「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

先週、思いがけず宅配便で届いたもの。
b0132950_1844293.jpg

夏休みの思い出「上野ファーム」から!!

フォトコンテストに応募した写真のどれかが入賞したそうで、景品が送られてきたのでした!
b0132950_18461682.jpg

ずしっと重かったのはお米(上野ファームで獲れた新米)が入っていたから。

やったーっ!家族みなで喜びました。
楽しかった旅の思い出がよみがえります。
お米は毎朝納豆ごはんにして食べています。
[PR]
by harokijs | 2009-10-21 18:49 |
家の周りの紅葉も進んでいます。
b0132950_1832676.jpg

一雨ごとに秋が深まっていくようです。

朝ごはんのとき、樹上にリス発見!
b0132950_18353888.jpg

(この写真には写っていないけど、樹から樹に渡ったり、梢にのぼったり下りてきたり)
箸を止めて、しばらく見入っておりました。

1ヶ月ぶりくらいに見るリスです。
・・・なんか大きくなった?

リスも食欲の秋ってことか。
[PR]
by harokijs | 2009-10-21 18:37 |
秋刀魚のオイル漬、ようやく作りました。今シーズンは初です。
b0132950_17523377.jpg


ぶっちは秋刀魚が大好き。
骨をも恐れず果敢な食べっぷり。食卓に秋刀魚の皿を置くと「タンマ!(さんま)タンマ!」っと、椅子によじ登ってきます。
b0132950_1755503.jpg

図鑑のお魚のページ、クジラを見て「タンマ!!」と言っていた・・・

芋の子汁と炊きこみご飯の日。
鶏肉を塩で軽くもんでおくと美味しいような気がいたします。
b0132950_1758688.jpg


こちらは日曜日に行ったイベントでいただいた「日本一のジャンボ鉄鍋」で作った芋の子汁。
b0132950_17592099.jpg

さすが南部鉄器の町。でっかい鉄鍋に6000人分作ったそうです。
b0132950_1805961.jpg

鉄?って感じがするつゆの色です。

夫のリクエストにより胡麻うどん。レシピを忘れてしまい勘で作る。やはりなんか違うのだった。
b0132950_1841851.jpg


おにいちゃんの「ただいま~!餃子つくって!」との声を受け、数日後になりましたが、餃子。
b0132950_1855433.jpg

定番化している「セロリ入り」。

キャベツが今安いのでよく食べています。
豚肉とニンニクをのせ、酒をふりかけて蒸し焼き。塩ぽん酢で。
秋鮭のムニエルと。
b0132950_1883188.jpg


バナナの塩マフィン。
あまりによく作っていたので飽きてしまい、しばらくぶりのこのレシピ
やはり美味しいな!と思いました。
b0132950_18161669.jpg

そして・・・なんとレシピに大きな訂正箇所を発見してしまいました。
ベーキングパウダー「小さじ1」となります。(レシピのページ直しております)
このレシピで作ってみてくださった方々ごめんなさい~~~~~
ふくらみすぎて「え?」だったかもしれませんね!
それより入れすぎで苦みがあったかもしれませんね!ひゃーっ、平謝りです!

・・・・・・・・・・・
反省
・・・・・・・・・・・
[PR]
日曜日に行った産直で見つけた紅玉。
久しぶりのジャムつくり。
b0132950_17311584.jpg


熱を出して学校を休んだけどヒマさに飽きてしまったおねえちゃんと。
丸ごとの皮むきにチャレンジし、結局6個すべてむいていた。
b0132950_17313051.jpg

グラニュー糖とレモンを加えて弱火でコトコト・・・レーズンがなかったので加えず。
b0132950_1732292.jpg

透明になっていくのを見るのは楽しい。家中に広がる香りがまたよい。

すんばらしく美味しいジャムの出来上がり!!!
b0132950_17332561.jpg

あさこさん、いつもおいしいレシピをありがとうございます^^
この場より、安産をお祈りいたします。
[PR]
バラ(ER)グレイス。
オレンジがかった黄とアプリコットの混ざり合ったような微妙な色合いが魅力。
秋また咲いています。
うつむいてしまいましたが、
b0132950_22381619.jpg

秋の花色は不思議ですらあります。
1枚の花びらを黄色とアプリコット色が仲よくすみわけているのを発見。
b0132950_2240286.jpg


アイスバーグ。
b0132950_22413856.jpg

本当に絶え間なく花を咲かせている。ご苦労様と言いたくなるほどに。
そのアイスバーグのつぼみに珍客発見。
b0132950_22435166.jpg

これは・・・
b0132950_22441514.jpg

ムンクの叫びみたいな顔の、人面グモ!

