<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

DIYで暗渠(あんきょ)排水に挑戦したこの夏。

初めに着工したのは軒下(屋根の雪が落ちるので雨樋をつけていないから。軒下は水が溜まりやすくなっている。)で、T字にパイプを埋める。
長さにして約12mを掘り起こし、傾斜をつけてパイプを入れ(防草シートの上に)、小石を敷くという方法。
塩ビ管にドリルで穴を空けたものを使った。
b0132950_22502157.jpg

これはめんどう~~~。空けたのは夫だけど。
慎重に石を載せていきます。この石を運んだのは私。庭を掘れば出てくるゴロゴロ石、全くじゃまものだったけれど、このように使えるとはうれしい。積んでおいたのを使った。
b0132950_22573343.jpg


暗渠工事その2。やはり雨水が溜まりやすい、東側軒下。排水のルートがカーブしてしまうので、塩ビ管ではなく、メッシュでコイル状になった管(なんていうのか?)を買ってきて使用。
b0132950_2351367.jpg

平日ぶっちと一緒に溝掘りを進め、管を埋める工程は夫が休みの日、一緒にやった。
b0132950_23125759.jpg


暗渠その3。自分一人でもできるような気がしてきて、短いのを一本設置してみた。これはラベンダーを植える予定の場所。
暗渠その1に合流するルート。
b0132950_2374270.jpg


暗渠その4も夫の力を借りずにやった。ここは長いルートで特に固くしまった土だったので、掘るのに時間がかかった。
b0132950_23163980.jpg

石がゴロゴロと出てくる。パイプに載せるために石も大切に選り分けながら。手前、パイプの上の赤いのが水平器。
b0132950_23181527.jpg

ぶっちが一部始終を知っている。

雨の日。
ドキドキしながら見にいくと。
b0132950_2321084.jpg

出てる!
b0132950_23211549.jpg

出てる!
b0132950_23212797.jpg

流れてる~!

排水できたのを確かめたら本当にほっとしました。


うちの土は30~40cmも掘ると粘土層にぶちあたります。
b0132950_23244450.jpg

このように見事なほどの黄土色。そんな粘土層にもちろんミミズ君はいるわけもなし。

粘土層は破っておくべし、と聞いたので、できるだけやることにした。
水はけのよくないレンガ敷のスペース。2箇所ほど、小さく深~い穴を掘る。
b0132950_23294613.jpg

小さなクワみたいのや移植べら、夫が用意したすごい穴掘り器具などを代わる代わる使って半日。110cmまで掘ったところで、「勘弁してやろう」。
b0132950_23343916.jpg

b0132950_23291240.jpg

石を詰めておく。いくらかは水がひきやすくなると思う。
[PR]
by harokijs | 2009-09-15 23:35 |
オムカレーを家で再現。旗はたてなかったけど。
b0132950_21452159.jpg

無性にガスパチョの気分だった。パスタと。
b0132950_21463057.jpg

長旅から戻ったら畑のバジルが豊作になっていた。
b0132950_2147568.jpg

seicentoさんのとこでヨダレを垂らしながら見たジェノベーゼに挑む。
b0132950_21495612.jpg

外ごはん。始業式、午前授業で帰ってきたとき。パンダのサンドイッチ(うちではパンダイッチって)にすると、ぶっちがよく食べる。
b0132950_21524210.jpg

外ごはん。カレーライス。食らう食らう・・・。母ラクラク♪
b0132950_21561231.jpg

トマトのだし煮。手間をかけた~という満足感は得られるが、そのままかじる方が好きかも。
b0132950_2158657.jpg

太陽が好きなバジル、朝夕ぐぐっと寒くなったので夏の勢いがなくなっている。どんどん食べてしまったほうがよさそう。
いつかの休日お気楽晩ご飯、久しぶりにピザにして。
b0132950_221158.jpg

枝豆とかとうもろこしとか。
b0132950_222171.jpg

おっさんだ・・・
b0132950_223870.jpg

3~4日に一度、バナナシフォンを焼く今日この頃。バナナが熟れ残るのにあわせてお菓子つくり。冷蔵庫でしっとりになったシフォンがおいしい~~
b0132950_2234334.jpg

