<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大みそかの日のお昼ごはんに、え?という感じですが・・・・
こちらを見てしまったためです。

だってだって、食べたかったんだもーん ということで、
バナナシフォンケーキ♪
b0132950_15363686.jpg

シュシュワワ~~~とミラクルな食感です。美味しいです!!
前日美容院(20センチ以上カットしました!リフレッシュ♪)帰りに寄った書店で見つけ、
なかしましほさんの「まいにち食べたいごはんのようなシフォンケーキの本」買ってしまっていました。
今朝はうきうきと早起きし、朝食前に2つのシフォンを焼き上げておりました。
b0132950_15555888.jpg


・・・・・大みそかだというのに、何をやっているのか私は。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、今年中に記事にしておきたいと思いつつ今日になってしまった。
秋に見つけていました。
b0132950_15473688.jpg

結婚10年目の記念に、「じゅう箱」。

お節つくりは全く予定になかったのですが、今日とつぜん竈の神様が降りてきてしまわれたようで!

冷蔵庫の残り野菜の整理のつもりで作り始めたら、なんと五の重まで埋められるほどになってしまった。
b0132950_15475295.jpg

いわゆるお節のおかずではありません・・・・思いつきだったので。
左上から、
□赤パプリカのナムル 小松菜のゆでたの
□栗きんとん風
□蓮根と黄パプリカの甘酢炒め
□伊達巻き   のように見えなくもないシフォンロール(小豆クリーム)
□蕪とブロッコリーのサラダ

お重につめるという経験が浅い私が思うには、
小さめサイズの重箱は初心者向けでよいかも。
習作ですが、これから行く私の実家に持っていきます。

今日も元気に雪遊びの子ども達でした。
b0132950_1558822.jpg




皆様、よいお年を♪
[PR]
by harokijs | 2008-12-31 16:13 | ごはん
玄関の花。
やはりなあ・・・と思い返し、アルストロメリアを抜いて生け直す。
b0132950_9591985.jpg

まだにぎやかだ。

この菊を横1列に並べて生けられるような、長方形の花器があったらなあ!!
ミルキーホワイトか、こげ茶色のがいいなあ。
正月用に使いたい。


春先になると必ず欲しい~という気持ちになってしまうのは、
有名な「4月の花器」。
実物を拝んでみたいな!
[PR]
今年は雪のない年末なのかなーと思っていたが、クリスマスにはさらっと雪が積もり、その後大雪吹雪暴風。

ごごおおおおーーーーーぅ!!!と一日中暴風雪が吹き荒れた28日。
ここだけは、と思っていた場所の掃除に励みました。
「浴室」
「コンロ周り」
子ども達にも手伝ってもらいながら。
ぶっちに散らかされながら。

b0132950_18342842.jpg

「アルカリウオッシュ」初めて使いましたが、これは本当によいですね!
ピカピカに!
「つるつるだ~」と、夫の頬とさわり比べて、
「やっぱりこっち(壁)の方だね~」と、嬉しさの余り遊んだりして。(当然「逆」もやり返された)

壁に貼ってあるのは、4才の頃のとっちが保育園で描いてきた「母の日」の絵。
これは私の顔というより、とっち本人にそっくりなのがうける。
ほんわかキャラのとっち顔、目に入るたび心があったかくなってしまう絵なので、「竈の神」として台所の壁に鎮座していただいています。(ラミネートしてある)
b0132950_23195537.jpg

ここには調味料の棚が置いてあったのだけど、
もう何も置きたくなくなるほどのすがすがしさ。
さて調味料の引っ越し先をどこにしよう。

これらの作業にいそしむ中、頭にあったのはただ一つ、
「がんばった今日の一杯」です(笑)
ビールにしようかなー、それともワインかなー、いやお酒かなーと考えると楽しくがんばれるのでした。

というわけで、2か所を終わった後は「時間が足りない~~!」と叫びながらも
吹雪の中へ出動。おねえちゃんも「やるー」と出てきて、二人で雪と格闘。(雪かきです。)
かーっと体が熱くなったところで、次は正月飾り。
この本を読んだら、(娘の本^^)
b0132950_2222591.jpg