バラの害虫を食べてくれるらしいので、賓客として迎えることにします。
次の日も同じつぼみにいらっしゃいました。

メドウセージ。
b0132950_22462545.jpg

夫はこの花を、恐竜がガオーッとやっているところみたいと言う。

チョコレートコスモス。たった一株が50cm近く横にはい広がった。
b0132950_2248458.jpg

ビロウドのような花びら、限りなく黒に近いシックな暗紅色は、庭の印象をぐっとひきしめてくれるなあと思います。写真は赤が強く出ていますが、もっと黒っぽいのです。
b0132950_22504519.jpg

チョコレートの香りがします。不思議です。

ダリアがチョコレートコスモスのお陰で落ち着いた印象に見えるような気がするのですが・・・?
b0132950_22531960.jpg

ダリアの茎や葉が茶色というか胴色がかった色でじつはオシャレかも。
元気いっぱい、とか、やや古風なイメージを捨てて積極的に使っていきたいです。
このダリアの微妙な色合いは結構好きです。

仲よく花びんに生けられてテーブルへ。アップルミントも。
b0132950_23115244.jpg


どちらも冬越しが課題。耐寒性は強くないらしい。

コルチカム。近所の方にいただきました。
「きれいですね」と声をかけたら、その場でほりあげてくれて。
b0132950_22555998.jpg

秋の庭に映える素敵な色。

お次はミズヒキ。
b0132950_22571949.jpg

どんぐりやクルミ拾いのついでに、道ばたから失敬。うちの日陰コーナーに植えた。
これとシュウメイギクを混植してみたい。
赤いスッとしたラインが美しい。

赤ついでに、トウガラシ。2種植わっている。
b0132950_22591466.jpg


シュウメイギク(白)に蜂。
b0132950_22595744.jpg

シュウメイギクと三尺バーベナ。
b0132950_2303743.jpg

イブキトラノオ。
b0132950_231392.jpg

エキナセア。
b0132950_2313372.jpg

ブルーベリーの茂み。
b0132950_232431.jpg

ぶっちの好きなお手伝い。
b0132950_2322367.jpg

[PR]
by harokijs | 2009-10-08 23:03 |
腱鞘炎(と思われる)になっちゃった。右手首。

忘れもしない9月22日の朝からそれは始まって、
なんか痛い・・・から、
すごーく痛いになり、とっても痛かったのがおねえちゃんの誕生日の頃。
もちろん庭仕事はストップ。
箸、ペンを持つのも痛みが強く、大根切るとか無理!で、夫やおねえちゃんに手伝ってもらって乗り切りました。(プレゼント用の着せかえの縫い縫いは痛みをこらえてやりました。もっと早くに縫っときゃよかったと思いつつ・・・)
湿布薬とサポーターでしのぎ、受診はしませんでした!

今はかなり痛みがひいたので、月曜から庭いじりを再開しています。
腱鞘炎の最中に、ナーセリーで選んできた苗やそのほか通販で取り寄せた苗まであったりで、
早く植えつけをしたくて気が気ではありませんでした。
b0132950_2015329.jpg
b0132950_202310.jpg


秋は次の春にむけての準備で忙しいシーズンです。
庭仕事は9月に始まり8月に終わるという言葉がイギリスにあるそうですが、
私のようなへっぽこガーデナーも、盛りを過ぎた植物を整理したり、こぼれ種から芽吹いたものを移したり、
(嬉しいことに)大きくなった植物を株分けしたりと、楽しく忙しいのです。

より豊かに花や緑に囲まれるべく、この夏はこつこつと植え込みエリアを広げてきました。
排水改善のDIYもめっちゃがんばった。

お向かいのおじいちゃんに、
「土建業の看板立てられるんじゃないかい」と言われたほどに。

誰も私を止められない(笑)・・・・・私でさえも。
雪が積もったときが強制終了だから今のうちにやれるだけやりたい。

ああ、コンサバトリーが・・・温室が・・・・欲しいです。(サンタさんへのお願い)

庭に作っていたもの。(暗渠をのぞく)

