<   2009年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ここ数日、縫い物モードに入っていました。

簡単なものを自己流(いきあたりばったりともいう)で縫うのが楽しいのです。
キッチンクロスなどで縫ったティッシュケースとクッションカバーが完成。
b0132950_17114196.jpg

ボタンつけは省略し、安全ピンを使ったりするところが大胆ですー。

こういった布もので部屋の雰囲気が新鮮な印象になる。
収納改革の延長で、これらの縫い物活動に突入です。


さて、縫い物をしている私に、
「ねぇー、ひんべえにもなんか作って。」
とおねだりする人。とっちです。

とっちが大切にしているぬいぐるみ
 = 「とっちの大親友」 と言い換え可の、ロバの「ひんべえ」と白クマの「しろたくん」。
b0132950_17164424.jpg

毎晩一緒に寝ています。
「ひんべえ」の方が古株で、2、3歳の頃のとっちが毎朝このぬいぐるみを抱えて寝室から下りてくる格好、寝る時間に「ひんべえ」が見つからず家中探し回ったことなど、懐かしいのです。
お気に入りでどこにでも連れ回すので、えっ!という場所で見つかったりする。

とても可愛がられたので、ひんべえは少しやせて、毛なみもところどころ薄くなってしまった。
よくつかむ首や脚などはほつれて、これまで何度も「お医者さん」(裁縫箱を出したおか~さんドクター)にかかっている。

その「ひんべえ」に着る物を作って・・・というけれど、
ロバの服かぁ~、むずかしいかなあ~。
と唸ったら、
「マフラーでもいいの!」
「ひんべえ寒いかもしれないから!」と、とっち。

マフラーなら作れるか。じゃあ、もうちょっと待っててね、というと、
「いつできる?」 
「う~ん、○○の誕生日(あとひと月ちょっと)はどう?」
・・・・・・「おそすぎー」。

そういうわけで、
押し入れの中、毛糸を探していたら、ずっと前の、編みかけセーターの身ごろが出てきた。
b0132950_17305278.jpg

ひんべえに似合いそうな色(笑)・・・これをベースに何か作ってみようと思いつき、
出来上がったのがこれ。
b0132950_17354387.jpg

マント♪アイボリーの毛糸があったので、
b0132950_21311131.jpg

これまた自己流ワザを駆使してフリフリの縁レースもどきと、小さなボンボン飾り(これ作るの楽しい!)を。ひんべえの愛らしさが引き立つかと(笑)。

とっちがスイミングに行っている間にできたー。
喜んでくれる・・・かと思います。   (帰ってきて、マントを着けたひんべえを見つけ、ニコニコになりました。)

何せこの数日は、朝・夕・寝る前と、
「いつ作るの?」
「もう作った?」etc.の催促が続きましたから!

編みかけの使い回しなんかじゃなく、
ひんべえにはみずいろの毛糸(ないけど;)も似合っただろうか。
・・・・・・・・・

もう一人のお友達「しろたくん」は、
b0132950_17425660.jpg

(右の小さい方はぶっちの「ぶんたくん」)
既にいくつか衣装を縫ってあげたことがあり、
b0132950_17434947.jpg

夜はネマキに着替えたりできるほど、
b0132950_17444966.jpg

衣装持ちなのです。毛糸の帽子とマフラーはおねえちゃんが編んでプレゼントしたらしい。

だから、「ひんべえ」が寒いかも・・・と思うのは、とっちとしては自然な流れなんだろう。



そんなにまで愛されている「ひんべえ」と「しろたくん」、
ふと私も抱っこしてみたい気持ちになったことがあります。


          ふわぁん


温かく柔らかな抱き心地、
なんともいえないいい気持ち、ふしぎな気持ちがしたのです。

とっちの体のぬくみをとどめているような・・・
ほわぁっとこちらの体に添ってくるような・・・
ぬいぐるみって、ぬいぐるみって。


だから、この本を読んだ時は、
「あ、○○のことだ」と思いました。
b0132950_2032044.jpg

『ビロードのうさぎ』  原作 M・W ビアンコ    酒井駒子 訳・絵
酒井駒子さんの繊細な絵が物語にとても合っていて、言葉以上に語りかけてきます。
幼い子どもとおもちゃとの親密な絆は、大人の想像を超えるものがあるのですね。

上の娘はこんなふうにぬいぐるみに執着するというのはなかったから、
とっちのぬいぐるみとの仲良しぶりを見るにつけ、
あ~これだよこれ!子どもってこうなんだよなあ、なんて思ったものです。
b0132950_21323483.jpg

下に弟が生まれ、母を独占する弟をうらやんだり、さびしい思いをしたりしたこともあったと思うのだけど・・・・・・
ぬいぐるみたちに母の私も「ありがとね」です。
マントや着替え、縫いますとも!!