なんとしても28日中に松を飾らねばならぬという気になってしまい(単純)、
年賀状の印刷をしていた夫には「急に信心深くなった」などと言われながら、
松をかけるのを手伝ってくれだの、なんだのと大騒ぎ。

で、なんとか出来上がったのがこちら。
b0132950_22261767.jpg

玄関外の「松飾り」。年の神が降りてくる「依代(よりしろ)」の役を果たすそうです。
これも縁起物のセンリョウの実と合わせて金色のリボンで結び、
例の星飾りをここでも使用。しめ縄の代わりに・・・ならないかな?クリスマスっぽいかなあ。
洋風松飾りということで。(無理がある?)

玄関を入ったところ、靴箱の上。
b0132950_22351012.jpg

ずいぶんにぎやかになってしまいました。
主役は黄色と白の真ん丸マム(菊)だったはずなんだけど・・・・、
これをシンプルに生ける予定だったのだけど・・・・、
ピアノの発表会でいただいた花束の中にあったアルストロメリアを入れたら、とても華やかになってしまった。
おめでたい「センリョウ」も合わせ、
クリスマス飾りのモミも生かし、
羽子板や独楽、達磨などの正月小物も合わせたら、実~に実~ににぎやか。
もう、おめでたく突き進め!って感じになり、開き直ってこのままいくことに。
2年喪に服していたものですから、新年の飾り付けをできることが嬉しいというのもあります。

松や菊を求めた際に、目に留まった「ヒペリカム」。
テーブルに生けてみた。「スイートピー」はピアノ発表会の花束の中から。
b0132950_22465957.jpg


来年の干支「ウシ」の絵も飾った。
b0132950_22501712.jpg

とっち画。
なかなかいいウシだ。と夫婦して喜ぶ(親バカでーす)
年賀状にも採用。

そんな息子に賞状授与。
b0132950_2304688.jpg

「2学期間休まずがんばりました お父さんお母さん 印」です。
おねえちゃんは担任の先生から学期末の皆勤賞の手作り賞状をいただいてきており、
とっちには、「お母さんがつくってあげるよ!」と言ってしまっていたので・・・。

息子に渡す賞状を作りながら、
毎日元気に学校に仕事に通った本人もえらいが、
家族の健康を思いつつごはん作りをがんばった私もえらいじゃないか!と考えていた私は
けっこうおめでたいタイプなのだといえます。

ちなみに今日29日は気温が緩み、風も止み、春のような気候。
おかしな天気です。
b0132950_2375574.jpg

[PR]
25日は反動で和食。しかも作ったのは蕪のサラダとお吸い物のみ。秋刀魚のオイル漬け(出たっ)、お餅、塩豚の残り
26日も和風、というかthe日本の家庭料理な感じ。なめこのみそ汁、焼き鮭、大根と厚揚げの煮物、蕪の葉炒め、マカロニサラダ。
27日朝ごはん:トースト、前夜のマカロニサラダ、あさこさんの「カブのポタージュ」(旨~い)
b0132950_17361254.jpg

下段
26日:大人だけこっそりアイス。キウイをたくさんいただいたので、白ワインでコンポートにしてみた。子どもには無理だろうな~の芳香。
27日:ピアノ発表会の夜。がんばったねのデザート。「りんごのクランブルもどき」をグラタン皿いっぱいに作って、アイスクリームと盛り合わせ。胡桃とレーズンも入ったので、「美味しい」と喜んで食べていた。
28日:県産の牡蠣がすごく安かった。「天然生活」今月号で根本きこさんが作っていた「牡蠣のチャウダー」にしてみた。あとは、大好物の蕪のサラダ。今回はパセリと和えてみた。な~んとまあ美味しい!(自画自賛)水菜のサラダ、とまだ残っていた塩豚。バゲットと。あと、県産品なんだけど初めて食べた「くずまき高原牧場」のクリームチーズ。これは絶品!!!!幸せになる味!蕪のサラダとあわせてもすごく合う!
友人が送ってくれたもの。クリスマスの日に届いた。
この場を借りて「ありがとう」。