アーチ。モッコウバラをからませるために。
b0132950_20173387.jpg

この素材はなんと畑でビニルハウスなどの骨組みになるスチールパイプです。
家にあるものを利用しました。グリーンにペイントして。

続いて作ったアーチその2は鉄骨製。2M長さの鉄骨を12本とワイヤーで。夫が作ってくれました。
b0132950_20243598.jpg

小枝を渡してあるところが泣かせます。このアーチには小ぶりのバラを伝わせる計画が。
いずれのアーチもオシャレ~でないところがポイントです。うちらしく。

アーチの足元。
b0132950_2024074.jpg

ここから奥に向かって伸びる通路は私の苦心作。レンガを並べるのは楽しい工程だけれど、それ以前の地均しが・・・。
通路沿いにつるバラ「ピエールドロンサール」のフェンスがあります。
バラの手入れ&パトロールのために頻繁に足を踏み入れるので、通路は必須です。
b0132950_20271130.jpg

この春までこの場所は用具入れのでかい箱が置かれていました。
とても目障りだったスペースに手を入れられて本当に嬉しい。
富良野の「風のガーデン」で買ってきた苗をここに。
 ネペタ シックスヒルズジャイアント
b0132950_20405324.jpg

ものすごく固い地盤で、掘るのに数日。
植え込みの反対側には暗渠パイプが走っています。

こういうのって、やっぱり実際に動きながら、そこに必要なものであるとかそこにあったデザインとかのアイディアが湧いてくる。現場主義っていうの?
冬の間とか、庭に手をかけられなかった頃とかにも脳内図面におけるイメージはあれこれと広げられるが、
一つの植物を植えたことでさらにイメージが広がったりもするし、
「無」だったところに「有」をもたらす愉しみというか醍醐味ははるかに大きいものです。
実感を伴うから・・・。腱鞘炎もだけど~。

さて、作ったものの続き。
東のボーダー花壇に柵を設置しました。隣の敷地との境界をやんわり区切ってみたら、我ながらなかなかいい感じに出来上がりました。
植物が映えるように思います。
b0132950_20591347.jpg

イングリッシュガーデンでは小径(Path)をデザインする基本テクニックとして、ゆるやかな曲線の小径は庭の奥へと誘う効果をあたえる、というのがあります。・・・・うちの場合、奥からタヌキかなんかがでてきそうな雰囲気でありますが。

手前に使ったのは白樺です。6年前に2本植えたけれど、すぐにどちらも虫にやられて枯れてしまいました。美しい幹が惜しくてとっておいたのをこんな形で活かすことができ、私も嬉しいが白樺もうかばれることでしょう。
黒っぽい方の枝は、エゴノキ。雑木としてはびこっていたのを伐採したのでした。かわいい花をつける、庭木としても鑑賞価値のある低木です。これ、私が伐ってひきずってきました。
b0132950_21162335.jpg

これで椅子かなんか作ってみたらいいかも。庭に。
b0132950_20593330.jpg

この柵はお向かいのママ友(庭友でもある)にも評判がいい。
枝がYになるところを使って作るので釘も使わないし、こんど伐採の枝が出たらわけてあげるからどう!?ってオススメしています。
こんな感じ。
b0132950_21254440.jpg

柵の終わるところに、石積みでポイントをつくってみました。
土掘り工事の中で出てきた石を利用。
北海道は上野ファームで見てきた低く長ーい石塀、イングリッシュガーデンでも石壁に植物がからんで素敵な植栽を見かけます・・・を、まねっこしてほんの少し取り入れてみた。
b0132950_21343970.jpg

・・・・・・この作業が極めつけだったかもなあ、今思うに。腱鞘炎の。

あと、この柵の向かい側を掘り、籾殻くんたんやらミミズが好きな腐葉土やらを入れて、ふかふかの土にして苗の植え付けに備えました。
b0132950_22165627.jpg

このエリア、特に土を入れたこともないのに、掘ってみるとそんなに悪くない土だった。
フジを2株植えて5年ほど、クラウンベッチ(玉咲草藤タマザキクサフジ)を植えて6年となるのですが、もしかしたら(これら2つともマメ科なのですが、)マメ科の植物の根っこに住むという根粒菌とらやのおかげなのではと密かに考えています。
マメは食べても植わっていてもエライんですねー!