野菜室一掃献立。レンコンなどの煮物。キャベツの卵とじ炒め、つるむらさきのおひたし。キュウリ漬にミニトマト。
b0132950_2285061.jpg

主役は枝豆。ニラのかき玉汁。なすの味噌炒め。きのこのさっぱりマリネ。オクラのおひたし。ミニトマトにとうもろこし。
b0132950_22114729.jpg

豚しゃぶのサラダ。じゃがいものチーズ焼。冷や奴。きのこのマリネサラダ。
b0132950_22131483.jpg

秋刀魚の初物の日、3尾を5人で食べた。ああ、きたなあこの季節。大根おろし。ユウガオのとろみスープ。オクラとわかめのおひたし。枝豆。
b0132950_22144363.jpg

カボチャ、シシトウ、ナスにちくわで夏野菜の天ぷらの日があったけど撮影する間もなく、さくさくとお腹に消えていった。かなり大量に揚げたんだけど!怖いよー成長期。・・・・しかもこのあと、パンダイッチで出た食パンのミミも揚げてシナモンシュガーをかけたのを出したが、あっという間になくなった。

朝ごはん。↑の残りのかぼちゃをポタージュに。他おかずは盛り合わせ。分け前は自分で確保してー。マグは皆空窯の。
b0132950_2222583.jpg

オマケ。ぶっち、一人のおやつタイム。外で枝豆。
b0132950_22261878.jpg

枝豆好きなうちの家族は息もつがずに食べている。無言のひととき。
[PR]
by harokijs | 2009-09-15 22:10 | ごはん
富良野では「風のガーデン」のあと、ロープウエーで山の上に行きました。
b0132950_2111152.jpg

野生のエゾジカがいた!

山の上。
b0132950_21121028.jpg


ピクニックガーデン内にあるニングルテラス、子どもたちが喜んでいました。
b0132950_21134025.jpg

おねえちゃんが押していたスタンプ。
b0132950_21154482.jpg

日が暮れてライトアップされたニングルテラス。
b0132950_21172431.jpg

ドラマ「優しい時間」の舞台になった喫茶店「森の時計」にも行ってみました。
外だけ~。
b0132950_2120485.jpg


ドラマ「北の国から」のロケ地「麓郷」は早足でめぐりました。
b0132950_21232123.jpg

b0132950_2123335.jpg

・・・ドラマをしっかり見たことがないのですが・・・、

富良野オムカレーを食べました。
b0132950_21264621.jpg


これは帰りのフェリー。
b0132950_2128495.jpg

翌朝秋田港に着きました。
b0132950_212842100.jpg


帰ってきてから。
子どもたちは北海道で見た「森の音楽家」
b0132950_21302954.jpg

をまねた、木の人形を作るのに夢中になっていました。
b0132950_21312498.jpg
b0132950_21313998.jpg

出来上がった人形。手前右のトランペットを持ったのが本物で、おねえちゃんがニングルテラスで選んだもの。
b0132950_21398100.jpg

板の上の3体がとっち作で、「夏休みの作品」となりました。
おねえちゃんは冬休みの作品にしようかなと言っています。
わが子ながらよく作ったものだと思います。

これは父と息子の共同制作。
「リスのえさ台」
b0132950_21431152.jpg

庭先の林をリスが枝伝いに横断する姿が見られます。
北海道で訪れた上野ファーム、北の住まい設計社、キトウシのバンガロー、皆空窯・・・、リスのえさ台を設置されていました。だから早速まねっこ。
今の時季、クルミをくわえて枝を渡るりすがよく見られます。
体に比してクルミが大きめなので、バランスをとるのがたいへんなのか、枝に移る際こけて「きゃっ」と叫ぶのを聞いてしまいました。リスが叫ぶのを初めて聞きました。
リスの姿を見られるのは早朝の静かな時がチャンス。
子どもたちも「リス見たいなー」と目を凝らしていますが・・・・?
b0132950_21523376.jpg


