅葉が鮮やかでした。
b0132950_22325471.jpg


終了後、横澤パンを買って、「じゃじゃ麺→ジェラート」とぱんだ家的王道コースをたどり、帰ってきました。

来週も続きがある。
仙台から夫の両親が来るから次回は夫婦で参加できる。
そのころ雪降ってるんじゃないかなあ。

オマケ:「不安とは何かを達成するためのエネルギー源である。」そうかも。今日のメモから。
[PR]
by harokijs | 2008-11-15 22:40 | こども
金曜日の晩ご飯はおからコロッケと決めていて、木曜夜のうちに具を仕込んでいた。
小学校のオープンスクールに出かけるのと、検査結果を聞きに病院に行くのとで慌ただしい日になりそうだったから。

とっちのクラスは学校の畑で収穫した大根で「おでんパーティー」。
親が補助役として参加。私もぶっちを足下にまとわりつかせながらお手伝い。
  「おいしい♪」・・・・大根5きれくらい食べた2歳児
b0132950_22144860.jpg


夕方こどもたちを連れて病院へ。
上の二人には待合室でぶっちのめんどうをみてもらう。
先週のMRI含めガン検診の結果は「シロ」。

不正出血と腹痛とが続き、出産した婦人科を受診していたのでした。
「卵巣が腫れているようですね・・・ガン検診しておきましょうね。MRIの予約も入れてくださいね。」となった。
中学生の頃から、右の卵巣が腫れて他の内臓にあたって痛みを覚える、ということはたまにあり、卵巣付近の痛みだなというのはわかったけど、今回は歩いていても響くように痛いときがあった。
それと先月の生理がずうっと(結局2週間以上)続いたということも、不安増大。こんなことはなかったから、やばいのでは?と。

さすがに心配になり夫とともに青ざめて日々を過ごしていたのでありましたが、
晴れて検査結果は○と出て、
本当にほっとしました。

ホルモンバランスが崩れてこうなったのかもしれませんね、ということだった。
良性のものでも8cm以上になるようだったら手術も必要だそうで・・・。
今は4cmだって、私の卵巣ちゃん。
妹はやはり良性の卵巣膿種で20代で片方とっている。

更年期の症状がこうやってじわじわ現れてくるのかしら。


ともかく、
その夜、夫に伝え「ああよかった~」と、乾杯!
エビスビールを2色で^^
b0132950_21582677.jpg

おからコロッケでは物足りなくて、(子どもたちはわ~いコロッケだーと喜んでいた)
b0132950_2201056.jpg

冷蔵庫からイソイソと、秋刀魚のオイル漬けを出してきてつつきました。
b0132950_2232360.jpg


ビールが旨い~
肴が旨い~
コロッケもよくできた~

と、
金曜の夜はちょっとしたおめでたムード。

ありがたや~の健康体。


たっくさん揚げたコロッケは、
b0132950_2261753.jpg

翌朝コロッケサンドイッチになりました。カブとキャベツのスープと。
[PR]
by harokijs | 2008-11-15 22:09 | ごはん