絵本を読んで、忘れていた、子どもの頃に感じていた気持ちや感覚を呼び起こされることはよくあるし、
今子ども界の住人である息子や娘たちの気持ちを、大人の私が共有するきっかけになってくれもする。
私自身もものすごく絵本の世界から豊かな時間をもらっている気がします。


1年生でぬいぐるみを可愛がる男の子って、めずらしいだろうか。
よく言えば繊細で、少々内気なところあったりして正直大丈夫か?と思うこともある。
でもでも、それが個性なんだ。親こそが丸ごと受け止めてやらなくちゃね。

・・・と、子どものことで不安になったとき、自分に言い聞かせているのでした。
「育児は育自」とはよく言ったものですね!



当人は、
b0132950_21414438.jpg

声が大きくて、おねえちゃんとケンカして、弟とやりあって、
折り紙工作昆虫恐竜大好きで、
今日のごはんなーに?と今日のおやつはなーに?が口癖の食いしん坊(私似)、
繊細で純粋で単純で、、、、もっとあるけど言い尽くせないな、
あと1ヶ月と7日で7歳の誕生日を迎えるという早生まれっ子です!

b0132950_21473187.jpg

ピカソのこの絵。
惹きつけられて買ったポストカードですが、これを見ると、
男の子の純粋さを強く感じます。
うちの少年もこんな雰囲気あるなあと思ったり。
[PR]
by harokijs | 2009-01-31 23:42 | こども
b0132950_13482113.jpg

この手を使ってしまった。


b0132950_13522271.jpg

掃除機を見せて、ぬいぐるみと一緒にソファーに座らせること3分。今日は最初に毛布もかけてある。
[PR]
by harokijs | 2009-01-30 13:51 | こども
なななんと!
ただ今2歳児は午睡のただ中であります。
b0132950_13443831.jpg

ソファーの上で。

昨日の出来事を知る方は、おっ掃除機を使ったな!?とお思いになったでしょう。

はい、掃除機を出しました^^  つい実験心が働きました(笑)
でも、掃除機使っていません。

どういうことかというと、

掃除機を出したら、
「  ! こわーぃ・・・ 」
例の反応をしたので、
またぬいぐるみを抱っこさせて昨日と同じく座らせて、

掃除機を動かす前に、物を寄せていたのです。
昨日ぶっちが眠っちゃったのに気づき、リビングの隣の和室はかけていなかったので、今日はこっちを掃除しようと考えたのでした。

片づけている間にユラユラし始めたぶっち、5分で夢の世界に旅立ってしまいました。
b0132950_135533.jpg

この通り、掃除機(仕事前)と寝ちゃった子。

というわけで、急ぎ記事を書く母なのでした。


・・・・と今、ピロリロリ~とオーブンが鳴り、
ぶっちがぐるぐるぐ~るしてお手伝いしたバナナケーキ(ひぐまレシピです)が焼き上がりました。
b0132950_1432127.jpg

上にバナナを載せるのもぶっちがやりましたよ。(もちろん残ったバナナはぱくっと食べた^^)

小学生達が帰ってくるまで、眠っていてくれたら嬉しいぞ。

とても天気がよく、午前は散歩に行ったのです。
b0132950_1462867.jpg

電車を見たり、雪の上を歩いたり。
b0132950_14753.jpg


適度な運動と適度の恐怖が(!?)安らかな眠りを誘ったのだろうと、
推測する母です。

お布団に誘っても、かたくななまでにお昼ねをしようとしないぶっち。
寝なきゃ寝ないでいいか!と、私も気楽に構えるようにしていたのですが、
今になってこういう眠りの儀式を発見してしまいました。

母と子の「仁義なき戦い」、今日は私の勝ちってことでいいかなぁ?

泣かせずに寝せましたから!
無血の開城(「篤姫」見てませんでしたが・・)となりました。

(えっおかーさんズルイ!?)