今、散歩がてらクルミを拾いに行っています。
けっこう集まりました。皮が腐るまで、植木鉢に入れてしばらく土に埋めておきます。

エサ台に載せたクルミをリスが食べにきてくれたらいいなあ~、これが家族全員の夢。

楽しかった旅の余韻はしばらく続いています。

北海道の旅の記録はこれでおしまい。
[PR]
富良野では「風のガーデン」に向かいました。

ゲート。
b0132950_15521212.jpg

ガーデンはどこ!?(というか、ここ全て富良野新プリンスHの「ピクニックガーデン内」)
b0132950_15565375.jpg

子らは走っていっちゃいましたが、母はドキドキする胸を押さえながらゆっくり向かいました。
道の両脇に見えるのは、ススキやレースフラワー。
b0132950_1618451.jpg

b0132950_161971.jpg

北海道では高速道や線路脇など通る道あちこちで、これらの(自生の)花が群れ咲く景色を見ました。黄色いオオハンゴンソウやオニシモツケも本当によく見かけました。

そして・・・
ここがそうです。グリーンハウスが見えます。
b0132950_1601569.jpg


とにかくあふれんほどの植栽で、
グリーンハウスと黄色の花。
b0132950_1615012.jpg

グリーンハウスと紫の花。
b0132950_1621362.jpg

グリーンハウスとピンクの花。
b0132950_16354736.jpg

歩を進めるに従ってさまざまな花が目に入ってくるのです。

天国ってこういうところかしら・・・三途の川の彼岸にはこんなお花畑が広がっているのだろうか・・・などとの思いが胸に浮かぶのでした。
ガーデンの最盛期をやや過ぎた頃ではあるのでしょうが、私には十分すぎるほど美しくて、ため息を何度もらしたかわかりません!
いえ、ため息する間もなくシャッターを押すのに忙しかったというのが本当ですね・・・

エキナセア
b0132950_167228.jpg

ポリゴナム
b0132950_1681615.jpg

バーベナ ハスカータ
b0132950_16384015.jpg

ミソハギ
b0132950_1639627.jpg

サポナリア
b0132950_16372133.jpg

モナルダ
b0132950_1674199.jpg

エリンジウムにルドベキア
b0132950_1694577.jpg


夫に、
私をここに置いてってくれない?と、思わず言ってしまった。1年後に迎えにきてください。
ここで草取りできたら私幸せ~!?

クリサンセサム
b0132950_16103213.jpg

サクシセラ 花言葉は『死んだおばあちゃんの形見の針山』
b0132950_16123469.jpg

モナルダ 赤 花言葉は『明るすぎると周りが辛い』
b0132950_17392223.jpg

ガウラ
b0132950_16364996.jpg

ネペータ
b0132950_17411019.jpg


アキレア
b0132950_1637543.jpg

ユーフォルビア
b0132950_16125476.jpg

名前がわからない白のもやんもやん
b0132950_1613531.jpg

ヴァーバスカム 大きい!
b0132950_16155031.jpg


1m進むにも右左、前後ろ、斜め、遠景近景、
「わぁ~」「うわぁ・・・」と忙しい!!
b0132950_16432993.jpg

紫のボーダー
b0132950_16444817.jpg

花畑と山
b0132950_17492913.jpg

ガーデンを囲むような土塁は、芝生のサンドイッチ。
b0132950_17451576.jpg


これも芝の土塁でできた小屋。
b0132950_16582673.jpg

ここはもとゴルフ場だったのを、芝をはがして土を入れ替え、ガーデンに生まれ変わらせたのだそうです。
後ろに続く森林とのつなぎにススキが植えられ、グラスガーデンとなっています。
自生している植物、植え込んだ植物、植えられたものから種が飛んでいったもの・・・
きちんとと区画された花壇にはない伸びやかさやおおらかさが感じられ、
自然な感じに目に映る「風のガーデン」、私はとても心を打たれるものがありました。

赤ピンク黄色紫白・・・!たくさんの色の向こうにススキ、そして森。
b0132950_17482746.jpg


グリーンハウスをめざして進むのですが、
・・・・なかなかたどり着きません。

撮影。
b0132950_165547100.jpg

b0132950_16562481.jpg


ここがグリーンハウス。
b0132950_1744369.jpg

b0132950_1752720.jpg

中に入ると、ドラマで見た光景が。
岳とガブさんが演奏したピアノ。
b0132950_177964.jpg

犬の死を悲しむ岳と祖父の語らいのシーンが思い出されるコーナー。
b0132950_178221.jpg

エンディングで印象的だった。風にひるがえるカーテン。
b0132950_1792177.jpg

ガーデンとハウスをつなぐデッキ。
b0132950_17104740.jpg

ハウスの壁を伝うナツヅタ。
b0132950_17111890.jpg


ドラマの世界にどっぷり浸りながらも・・・・、

こんなものも気になっていた私たち。
暗渠排水の箇所を見つけ、見入る。
b0132950_17124056.jpg

つられて見入る子どもたち。
b0132950_17135669.jpg

ガーデンを少し離れると、歩道などが造成中で、
こんなのが気になる。暗渠用の穴あき管。(帰ってからホームセンターでこれ買った)
b0132950_17155192.jpg