友人の一人息子はうちのおねえちゃんと一つしか違わないのに、今年お父さんとの永遠のお別れをしたばかり・・・。
クリスマスの日にさびしい気持ちになってほしくなかったから、夫がプレゼントを選び送っていたのでした。(でもさびしくならないわけはないのだよね)
ついでに(?)私の十八番「秋刀魚のオイル漬」も合わせて送ったら、「べらぼーに美味いよっ!」と返事がきた。料理上手な友人で、うちに来て料理を作ってもらったこともあったな。
「何がいい?」
「ブイヤベースとか食べてみたいなー」(私・夫)
「いいよ!!」って調子で。

気丈でてきぱきしていて、元同僚としても尊敬する友人。
私にはとても背負いきれないような、いろんなことを、逃げずにがんばっている。

あの頃に比べれば私の主婦レベルも上がったので、こんどはご馳走したいところ・・・だが、彼女の料理をやはりいただきたいかな。
[PR]
by harokijs | 2008-12-29 18:23 | ごはん
27日はピアノの発表会がありました。
二人とも初めての機会。

b0132950_1774969.jpg
b0132950_178355.jpg


まずまず、「よくがんばりました」


演奏はともかく、聴いている時間の長さに、「疲れたあ~」の子ども達でした。
ぶっちはホールの中を探検、おやつ、探検・・・・の3時間。
(私が前半、父親が後半と交代してお守り)
上の子の行事に連れ回されるは、下の子のおつとめですね。
b0132950_17115455.jpg


とっちは入学式の服が着られたのはよかったけれど、靴がもう入らず慌てて探した。
おねえちゃんの黒のワンピースもユーズドの品なり。

ジャンジャンバラバラ弾くようになってしまったら(そんな日がくれば:笑)、ばっちりドレスを仕立ててやろうとも。私の手縫いだけど。
[PR]
by harokijs | 2008-12-29 17:15 | こども
b0132950_16371276.jpg

おねえちゃんは、「小さな機織り」

とっちは、「工具」
b0132950_16375090.jpg


ぶっちは、
b0132950_16401738.jpg

はさみ と トーマス

他に、サブダのとびだす絵本「恐竜」→とっち
b0132950_16413257.jpg


つづきの国のワークブック」→おねえちゃん
b0132950_16543466.jpg


この自分だけの地図を描く作業、大人の私が見ても、ものすごく楽しそう!
集中しています。
b0132950_16582481.jpg

それを見た弟も、紙をつなぎ合わせて大きな地図を書き始めた。
こちらも楽しそうです。

これ、ワークブックがなくてもいいんです。ほんとは。
紙と鉛筆があれば。
自由~に、心のおもむくままに。


こんな楽しい作業があるんだということを知ってしまった者勝ちというか。
子どもでも大人でも、煮詰まったときなんかに、この地図つくりをしたらいいんじゃないかなと思った。
自分の本当の心が見えてきそう。
どこに進めばいいのかが見えてきそう・・・・な気がする。
[PR]
by harokijs | 2008-12-29 16:52 | こども
楽しみに、それは楽しみに迎えた我が家のクリスマス。
b0132950_11252731.jpg

モミの木は今日この日、雪をかぶった姿が、もっともそれらしい。
前日、2度目の剪定をした。安全パトロールに来た駐在さんのアドバイスに従って。
「これはモミですな?このへんの枝を切ると姿がよくなるよ。光るの巻いたりすると似合うだろうねえ。」
針葉樹はほっといても樹形が整うものと思いこんでいましたが・・・・、
切ったら少しは見栄えもよくなった。駐在さん(「こういう(盆栽)方面好きなもので^^」と言っていた)、ありがとうございました。