すみません;つづきが・・・
記事をアップし終えたところ、
むくっと起きたぶっちがとことことやってきました。

テーブルの上のバナナケーキに目を留め、
*x▲E▽#$~~
と何か言っていたけど、寝ぼけているっぽかったので抱っこしたら、
b0132950_14455100.jpg

再び、スピースピー・・・眠りに落ちていきました。

というわけで、今もPCの前にどっかり座っている私です。

どんな夢を見て眠っているんだろうか?ぶっちくん。
[PR]
by harokijs | 2009-01-29 14:16
言葉の出がおそいかなと思われる末っ子ぶっち。

いくつ?
b0132950_17413426.jpg

                                 「・・・たぁぃ(にさい)」
ちょきの指ができるようになったよ。

ちょき・・・・・チョキ。

チョキチョキに今はまっているぶっちは、
サンタさんにもらったこれ、
b0132950_21343464.jpg

あぶなくない、「はちさんハサミ」を持っているんだけど、
いつも手にするのは普通のハサミ。

今日も朝から、
b0132950_17465242.jpg

                                ・・・・チョキチョキ・・・・チョキチョキ・・・
                                   紙くずの山を作り、
b0132950_17483266.jpg

                                    さらにそれを踏みつけて行く。
b0132950_1749149.jpg

手押し車に積んだダンボールは現在片づけ途中で部屋の隅に積まれていたもの!

このように、
片づけ模様替えをするぞー!と意気込んでも、
傍らでドンジャラホイな日々が続いていた。
これは母に対する挑戦か。

この長い「途中」状態、整理の為にはみ出したモノたちがいつになったら収まるべき場所に行けるのか、やっている私もくじけてしまうではないか。

カレンダーを見ると今日は1月28日。
これが2月ならば月が終わってる!
だめだ~これじゃー

ぶっちの妨害に負けていられぬー

と、
急に発奮して(引火しやすい性格)、

まず掃除機をかけてしまおう。

掃除機が大嫌い(恐れている)ぶっちは、掃除機が現れると、
「  !!  こわっ こわっ」と言ってしがみつく。
冬休み中は上の子たちから「守って」もらえたけれど、平日はそういうわけにはいかない。
怖いんだけど、
怖い怖い掃除機を操縦している母に逃げ込もうとするのです。

はっきり言って、ジャマでしょうがありません。
パッと掃除機をかけられない理由はこれなんです。モップでいいか、とさささとやって。

おもちゃを思う存分広げて遊んでいるのをのけるのもかわいそうだなと思ったり。

でも今日のおかあさんは、気合いが入っているから、
「ぬいぐるみ抱っこしてここにいれば大丈夫だからね!」とソファーの上に座らせて、
ガーガー掃除機をかけ始めました。
b0132950_2142096.jpg

「ぅわぁぁーい(こわーい)、ぅわーい」と泣いているけど、しゃくりあげているけど、
                                  ガーーガーーーーッ
b0132950_21431537.jpg

一回り、「ふぅー、終わったあー」と戻ってみると、


                                  眠ってる!!
b0132950_2146381.jpg

たった10分足らずの時間に!?

ほっぺに涙がのっかっています。
b0132950_2148483.jpg

泣き寝入り。

この状態で10時半→11時半まで眠ったぶっち。
実は同じことが先週も一度ありました。
恐怖からの逃避=寝る なのですね。

おかげで私の片づけ作業は、ものすごくはかどり、「できあがり~」の写真を撮るところまでたどりついたのです。

この話をすると、「かわいそうに」と夫は言った。
片づける端から散らかされ、一歩進んで二歩下がる、な一日のくり返し、時にはこんな予想外のラッキーな時間が降ってくれると私としてはたいへんありがたい。

娘は「じゃあこれからは昼寝させるとき掃除機にしたらいいんじゃない?」と・・・。
そ、そう思う?




散らかす子どもと掃除に追われる母、
掃除機を出す母と泣く子ども。


仁義なき戦いは明日もまた続くのです。
[PR]
by harokijs | 2009-01-28 22:23 | こども
きのうの晩ご飯は、はりきってこしらえた「鶏つくね鍋」。
b0132950_2344043.jpg

前夜NHKで「匠の技」とかいう番組を見て、「よーし!」とその気になった私。
お出汁(冬だしというそうだ)を用意してー、
b0132950_2345511.jpg

野菜は匠の教えに従って、見目よく食べやすく大きさを揃えて切ってー、(ふだんはやりませんよ)
b0132950_23623.jpg

これまた匠の教えに従って、
バットに広げたつくねの具(鶏・蓮根・糸コン・ネギ・卵・片栗粉・味噌・山椒粉)は、
冷蔵庫で1時間冷やしてー、(こうすると丸めて落としやすい、そして見た目がいいでしょ、と匠が言う)
b0132950_23424153.jpg


