「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

外活動の忙しさ(楽しさ)に反比例しちゃってる、
料理のモチベーション。

適当レシピだったけれど、初めてのピビンパは家族皆に好評。
b0132950_12165071.jpg

豆もやしとキュウリとニンジンと(もらった)筍で、ナムルを適当に作って、
牛肉(もらった)を焼いて細切りにしたものとあわせ、ご飯にのっけて、
キムチ味噌(もらった)をまぜまぜして、かんたんピビンパ風。

いただきものでまかなえるってすてきだ~

今日のぶっちの弁当もこれ!
[PR]
by harokijs | 2010-06-24 12:21 | ごはん
お父さんのために作ったどら焼き。
b0132950_11572946.jpg


あんこは冷凍していたものを使って。

皮は伊藤まさこさんのレシピ。
 薄力粉130 重曹小1/3 砂糖50 蜂蜜40 水50 卵2個
 卵は白っぽくなるまで泡立てる 粉類を混ぜたら30分休ませる

おかーさんは外で遊んでいた(=庭仕事)ので、
娘はしかたなく(?)一人で焼きましたとさ!

いなければいないなりにがんばるのよねー。
おかーさんが何でもやるのがいいとは限らない。

そんな娘は今日1泊の野外活動に出かけた。
雨も上がったし、カヤックに野外炊飯、キャンプファイヤー、寝袋!
楽しい体験をいっぱいしてくるんだろうな。

いつも娘に頼ってしまっているおかーさんは、今日は紅一点。
娘がいないのでいないなりに、がんばらないとだ。
[PR]
by harokijs | 2010-06-24 12:10 | こども
イングリッシュローズ「クィーンオブスウェーデン」
b0132950_11303888.jpg

これもイングリッシュローズ「バターカップ」 きんぽうげという意味だって。温かく輝く黄色と花弁が少なくゆるい開き方が魅力。花心まで黄色くてほんとうにかわいい。
b0132950_11325844.jpg

雲のようなふわふわとした明るい黄緑の小花、おっとりとしたシルエットの葉。すべてが魅力。
「アルケミラ」の仲間「エリスロボダ」
b0132950_11354541.jpg

白花は「アイスバーグ」。アルケミラとポレモニウムの小径。
b0132950_11372130.jpg

ニゲラ こぼれ種から
b0132950_1138999.jpg

ラベンダー 「岩手山」という品種 雪でつぶれさせてしまったのに、この美姿。
b0132950_1149242.jpg

高麗芝も青くなってきた。思ったより活着が進んでいるみたい。
b0132950_1152676.jpg

窓際のつるバラ「サマースノー」は3~5分咲きほど。花はこのくらいの分量が好みだ。
[PR]
by harokijs | 2010-06-24 11:54 |
雨が降りました。
b0132950_2129893.jpg

ひさしぶりの本格的な雨で大地が潤うようです。
木々や草花たち、ぐんと勢いづいて生長することでしょう。

子どもがらみの行事や会合が多い今日この頃。
少し前までおっくうで仕方なかったのが嘘のように、いろんな人との交流が楽しく感じられます。
昨日は長男のクラスの親子レク。カレーライスを作りました。
午後は長女の野外活動の説明会。
夜は末っ子の園の役員会出席。
一日に3人ぶんぜーんぶ重なるっていうのもめずらしい。

天気予報によれば今日は大雨。
庭と畑は休みにし、たまった画像をなんとかする日にしようと決めていました。

ところが・・・!
8割方書いた投稿を夫に消されてしまいました~~~~~ついさっきemoticon-0121-angry.gif

とりあえず、
写真だけでももう一度載せて、今日も早く寝ることにします。←寝られなかった

WEB「オープンガーデン」です。

昨日15日、ついに開花したバラたち。

サマースノー
b0132950_21443878.jpg

クィーンオブスウェーデン(開花したものを摘んだあとの写真)とジギタリス、ラムズイヤー。
ここは大人ロマンチックコーナー(のつもり)
b0132950_2146495.jpg