お陰で、(今年はやめようかと思っていた)イルミネーション、初めてこのモミに巻きました。23から25日の3日間点けます。
b0132950_1124698.jpg


家の中にも。ささやかにひかりもの。
b0132950_11472679.jpg

このLED、小さな星がかわいらしく、年中リビングの窓につるしているもの。クリスマスの時期は(本来の使い方で)点灯して楽しみます。
b0132950_11491415.jpg


食卓。
生モミのリースキャンドル。
b0132950_11523291.jpg

クリスマスごはん。
b0132950_1153378.jpg
b0132950_11531883.jpg

独身の頃に揃えた皿ですが、今になってみるとクリスマスにもってこいの抹茶色。
テーブルセンターに使ったクロスの赤 × 緑の皿、白の皿も並んでいます。

つい今朝ほど(娘の本で)しいれたばかりのウンチク、
赤:贖罪の為にキリストが流した血、緑:常緑樹で永遠の命、白:純潔、潔白を表すのだそうです。
ほぉー。
ほか、それぞれ意味があってのクリスマス飾りらしい。
ソリをひくトナカイは9頭で、先頭は「ルドルフ」だって。へぇー。
あとでちゃんと読んでみよう。これからお正月に向けて知識を得ておくのもよさそうだ。
b0132950_14212591.jpg

イブの献立は、バゲット、パイをのっけて焼いたシーフードのトマトシチュー、塩豚(塩分控えめで美味しい)、水菜とパプリカ・キュウリ・ゆで卵のサラダ。大人は赤ワイン。子どもは特別にサイダーをワイングラスに注いでやった。

柳宗里の黒柄スプーンは自分たち親へのクリスマスプレゼント。
b0132950_13221729.jpg

光原社に行く度、はあーと眺め、とっては戻しをくり返した憧れのカトラリー。
大人のぶんを2本のみだが嬉しい。ズシリとしています。

ケーキはこの形が好きだなあの、「ブッシュドノエル」。
b0132950_14262557.jpg

庭のヒイラギを飾りに使用。

秋にぶっちとむいた栗、冷凍しておいたのを使いました。
よって、ケーキの中身はぶっち担当といってよいでしょう。
スポンジはおにいちゃん担当、クリームはおねえちゃん担当のお手伝いです。
冬場のケーキ作り、生クリームの泡立てには外の雪をボウルに盛ってきて、底を冷やすのに使ったり、焼き上がりを早く冷ましたい時にはカゴをかぶせて外に置いたりというワザが使えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おいしいね~」と家族で食卓を囲む、これ以上の幸せはないです(実感)。
12月。クリスマス。家族の絆を感じ、感謝する機会。
クリスチャンでもないのに楽しみなこの日は家族のおまつり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、子ども達。
ぶっちは昼寝をせずにフィーバーしていたため、ごはんの途中でZZZ・・・。
ケーキを食べられませんでした。
冬休みで兄姉が一日中家にいるから、ぶっちにしてみれば楽しくってしょうがないのです、
朝から夜まで!

子どもたちが電子ピアノでクリスマスの曲を順番に披露。
とっち、「しっぱいしちゃったよ・・・」としょぼくれ。

久しぶりに家族でトランプをしようかとなり、
最後にやった「神経衰弱」、とっちが異様に強く、おねえちゃんふてくされ。
その態度を親に叱られ、楽しいはずのクリスマスの夜は尻すぼみ・・・・(笑)


まあ、こんなものですね(笑)。

それでもプレゼントを楽しみに、
「寝られないかも~」と言いながら寝室に行きました。
廊下にサンタさんへのお手紙とケーキを置くのを忘れずに。
b0132950_145329.jpg

「プレゼントをむずかしいところにかくしてください」だって。ローマ字版も書き添えてあるのが可笑しい。

寝静まったのを見計らって、ツリーの根元に3つ、サンタさんがプレゼントを置いて行ってくれました。
ぜんぜん難しくない場所ですね(笑)。
b0132950_14162311.jpg