どうだー!今日は匠の夕餉なるぞ~!と揚々と食べ始め・・・


ところが、
・・・・・・・・・あれ?
なんだか。   
みんなは「美味しいよ!」とはふはふ食べているんだけど。

わかったこと。

鶏をよく練ってふわっとさせたつくねの中に蓮根の歯ごたえがあるというのが、このつくねの美味しさのポイント。
歯が弱い私には、ふわっの中のシャキッという噛み心地が・・・ダメだった。
シャキッならシャキッで、堅めのはそれなりに意識してたべるのだけど、
ふわシャキが混ざっていると、つ・つらい(涙)

「年寄りみたい」夫に言われました。
虫歯はないのです~。
でも噛んだ時にひびくんです~(泣)

それから元々自分が寄せ鍋風の鍋の味が苦手だったのを忘れていた。

感動するはずだったのに~


匠の言葉に踊る主婦。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気を取り直して、
今日のお昼。ぶっちと食べるパンがなくって、ミックス粉でホットケーキ。
不精して一度にタネを流したからデカイ。
b0132950_2326299.jpg

晩ご飯。昨夜煮付けておいたカレイ。牡蠣とほうれん草エリンギのソテー。カブ・パセリ・チーズのサラダ。
b0132950_23272099.jpg

2歳児が煮魚とほうれん草にはまって、「と!(もっと)」「と!」とおかわり要求。
上の子たちは、ソテーの牡蠣をよけていた。

食後の甘いものがやめられない家族です。
b0132950_23355252.jpg

2度目の「チョコバナナケーキ」。今日も焼いた。
チョコレートが入っているのかと思うほど濃厚。ココア20gって多いんだな・・・。

毎年この時期に「体がチョコを欲している」状態になるのですが、
それってやっぱり単純ってことかしら。

匠のセリフに弱いし。
[PR]
by harokijs | 2009-01-27 23:35 | ごはん
b0132950_9535914.jpg

今家の中の片づけを進めているところ。
すこーしずつしかやれないので、かえって散らかっている気がしないでもない。

これまでなんとなく飾っていた小物や、中身が変わってきたのになんとなくそのまま使っていた収納方法を見直そうと思っていて、思い切って取りのぞいた時に広がる空間が気持ちいい。


この片づけモードに突入したきっかけは2つ
1つは、年末の掃除。ほこりにあきれた。
2つめは、新しいカーテン(artek H55♪)をつけたこと。


いつ終わるのかは、?。
写真を撮って客観的に眺めてみたりしたら意欲が持続するかも・・・と思って、撮影してみたり。


片づけで出てきたもの。
b0132950_9215298.jpg

上の2人の「おたより帳」~。
お姉ちゃんは1歳から入って5年半、お兄ちゃんは2歳からの3年間(最後の1年は幼稚園)保育園生活だったから、おたよりもこんな量に。

ちらっと読んだら懐かしいったらありゃしない。
そのときそのときで懸命なんですよね。
先生とのこのおたより帳、子どもの幼い日(と、親としても奮闘の日々)をとどめるものとして、
写真と同じくらい大切にしたいなあと思いました。

保育園はよかったな、と思います。
子のくうねるあそぶの基礎つくりを援助してもらったという思いで感謝いっぱい。

フルタイムで働き育児家事の日々は、全力疾走のマラソンみたいだったけれど、
このおたより帳のやりとりが支えになりました。

家族以外の支えがあると心強いですよね。



片づけででてきた子どもの絵。
b0132950_946779.jpg

これはおねえちゃん。カナクギ文字が今となっては貴重。
b0132950_948595.jpg

これはとっちの「ウルトラマン」。

子どもの作品はなかなか処分できなくて困ります・・・
[PR]
by harokijs | 2009-01-27 09:50 | こども
気合いを入れて臨む一日。

朝ごはんは具だくさんスープと。
b0132950_8511842.jpg

HBが反乱を起こした?今朝フタを開けたらなんじゃこれ、なしろものが。
テーブル中央の「がんづき」みたいなのがそれです。(ちぎって食べた。もったいないから)

急遽ヨーグルトいっぱいパンケーキを焼き、大きなお皿にサラダやゆで卵を盛りつけて・・・「ごはんだよー!!」とかけ声かけて・・・・紅茶のポットを用意して、「ほらぶっちにエプロンかけてやって」「そでもまくってやってねー」、「折り紙折ってるばあいじゃないの!」等々・・・やがて全員着席、「いたーだきます!」。
b0132950_2348303.jpg