グレイス 地植えのものを鉢上げ。
b0132950_21461875.jpg


雨で傷む前にと摘んできて、家の中で楽しみます。
b0132950_21475046.jpg

甘い香りがただよっています。
中でも強く香るのが、
b0132950_21504971.jpg

今年の新入り「ジュードジオブスキュア」
すばらしい香りが鼻腔を甘酸っぱく満たします。
花のすがたも風情が感じられて好きです。

スモークツリーは我が家のシンボルツリーといえるでしょう。
b0132950_21512926.jpg

目を引くようで、よく名を尋ねられる木です。

切り芝が半額になったのを逃さず買い求め、新たに敷き詰めました。
b0132950_21532911.jpg

「ただいま芝生養生中」につき、テラコッタの部分を歩くことにしています。
ぶっちの足でも渡れる間隔にステップを敷いたので、「渡れるよ♪」と得意げに歩いています。
毎日せっせと水やりしていましたが、この雨で根の活着も進みそうと期待しています。

ツタがからんでいい感じになっている桜の老木。歳を重ねた風格、落ち着き。
b0132950_21573435.jpg

枕木も、骨太なイメージで好きな資材です。
b0132950_2214225.jpg

パーゴラは、夫の製作物で、4年くらいになります。
つるバラやクレマチス、ハニーサックルを絡めています。
b0132950_225139.jpg

ピエールドロンサールはまだつぼみ。日に日に大きくふくらんでいく様子を見るのはとても楽しいことです。

公道に面したこのスペース、ねらうは「小花の花筵(むしろ)」。
b0132950_229104.jpg

道路向かいのお宅は庭友で、仕事の合間にこつこつと庭造りをしています。
かわいらしく清楚な感じの小花を好んで植えているお向かいさんに呼応した(つもりの)「可憐コーナー」。
宿根かすみ草、デージー、アルメリア、アリッサム、ひな草、ねじり花、ムスカリ等々、背丈の低い草花を。
これも。赤花の小さなヒューケラ。
b0132950_2216777.jpg


アルケミラエリスロボダ。~モリスより細かな葉。
b0132950_22165459.jpg

ポレモニウム。北海道「風のガーデン」から連れ帰った苗が大きく育ちました。
b0132950_2218441.jpg

ひらひらとティッシュみたいなのはオリエンタルポピー。
b0132950_22184426.jpg

花が開いてみてその大きさにびっくり!
花心も丸見え~!
b0132950_22192556.jpg

クレマチス。何年も花をつけなかったもので、品種も花の色も不明だったのです。
b0132950_22543591.jpg

うす紫の中輪の花が咲きました。

昨年、庭の土壌改良をがんばった成果だろうと思われます。
あちこちで(雑草のように)生えているイチゴやデージーなどまでもが、倍くらいの大きさなのです。

がんばったことに応えてくれる植物たちをいとおしいと感じます。
ひと冬待ってのこういった生長もはなんとも嬉しいものです。

「花の咲かないその時は下へ下へと根を伸ばせ」という言葉がありますが、
根を伸ばす時=ぱっとしない時にもそのときやれることを誠実にやり続けることが、
あとの喜びも大きいということでしょうか。
根をしっかり張らせなくては!!

カンパニュラ・プンクタータ・ウェディングベル
b0132950_22361748.jpg

ギボウシ 実家ではこれを食用として栽培。山菜の「ウルイ」です。
b0132950_22372614.jpg

ギボウシ 小さい方。ここはシェードガーデンのコーナー
b0132950_2238750.jpg

ゲラニウムジョンソンズブルー
b0132950_22385742.jpg

シャクヤク これも土壌改良の効果てきめん。何倍も花をつけた。
b0132950_2239205.jpg

ハーブコーナー。チャイブとカモミール。
b0132950_22405995.jpg

ブラックベリー
b0132950_22412837.jpg

名前が・・・なんだっけ
b0132950_22415735.jpg

フレンチラベンダー
b0132950_22423692.jpg

「スターラベンダー」の呼び名をもつらしい、プラティア。
b0132950_22585660.jpg

ゆっくり、何年もかけてようやくここまで這い広がってくれました。
ねらうは「星花のじゅうたん」コーナー。

雨はもう上がったようです。
明朝の庭はどんなだろうか。
[PR]
by harokijs | 2010-06-16 22:48 |
光原社より届いた個展の案内。
b0132950_2219190.jpg