林の中の広い芝を走ったり転がったりしていた子どもたち。
b0132950_17222165.jpg

苗の販売コーナー。
b0132950_17232464.jpg

買い込む。旅はつづくというのに!
b0132950_1724795.jpg

待っている間、絵を描いていたおねえちゃん。とその隣でまったりする弟その2。
b0132950_17252386.jpg

[PR]
あの「風のガーデン」を作ったガーデナー上野砂由紀さんの上野ファーム
b0132950_13555219.jpg

著書が3冊。(熟読)
b0132950_13565639.jpg

私にとっては、このダイナミックな庭を造ったのが若い(34歳)女性ガーデナーであることや、北国のガーデンにとりくんでいることに、すごく力づけられる本です。
「夢」を感じるというか。

本の写真で憧れた、レンガのシンボリックな構造物をくぐり、
b0132950_14105654.jpg

これがかの「ミラーボーダー」なのねと、なんべんもシャッターを切り、
b0132950_1426289.jpg

b0132950_14122837.jpg

最盛期は6~7月でしょうが、真夏のガーデンもとても美しかった。
これはイングリッシュローズですね・・
b0132950_14144751.jpg

紅に近い濃ピンクも素敵だし、優しげなアプリコットピンクにも惹きつけられる。
b0132950_1415136.jpg

北海道の空をバックに「ホリホック」。夏の花。
b0132950_14171512.jpg

このサルビアはうちの庭にも咲いてる!
b0132950_14493264.jpg

アヒルも散歩していました。
b0132950_14194148.jpg

白樺の林。
b0132950_1427147.jpg

ブドウがからむトンネル(アーチ)、ドラマで岳が父の声「風」を聞いた場所だね・・
b0132950_1430122.jpg

このガーデンシェッド(小屋)も撮影に使われていました。・
b0132950_14312015.jpg

植栽ばかりかあちこち気になります。
レンガの敷き方や、
b0132950_14203188.jpg

鮮やかなブルーに塗られたいす。
b0132950_1433330.jpg

とてもとても参考になります。
個人の家ながら、すごーーっく広いガーデン。さすが北海道。
そして植物の丈がとても高いことにもびっくり。
大きい!

広さに子どもは走りたくなってしまうらしい。この日の旭川は32℃もあったのに。
b0132950_14402722.jpg

私も・・・、暑さよりも嬉しさとか感動で頭がボーっとなっていたと思う。
b0132950_1443784.jpg

牛舎を改造したという建物がガーデンの入り口。
初めにここで入場券を買ってソフトクリームを食べました。

ガーデン内のナヤカフェでお昼。
b0132950_1452735.jpg

SHOPでガーデニングエプロン(すでにヘビロテ)や絵はがき、ガーデン洋書などを買い、
苗コーナーで苗を選びました。
b0132950_156317.jpg

これは上野さんがイギリスでガーデニング修業をしたお屋敷にある植物で、研修を終え日本に戻る際わけてもらったものだそうです。

上野さんご本人も見かけましたが、小柄でとてもかわいらしい雰囲気の女性でした。
私は坊やを抱っこしてきたダンナ様にも気づいてしまいました。ママに会いに来たのでしょうか。

上野ファームは初日と最終日と2回訪れました。大満足。(子らは小満足:笑)
[PR]
パスポートを買い、滞在中に3回出かけました。子どもはフリーパスって嬉しいな~
b0132950_13105310.jpg

あべ弘士さんのイラストだった^^

夏のパンフレット表紙を飾ったオオカミ、
客を喜ばせたり(?)
b0132950_13165687.jpg

植えられた若木の皮をはいだりして(イタズラ?)いた。
b0132950_13192569.jpg

遠吠えを聞いた!