最後に、クリスマスクラップ!
b0132950_15411318.jpg

[PR]
朝日。
b0132950_1524019.jpg

朝ごはん。スペイン風オムレツとパン。
b0132950_1534647.jpg

お昼ごはんプレート。にんじんご飯、魚の切り身のソテー、ほうれん草おひたし、ミニトマト。
b0132950_155369.jpg

緑×赤と色合いを意識し、さらに星形飾りミニサイズを挿したごはんで、クリスマスイブのイブランチです。・・・・たいしたものは料理していないが、まあそれっぽく。

星形飾り。
慣れたら折るのが楽しい。
紙を切ってさえおけば、鍋の様子を見ながらとか折り折り・・・。
とっちが学校の授業で作ってきたリースと。
b0132950_1511125.jpg

このリース、エコ。
1年生の生活科の授業で育てた「アサガオ」のつるを利用という点、いいねー。


「迎える気分」が楽しいのだよ、クリスマス。
もう明日。
b0132950_15135799.jpg

[PR]
by harokijs | 2008-12-23 15:22 | ごはん
気づくともう20日。あせります。
あせるのだけど、ごはん作りの意欲が・・・どこかに行ってしまった。

そこで、土曜の朝はホットケーキを子ども達に焼かせた。ミックス粉で。
b0132950_7193394.jpg


それからKayoさんの星型オーナメントを大量生産。前の晩、夕ご飯のあとに私と小学生二人とで、黙々と折りました。
ようやくこの折り紙の勘どころをつかみましたよ・・・5枚目くらいにしてホントようやく(汗)
b0132950_7215666.jpg

できた星に糸を通したり、息子は「ウシ」の絵を描いたり。(ウシの絵は年賀状に使わせてもらおうか。)

タッパーに入ったままだったクッキーオーナメントも、ようやく飾りました。セロファンに入れて。
今日いとこの子ども達が遊びに来るので、好きなのを選ばせよう。
b0132950_727068.jpg

ツリーの大きさに対してオーナメントが大きすぎるような気がする・・・

そしてこっちのツリーはオーナメントが小さすぎたようだ。
b0132950_7282374.jpg

・・・・・来年はとりかえよう。

ツリーは玄関を出たところにも。
b0132950_11504477.jpg

拾った松ぼっくり(落葉松のは小さい松ぼっくり)などで飾る。1000円で売られていたこの木はたしか「ヒバ」。写真にしてみるとなんだか地味だ。

靴箱の上の飾り。
b0132950_7331491.jpg

モミの葉はオアシスに挿したので、しばらくもつでしょう。

生モミはリース形にもアレンジしてみた。
b0132950_7363927.jpg

真ん中のキャンドルは毎年クリスマスに灯して6年目。
火を灯すと生モミの葉の香りが漂う・・・・・かもしれない(笑)。

たくさん出来上がった星型オーナメントを、窓につるしみると。
b0132950_11205878.jpg

逆光でよく見えないが、左のは赤で★-★-★-★-★
真ん中のは白(障子紙のような和紙を使ったところ、とても好きな雰囲気の仕上がりに。)で☆-☆-☆-☆-☆

こっちの窓にも。
b0132950_11223240.jpg

エイッと買ったアルテックのクロスは切りっぱなしのままをクリップで留めて、カーテンのようにつるしてみた。ゆがんだ手描き?の「H」は、どれも微妙に形が違う。
本当にいい浴衣地・・・・というのは冗談で、冬にもよく映える気がします。
[PR]
この、○○○
    ○○○
    ○○○
    ○○○  計12個 は何かというと、、、
b0132950_22323648.jpg

先週から今週にかけて仕込んだ「ビン詰め」たち。
中身はサンマのオイル漬と、りんごジャム(あさこさんありがとうございます)。
b0132950_22325536.jpg

もう、外気温はカッキーンとしているので、勝手口の棚に置いといて、蓋を開封した物から冷蔵庫に移すということにします。

このりんごジャム(りんご2キロ使った)を焼き込んだ、シナモンケーキ(seicentoさんレシピ)。
b0132950_738098.jpg

砂糖をジャムに替えて。
うわ~っ美味しすぎます!!!
ベーキングパウダーが入るため、ジャム(一応つぶす)が沈みこんだりせずにふわっと焼き上がりました。

日を置かず、というか翌日同じレシピで「りんごジャムシナモンケーキ」を贈り物用に焼きました。木のパニムールがあったので、ここぞと使いました。
b0132950_225526100.jpg

クリスマスを意識し、ラッピングは、剪定した庭のモミの葉や、星形オーナメント(かよさんありがとうございます)を使ってみました。なかなか感じがでているのではないか!?