この方の息子(吉田真人)さんのお皿がうちにある。
というのはおいといて、

同封の、作家の挨拶文の一節に、、

「・・・前略・・・いつも温かくありたいのです。
それは一番厳しさと激しさの必要なことのようです。」とあり、

胸に響きました。


「雨ニモ負ケズ」を思い起こさせるような、重みのある言葉だと思いました。。

6/17~の盛岡での陶展、行ってみたいな!

b0132950_22211039.jpg

[PR]
隣の市の山の中に、クレマチスの専門ナーセリーがあります。

及川フラグリーン

日曜日、ここでは初の直売所が開かれるということで出かけてきました。

南部赤松の木立の中で」の直売ってどんな感じなのだろう??

気持ちをそそられまくって、春先からこの日を待ち受けていました。

そこは・・・
期待に違わぬ、それ以上に私の庭心を打ち満足させるところでした。

木立を分け入っていくような感覚で、山一つがまるごと見本園となっていました。
b0132950_6101164.jpg

順路沿いに、販売苗が(色別、系統別)に並べられています。
それぞれ、大苗の植え込み(地植え、大鉢仕立て)が置かれているので、生長後の姿をイメージしやすいというのがすばらしい。
b0132950_61216.jpg

めずらしい黄色「タングチカ系」に見入っているところ。

「わあ~っ、これすごく好き!!」
と、娘が声を上げたのは、
b0132950_6145473.jpg

名花(たぶん)「籠口(ロウグチ」。
なんて、しぶ好みなのだ・・・、しかし、近づき見るほどに気品を感じる花色、姿。

私の家の庭で美しく咲いてくれたら!

見本園は、整備途中ということでした。
b0132950_6192429.jpg

土地の条件を活かした自然な植栽がとても感じよかったなあ!!!
庭主の、庭への思いとかヴィジョンのようなものとか、伝わるのだと思います。

クレマチスの様々な仕立て方や、他の植物との組み合わせも参考になり。

これからもっと美しい庭になるに違いなく、ぜひ何度も訪れたい場所になりました。
[PR]
毎日こんな感じ。
b0132950_22124893.jpg


今日は新しい植え込み(コンテナ)の準備、植え込みの拡張、芝はり。

芝をはるのが一番時間がかかった。
排水用の穴を掘ったから。2箇所。

きのう買ってきたクレマチスの苗、どこに植えようか。
楽しく迷い中。

今咲いている宿根草たち。
セントーレアモンタナ
b0132950_22172719.jpg


ゲラニウム  私はゲラニウムの花びらの感じが大好き!
b0132950_2218075.jpg


リネン(フラックス) 繊細な青
b0132950_2219859.jpg


姫小百合 可憐な・・・
b0132950_22193110.jpg



木々を渡る風、木漏れ日、鳥の声虫の羽音。
そして土のにおい。



願わくは、腱鞘炎筋肉痛知らずのマッチョな体。
毎日、よく食べよく飲んでます。
[PR]
by harokijs | 2010-06-07 22:22 |
関東で冬越しした苗だから咲いた。
地植えのバラはまだまだつぼみ。

「はじめまして」
チャールズレニーマッキントッシュ
b0132950_2274332.jpg


パットオースチン
b0132950_2285725.jpg

なぜなのか・・・レンズを通すとぐっと魅力が増したように感じられた。不思議な色。複雑な色。
[PR]
by harokijs | 2010-06-07 22:11 |
柏葉アジサイ
ひな草(トキワナズナ)
イングリッシュローズ「スキャボローフェアー」
b0132950_21515271.jpg

[PR]
by harokijs | 2010-06-07 22:05 |