黒ヒョウ
目の前に寝ていた。
b0132950_1321237.jpg

よく見るとしっかり「ヒョウ柄」。
b0132950_1322113.jpg


ユキヒョウ。なにやら物憂げ。
b0132950_1326336.jpg

足がぶらん。
b0132950_13271086.jpg


足形。
b0132950_13322582.jpg


ライオン。
b0132950_13305127.jpg

b0132950_13311366.jpg


ホッキョクグマの「モグモグタイム」、子どもは最前列で見せてもらえる。
b0132950_1328382.jpg

皆いっせいに「カシャッ」「パシャッ」
b0132950_1328999.jpg

別の日のホッキョクグマは氷の中のリンゴに挑んでいた。
b0132950_1330698.jpg

これはかわいい。

ペンギン館。
空を飛ぶペンギン。
b0132950_13335113.jpg

スーイスイ
b0132950_13342496.jpg

そのスピードときたらまるで「弾丸のよう」。
b0132950_13353613.jpg

別人(ペンギン)のよう・・・岩から生えてんの?と思うほど陸上ではじっと動かないのに。
体型は「弾丸」みたいにむっちりしているけど。

ご対面。
b0132950_13373528.jpg

どこか似ている二人。

あざらし館。
うわ~っ!!
b0132950_13384112.jpg

b0132950_13392482.jpg

絵と顔にあまり違和感を感じないのはなぜ。
[PR]
お盆休みを使って出かけた北海道。
b0132950_11331818.jpg

↑これは美瑛のパノラマロードで。

八戸からフェリー。
b0132950_11212161.jpg

7時間かかった。
イルカの群れを見たり、昼寝をしたり、ガイドブックを読み込んだり。」
16時に苫小牧に上陸、道央道をビューっと走って旭川のラーメン店に。
b0132950_11255351.jpg

b0132950_11262886.jpg

「青葉」は2回行った。
これは別の日の。
b0132950_11261242.jpg


旭川のそば、東川はキトウシのバンガローを拠点に歩き回りました。
ケビンのすぐそばにエゾリスが毎朝やってきて、そのかわいいことといったら!

滞在中、旭川では上野ファームに2回、旭山動物園には3回通いました。

富良野では風のガーデン
熱気球も乗りました。
b0132950_1223222.jpg

はるか下、にカメラを構える私(高所恐怖症なので乗らない)。
b0132950_12243133.jpg


北の住まい設計社も行けました。
b0132950_11411733.jpg

広ーい庭の中に工房、ギャラリー、ショップ、ベーカリー&カフェなどが。
b0132950_12162257.jpg

目の保養。
b0132950_12171271.jpg

木の皿やマリメッコのシックな色調のポーチ他を買いました。

雨予報のおかげでスケジュールを少々変更して向かった皆空窯
b0132950_11565020.jpg
やや遠いので無理かなと思っていたのだが、雨よありがとう。朝の8時半からオープンしているというのも旅の人間にはありがたいこと。
b0132950_1157993.jpg

ここが、「たくろう」が修行をしていたとこだよ!!と夫と二人興奮する。→冬に、DVDを見て夫婦でハマった倉本聰脚本のドラマ「優しい時間」
ミーハー根性で行ったのに、期待以上の収穫。ギャラリーに並んだ作品に二人とも魅了され、予定時間をオーバー。すごーくよかった。
b0132950_12181458.jpg

買ってきたふたものに、庭の花「ホトトギス」を生けてみた。


次に続く。
[PR]
お久しぶりです。
1ヶ月も仮眠(夏眠)していました・・・
更新をさぼっている間にも立ち寄ってくださった皆様、ありがとうございました。
b0132950_12203415.jpg

北海道の旅、行ってきました。
たくさん写真をとったので、アルバムにするのに1週間もかけてプリントしました。書き込みはこれからです。
b0132950_1221445.jpg

お土産にガーデンの花苗をたくさん買ってきたので、それを植えつける作業がまだ続いています。あと1個。
できる限りよい条件で植えつけたいと思い、庭のデザイニング(骨格)から見直しをして、排水改善、土壌つくりにあけくれていました。

あまり雨にあたることなく(ただし日照は不足)、ぶっちをお伴に土方仕事はほぼ毎日、楽しく汗を流し、夜は泡の出る飲み物をいただいて、オッサンな私でした。066.gif068.gif
[PR]