クラウンベッチ (↓昨年の写真です)
b0132950_22303347.jpg

は雑草を駆逐するほど勢いが強く、(というかうちでは雑草化)抜いても抜いてもはびこる暴れん坊で困っていたのですが、ここで見直すことにします。花も葉もとてもかわいいし。(実際よく、「きれいね、なんていう花?」と聞かれるのです)。

根粒菌はじめ土の中の微生物たち、ミミズたちの協力を拝みつつ(オーガニックってこういうことですよね)、秋の庭仕事は続く・・・。
[PR]
by harokijs | 2009-10-08 22:31 |
台風通過で家に閉じこもりきりなので、たまった写真を一気に。
8~9月の涼しくなってからの庭の植物たち。

デルフィニウム ブルーレース。
植わっている植物の中でも特に好きな花。貴婦人のイメージ。つぼみも本当に素敵なんです。
今年は初めて咲かせられたので感激しました。
b0132950_16523621.jpg


シュウメイギク(秋明菊)と。
b0132950_1657386.jpg

シュウメイギクも好きな花です。和にも洋にもなじみ、多少の日陰でもOK、根で増えてくれるところも。
そしてなんといっても、長い茎が風にそよぐ風情がよいのです。
b0132950_17102519.jpg

正面から。
b0132950_17341459.jpg

花びらの裏側は紫がかったピンク。

スカビオサ。
b0132950_172138.jpg

花壇に野趣をそえる素朴さが好きです。

上記の3つの花が並ぶ南のボーダー花壇。
b0132950_174065.jpg

まださびしい感じですが、株が大きくなって来年さ来年とはなやかになった情景を夢想してます!
このボーダーには背の高い「カンパニュラ ピラミダリス」もある。
b0132950_17251128.jpg


このボーダーの向かいの植え込みは今年植えたもの。
ブットレア。香りのよい濃紫の花を次々とつけます。蝶が好きな香だそうで、確かによく蝶がとまっています。
b0132950_1712401.jpg

これは蝶・・・
b0132950_17143563.jpg

ではなく「白蝶草」ガウラ。
ブットレアとガウラ。
b0132950_17142038.jpg

・・・・ブットレアは大きくなる(低木)ので、このあと別の場所に移動してしまいました。

うちのヒマワリはお盆をすぎてから咲きました。
b0132950_17173987.jpg

b0132950_17175549.jpg

とった種で、リスの餌付けしようと目論んでいます。

畑にぶらさがっているのは?
b0132950_17191176.jpg

ひょうたんです。
苗売り場でぶっちが選びました。(正確にはぶっちがひっくり返したので買い取った)
立派なのが収穫できた。
b0132950_17212033.jpg

これ、ど~するの?って言っているうちに3つは腐ってしまった。

桜の老木の梢にのぼっちゃったノウゼンカズラ。鳥が来てミツを吸っているのが見えた。
b0132950_17263796.jpg


バラ(ER)バターカップ。
b0132950_17284893.jpg

「キンポウゲ」という意味の名と知り納得。こういう花びらが少なめな優しげな印象のバラも好きです。
[PR]
by harokijs | 2009-10-08 17:32 |
ごんごり=どんぐり
じゃにじゃに=ザリガニ
おだつ=おやつ
りちゅ=りす
ぼーぶちゅ=どうぶつ
たんたい=3才
ちゅんくん=シュンくん
ちんくん=シンくん
かかちゅ=カラス
あんだう=サンダル
だんばー=ジャンパー
ごーわん=ごはん
はち=スプーンを指す
しぷ=箸を指す
たわん=ちゃわん
たら=さら
さーわ~=シャワー
ぴーんぴちゅ=えんぴつ
えをん=えほん

毎日笑わせてくれる舌っ足らず。
期間限定のお楽しみ。

おねえちゃんも「きっくー」=クッキーって言ってたしなあ。
とっちは「ばぶー」だったし。他の二人は言わなかったのに。
赤ん坊ってホントに「ばぶー」って言うんだ!!って思ったものだった。

バケツを持ってどんぐりを集めにいった。
b0132950_16302686.jpg


拾う間にもどんぐりの落ちる音が絶え間ない。
カサッ、パチッ、トンッって。

そんなに落としても芽吹く種はわずかだろうに。
虫や鳥やリスやネズミたちの食料ぶん、わんさと実をつけるのだろうか。
ふところ大きな自然の恵み。

b0132950_16313616.jpg

いっぱい!あっちの林にも行ってみようかー。

このあと、うきゃーっと走ってこけた。
ごんごり、ダバーっとまき散らした。
種はこういう小動物(ぶっち)も利用して、遠くに広がっているのかな。どんぐりの知恵!?

b0132950_163719.jpg

帰り道に見た稲刈り風景。
はさがけにして天日干し・・・・も少なくなってきたんだろうな。
ほとんどコンバイン。
子どもの頃真っ暗になるまで手伝った稲刈り。
うちの子どもたちにも経験させたいなと思います。大切なことだから。
[PR]
by harokijs | 2009-10-08 16:43 | こども
おねえちゃん10歳になりました。

祝いのメニューは豪勢に「ちらし寿司」で!!!
b0132950_13583666.jpg


日頃二人の弟のめんどうを見てくれてありがとう!
男の子たちが甘えん坊(ピュアにあまえてくるというか)なのに対し、母親としてはおねえちゃんをずいぶん頼りにしてしまう。
すんごく助かってマス!!