この大きな皿は、おかずがたくさん載せられて、バイキング気分を味わえる?かも?(数用意できればの話ですが)
saleは子どものトレーナーのみ参戦だったし、  ←言い訳?
みんなのお腹一杯に資金投入。ayaさんのところの画像を熟視+熟思してました。

集合が早いのでこれらを急いでかき込み、全員厳重防寒の上車に乗り込みスケートリンクへGO。

ホッケースクール3回目最終回の日です。
b0132950_23504659.jpg

b0132950_2351347.jpg

弟はやる気がけっこうあって、滑る姿もなんだかサマになっています(親バカ許してねー)。
お姉ちゃんもがんばっていました。
コーチの方がすごくいい感じなんだよなあ。びりっとして。

子ども達は汗かいていました。
リンクわきの見学隊はあまりの寒さに意識が遠のきそうでした。
しばらくキャッキャと遊び回っていたぶっちも、だんだん動きが鈍くなり、表情がなくなり・・・残りの1時間は固まったまま抱っこされていました。
「昆虫みたいだな」by夫

リンクの帰りは約束の「肉まん」をコンビニで買ってもらい、大喜びでぱくついていました。
「おかーさんも食べる?」
い・いらない・・・・胸ヤケするようになったのです(涙)。4,5年くらい前から。

いったん家に戻り、朝の残りのミネストローネで温まったら、
再び、防寒度を上げて諸々装着の上、近くのスキー場へ。

「ゆきっこまつり」参加。
前日子ども会で集まり作った雪像。
b0132950_064951.jpg

なんだかわかりませんよね・・・
モデルはこれ。ぶっちのおもちゃを提供しました。
b0132950_8304695.jpg

???ですね(苦笑)
b0132950_09412.jpg

バケツに雪を詰めて固めた「煙突」がついていたのだけれど、
雪像によじ登るちびっこ達によって破壊された後でした。

そんな「きかんしゃ」、雪像コンテスト第2位。
5作品中の2位ですが・・・・
商品はカップラーメン大箱(笑)。

雪上ドッヂボール大会やスノーフラッグなどの競技、
保育園児のソーラン節、中学生のソーラン節、太鼓etc.の披露、
屋台、餅つきなどがありました。

子ども会としての参加でなので半ば義務なわけで、
夕方までずっと雪の上で過ごすのは、正直たいへん。
ぶっちは、
b0132950_0195421.jpg

そりを引っぱって歩き回り、2歳児なりに楽しんでいたものの、
さすがに、
b0132950_050949.jpg

疲れたようです。
どのタイミングで寝るかなと思っていたら、和太鼓演奏を聴きながら寝入っていた。

餅まきが行われ、
うちのきょうだいたちも拾ってきました。
b0132950_023677.jpg

5個。

ひとまず子ども会の部分は解散となったので「お疲れ様~」と帰ってきました。
家の窓からこのスキー場(地元の小さな小さなスキー場)が見えるのですが、
真っ暗になった6時、小さな打ち上げ花火が上がるのを「うわー」と言いながら見つめる子ども達でした。

氷と雪の一日となったこの日のシメ。

モチロン「」で決まりです。
b0132950_0492753.jpg

白菜と豚バラの鍋。
塩ぽん酢でいただきました。
(この枝?は運ぶためのものです念のため。換気扇のあるコンロであらかた煮てから卓上に運んできたところ。枝がついている方が絵になるからねー^^)

疲れた冷えたの日だったし、初めてニンニクを入れるやり方を試みたのですが、
お箸がとまらない~
皆さんのブログで絶賛されているだけあります!