これは昨日あった期末面談の最後に、担任の先生に。
やはり、あさこさんもおっしゃっていたのと同じく、「ほんとうに今学期もありがとうございます。お疲れ様です」の気持ちで。
こういうこと、時や所によってはけしからん!とか、何か下心が・・と勘ぐられたりとか、そんなことしないでよ!とかいわれるのか?ちょっと寂しい気がします。
保育園の頃も、進級卒園のくぎりに、「お世話になりました」の焼き菓子を子どもと一緒に作って届けたりしたものだけど、「子どもの作ったものは嬉しいですねー^^」と喜んでもらった。
こういうのは別にしてもしなくてもどちらでもいいのだと思います。
私は感謝する気持ちをもつこと、感謝の伝え方のバリエーション、を子どもに伝えたい、というのもあり、やっています。


こっちは別の贈り物。
b0132950_238119.jpg

子ども達が通っているピアノ教室で、18日一足早いクリスマス会(発表会のリハのリハを兼ねた)をしてくださるということで、お礼の差し入れ。
小さいシュトーレンはいつも行くパン屋さんで買ったもの。(来年は自分で焼いてみるか!?)
モミの葉をくっつけたビン詰めは秋刀魚のオイル漬。フガッ。(←鼻息)
このオイル漬は帰省の手みやげや、友人知人への元気~?のおすそわけに使えそうです。



そして、これが、今週中、「できる主婦気分(笑)」が最高潮に達した、
17日の晩ご飯。
b0132950_23143828.jpg

前日仕込んだおでんに、秋刀魚のオイル漬、ごはん。
おでんは、seicentoさんのを拝見し、そうだうちにも切り抜きがあったはず!と高山なおみさんレシピの、「塩おでん」です。本当に美味しかった。
この晩したことは、ごはんを炊いて、おでんの鍋を温め、ビンの蓋を開けて皿に並べただけ。オイル漬の下に敷いたルッコラも、前日切ってタッパーに入れておいたものだし。

ああ、なんてラクチンな晩ご飯なのだ。
今日は米のお酒が進む!・・・・・・と単純さ丸だしですが、たいへんいい気分を味わえた晩餐(大袈裟)でした。

おでん、鍋、豚汁・・・困ったとき(やる気が出ないとき)すがれるものがあると心強い。
   ↑↑↑  これだけ?とかわいそうに感じた(呆れた)方は、別の知恵を授けてくださると嬉しいです。


・・・・・・・・ビン詰めバンザイ!な日々なのでした・・・・・・・・・・


最後、恒例のごはん記録(完全に自分用。読み流してください。)
b0132950_23314644.jpg

13日14日の朝ごはん:両日カブのスープ。13日は自家製HBのパンとマカロニサラダ。14日は田舎風BPブレッドと自家製カッテージチーズ。
15日晩ご飯:ハタハタの一夜干し。大根と厚揚げの味噌煮。レンコンチップをのっけた大根にんじんサラダ。
16日:塩鮭、キャベツと卵の炒め物、カブのサラダ、長芋ステーキ(というか焼いたやつ)。
18日:五目豆、おから入り鶏のハンバーグ、削り節はかけたけど、ゆでただけの小松菜。
やる気出ませんなの19日:にんじんご飯、豆腐ステーキ(つまり焼いただけ)、シイタケも。ブロッコリー、おからサラダをワンプレートで。スープは省略。ごはんに抜き型使うのは久しくやったことない。 子ども達は、ごはんを「かまくら作ろう~」と、掘り掘りして食べていた、サイドから・・・
[PR]
by harokijs | 2008-12-19 23:59 | ごはん