弟たちからも感謝の心てんこ盛りのプレゼントが。
b0132950_1475492.jpg

・・・・ヘビです。牛乳パックと輪ゴムで作った、ビヨヨーンと伸びるしくみ。
誕生日といえば出てくる、泣かせる(笑)とっちの工作プレゼント。
やじろべえもありました。
b0132950_1492879.jpg


ぶっちからは「輪つなぎの首飾り」と「紙ふぶき」!

  それぇーっ!
  ぱぁーーっ!!
b0132950_14124357.jpg


おめでとう!だあーいすきなおねえちゃん!!

バースデーケーキもちょっとずつ手伝ってみんなで作ったもの。
b0132950_14165816.jpg


親からのプレゼントは、
b0132950_14184691.jpg

勉強机のお引っ越し~。
これは初めて与えた「個室」。これまでリビングの隣の和室に、弟と机を並べて勉強、学校の支度をしていたわけですが、そろそろいいだろうと。「じぶんのへやがほしい」と言うようになってから2年ほど待ってもらいました。低学年のうちは個室は必要ないんじゃないかという考えがあったため・・・。
2階の、本来「子ども部屋」として作ったんだけどそれは伏せて(?)あって、家族全員の共有スペースとして使っていたところへ上陸。
本人の留守中(スイミング)にヨイショヨイショと運び込み、同時に空いたスペースに弟の机を移動。
(弟にとってもこれは「格上げ」です)
完全なる個室というかんじにはならない(してほしくない)けれど、本人は嬉しそうでした。

10年かかってここまで成長してくれたわけですが、もう10年たつと二十歳です。
ローティーンのスタートを切ったってことで、これからはちょっとずつ大人扱い。

4年生になったおねえちゃんは、「観察して」、自分で「考え」、「行動を選ぶ」ってことが多く見られるようになってきたなと感じていました。
ひとことでいうと「単純じゃなくなった」というか。
3年生までの頃とは違ってきたなあと感じます。

プレゼントは他にもあって、
b0132950_1448356.jpg

子ども新聞を1年間とることに。誕生日の朝から届けてもらいました。
活字中毒ぎみのおねえちゃんは図書館で借りた本もすぐ読み終えてしまい、
親の書棚をあさりはじめるようになっていて、親としては少々あせっていました。
これなら毎日届くし、8面構成でマンガ「忍たま」も載っていたり、クイズやおもしろコラム、子ども向けにわかりやすく説明された政治や社会ニュースもおもしろそう。知的好奇心に応えてくれるのでは、と期待します。

あとはお人形の着せかえ。「誕生日に縫ってあげる」と自分に課した。今年はキモノを。昨年のはこれ
b0132950_14591623.jpg


おねえちゃんこれからもよろしくね~
どうぞおてやわらかに!?
b0132950_1513509.jpg

[PR]
by harokijs | 2009-10-08 15:14 | こども
夫のリクエストで「鉄板焼き」。なぜかキャベツのお好み焼き風も。
b0132950_13371247.jpg

サンマの日。ぶっきはサンマが大好物。小骨をものともせずがっつくがっつく・・・。図鑑の「イルカ、クジラ」のページを見て「!タンマ!!(サンマ)」って喜んでた。
b0132950_13393631.jpg

キャベツの蒸籠蒸し。ニンニクと豚バラをのせて、塩ぽん酢で。5人であっという間に平らげた。ぜーんぜん足りない・・・
b0132950_13405068.jpg

そばと天ぷらの日。バットのままで失礼します。
b0132950_1342834.jpg

そばくうぶっち。
b0132950_13423864.jpg

b0132950_134386.jpg


外でおでん。ある日のお昼ごはん。
b0132950_13475019.jpg

のり巻き弁当もって出かけた。指折り数えて待っていた苗屋の秋営業がスタートした最初の日曜日。
b0132950_13483274.jpg

テキトーな詰め方が朝の慌ただしさを物語っている。

アップルケーキはやはり美味しいなー。簡単だし。
b0132950_1344535.jpg

さつまいもものせてみた。
b0132950_13445094.jpg

[PR]
by harokijs | 2009-10-08 13:55 | ごはん