「おいしいー」「おいしいー」の声がなんべんも聞かれた晩ご飯となりました。
鍋の最後には今日の収穫ブツ「餅」を入れて食べましたとさ。
[PR]
by harokijs | 2009-01-26 00:36 | こども
以下すごくざっくりと。
1 じゃがいも大2個は丸ごとゆでて1cm厚さに切って使う。
2 鍋にタラ(甘塩)4切れ、白ワイン1/2cup、つぶしたにんにく2片、黒粒こしょう5粒、おおまかにちぎったローリエ2枚を入れ、ひたひたの水で強火にかける。沸いてきたらアクをすくって弱火にし、10分ほど煮て日をとめる。ざるに上げて骨・ローリエ・コショウをのぞき、ゆで汁はあとで使うのでとっておく。
3 ソース:バター30gを熱し、タマネギ2個ぶんの薄切りと↑のゆでにんにくを弱火で炒める。茶色になったら小麦粉大2をふり入れじっとりするまで炒める。ゆで汁1cupをすこしずつ加え混ぜ、とろみが出てきたところに生クリーム1cup。ふつふつしてきたら、チーズ(グリュイエール)120g、塩こしょうナツメグを加えて火を止める。
4 バターを塗った耐熱皿にじゃがいも半量を並べ、タラをほぐしてのせ、ソースの1/2をかける。残りも同様にのせて、230℃のオーブンで30分焼く。

本をすぐ見られない時用に書いてみたのですが、よかったら使ってみてくださーい。
魚を煮ているときの香りがなんともいえず^^
チーズや生クリームの量を1/2~1/3に減らして作ったけれど、けっこうこってりしているかなあ(私には)と思いました。



b0132950_9162860.jpg

[PR]
by harokijs | 2009-01-25 23:27 | ごはん
今朝のこと。
b0132950_22371719.jpg

弟2号の歯みがきをしてやる弟1号。

弟2号の着ているトレーナーはきょうだいお揃い。

胸のロゴ「GLAD TO MEET YOU」というハートフルで明るい意味合いが気に入り、
saleを待ちかまえて買いました^^

ぶっちとおねえちゃんがピンク杢、とっちがグレー杢。
ぶっちにはまだまだピンクを着せるのだ。
とっちは5歳くらいから「コレ着るの~?」といやがるようになったなあ。
オンナの色だと言って(笑)


寒くないの?と父にも母からも、何度聞かれても、
「さむくない」
と答える少年。

いつも、夕飯前に風呂に入るのだけれど、寝るまでずっと下着1枚。
「あっついの」
だそうです。

若いもんはいいのう。

さっき娘に肌掛をかけてやりに行ったのだけど、腕がボカボカに熱いのだった。
燃焼効率いいんだろうなー。
これだけ燃えてりゃ熟睡なわけだ・・・・と思う私はあんまり眠るのが上手ではない。

今日は明日の「ゆきっこまつり」の準備で、雪像つくりに2時間。
このところの変な天候で、雪質サイアク。
シャーベット状の雪はなかなか整形も難しく、時間がかかった。
あーでもないこーでもないと地区子ども会の父母達でやってきた。
防寒していったけれど、足先冷えたー。
明日も1日雪と氷の中なのだよ・・・ガッツだジャスフォー!

夜は餃子。
b0132950_2257524.jpg

いつものニラの代わりにセロリの葉を入れてある。
すごく美味しくてうちの定番になりそうです。

少年やっぱり半袖です。


***
コメントの返事のちほどさせていただきますね!
[PR]
by harokijs | 2009-01-24 22:59 | ごはん
b0132950_10242739.jpg

長年?の願いがかない私の元にやってきた布artekのH55。
上の子より順に、「は**」「ひ**」「ふ**」で、ハ行三段活用のうちの3きょうだい。
・・・・・命名で遊ぶな?!(笑)

全員イニシャルHにちなんで、HHHHH・・・と限りなく連なるこのテキスタイルをいつかは!と思っていました。
しかしよくのぞく北欧雑貨のネットショップはいつ見てもSOLDかHOLD。

嬉しいです。アナタに会えて。(布に言っています)


しばらく切りっぱなしのままピンで留め、ニマニマと眺めを楽しんでいました。

ひと月余りもそうやって過ごし、ようやくのこと、(簡単に)カーテンに仕立てました。
私の定位置から真正面に見える窓に♪
b0132950_2315138.jpg


サイズの都合上(というか本来布は縦方向に用いるもの?)、この向きに。
「H」が横になって「I」になりました。
・・・・I・・・・アイ・・・愛?(笑)
「I」がいっぱいってのも悪くないんじゃない?なんて。

それにしても横にしても縦にしても素敵だよ、よくできた布だね~と悦に入る私は、
「H」も「I」も自分の名前には入っていないのでした。ちょっと残念なような。


新しいカーテンをかけたら、窓のよごれが目についてしかたなく、
せっせと窓ふきをして気分はさらにスッキリです。


今片づけの神様がうちにおいでになっているらしく、
このカーテンの爽やかさに似合う室内にするべく、収納替え大作戦中なのです。
[PR]