「ほっ」と。キャンペーン
新しい板で滑りたくてウズウズと、
天気予報を何度もチェックする毎日だった。
b0132950_15105836.jpg

スキー板も空を見上げ待っている。
「白いもの、もっさもっさと降ってこーい」

そう願った2週間あまり、最も積もった朝が10cm弱。
春なんだなあ。溶けやすい。

子ども会の行事があり、2月の最終週末は山に行けなかった。
2週ぶりのスキーはちょうどワタクシのバースデーにあたり、
新しいストック(ポール)の使い初めにはナイスなタイミング。
これまでの、15,6年前にオマケみたいな値段で買ったストックは長くて使いにくかった。
今度の、夫が選んでくれたストックはカーボン製、白ベースに金色の文字が入っていて素敵!
saleで買えて家計的にも嬉しい。


スキー場にも「雪乞いだるま」が並んでいた。
b0132950_1519253.jpg

ふもとで250以上、山頂も390近く積雪があるとはいえ、
新雪の深雪がやはりありがたいもの。

ぶっち、新しいスキーで。
b0132950_15224996.jpg

長さ100cmの板は、初め、ボーゲンすると板の先が重なっちゃってた。
手作り「プライベートゲレンデ」でちょっと練習していたとはいえ、
前のより20cm長くなっているわけで、ぶっち苦戦していた。

山頂は吹雪いてたなー
b0132950_1623508.jpg

少し滑って、標高が下がると風も弱まってくるが。
ゴンドラを降りてすぐの時=滑り出しが、幼児にはちょっと(すごく?)大変なところ。

お父さんと。
b0132950_16131020.jpg

♪会いたかったー
b0132950_16133290.jpg

♪会いたかったー
b0132950_16134852.jpg

♪会いたかったーー yes!君にぃ~

歌って滑る男ぶっち。


さて、大人用の新しいスキーの滑り心地。
初めの2本を私が使わせてもらい、ビンディングを調整して夫が残り時間ぜんぶ使った。

軽くて、クリーミーというのか非常になめらかに板が滑るって感じがした。
ターンの際、ちょっとの力でよく回ってくれる(回ってしまう)ので、
体が置いてかれる~!と思った。

で、一回転んだ。


昼過ぎまで滑ってこの日は下山。
夜、『婦人消防隊』の総会に行かなきゃなかったから☆悲
[PR]
# by harokijs | 2011-03-08 16:54 | おでかけ
錦糸卵は漉すときれいにうまくいくらしい。
初めの3枚は私が、あとの2枚は娘が焼いた。
b0132950_22135398.jpg

具は前日煮ておいたくらいで、簡単にこしらえたちらしだったけれど・・・、

わ~、美味しそ~っ!と、
(貝割れ菜はよけたけど)ばくばく食べていた。

食いつきよく母満足。
こんな献立はもちろん清酒がお伴♪

いただきますの前に歌うよ!
  ♪灯りをつけましょぼんぼりに~
歌ったのはおかーさんと4歳だけだった。
[PR]
# by harokijs | 2011-03-03 22:24 | ごはん
ターンする間もなく、あっという間に降りてこれちゃうけど、
家の前の雪山にミニスキー場。

近所の子5歳(手前)とぶっちとで。
b0132950_14493924.jpg

この子も上手。やはり親がスキー(ボード)好きだ。

このスキー場はリフトやゴンドラなどがありませんので、
自分でえっちらおっちら登ります・・・ので、とっても汗をかくゲレンデです・笑

b0132950_14543262.jpg

これはお兄ちゃんと滑った日。
b0132950_1455189.jpg


母がティガーならぬディガーとなり整地しましたemoticon-0165-muscle.gif

先週の妙な暖かさで雪の状態は最悪に!
気温がゆるむ日中に解けた雪が、夜間にガチッと固まるので、イヤ~っ!!

道路に雪がなくなって楽。
雪をはらわなくても車を出せて楽々~。

だけど・・・

スキー場だけ降ってほしいの!!

ぶっちも言ってた。
「フワフワの雪ふるといいねえ」


今季のセール参戦はスキー!
b0132950_1552734.jpg

驚異の50%オフ!
私と夫とでスキー板は共用だ。↑も二人で使うつもり。
ってことは一人当たり半額の半額で買えるってことじゃ?
いや、一人1本とも言えるか、それじゃー滑れん!

・・・などと、憧れのロシニョールを前にしての夫婦の会話。

ぶっちのは一式。
b0132950_1535683.jpg

今使っている80cmのは、来年スキーを始めるであろう甥にいくので(もともと、いとこのスキーなのだ)、兄姉が使った、それぞれ120cmの板がぶっちには長すぎる。

で、100cmの板と、リアエントリーじゃなく今度はフロントバックルのブーツ!
バックルをばっちんと留めるのがうれしいぶっちなのだった。


新しいスキーではやく滑りに行きたいな!

フワフワの雪よ降れ~~
[PR]
# by harokijs | 2011-02-28 14:55 | こども
ぶっちは「トケモン」って言ってるけど・笑

ポケモンはよく話題に上るようで、
今までは絵つきのミニティッシュとかでお茶を濁していたが、
キャラの名前をお友だちがすらすら言えるのを、ぶっちはとってもうらやましく思っていたらしい。
b0132950_1423572.jpg

先週、腹痛で1日園を休んだときに買わされた紙工作の絵本。

ぶっちには少々難しい作業だったので、かーさんが作らされた。
帰宅した長男が夕方から母に代わって作り、
夜は父親が没頭していた。

いいもの買ったねーだって(笑われるかと思ったのだが)

翌朝、お腹の調子もすっかり治ったぶっちは、
起きてくるなりポケモンたちを並べてご満悦。
b0132950_1437140.jpg


ふんふん、そんなに嬉しいかポケモンが。

夫も夫で、いつのまにかポケモントランプをぶっちに与えていた。
(ホームセンターの半額ワゴンの中で発見したと言い訳していた)


ぶっちが私に、(ピカチューじゃないやつで)何か知ってる!?と挑戦的に聞いてくるので、
「ひこにゃん」(鼻息)
と答えてたら、娘「それってご当地キャラ・・・」
・・・・・・
[PR]
# by harokijs | 2011-02-28 14:35 | こども

↓先日書いた、「カラーボックス棚」の上に、
長ーい(145cm)の棚をつけてもらった。
b0132950_13293520.jpg

ここは、子どもの絵とか写真とかを飾る場所としよー。
この数年は年賀状用に、干支のどうぶつの絵を描いてくれる(息子が)ので、そのウサギの絵と、
4歳くらいのころに娘が描いた魚の絵(これもその頃の年賀状に採用)、
一番右は、ぶっちの作品。

ついでに言うと、おサルさんは私の干支☆

この棚をキッチン側から、
b0132950_13364436.jpg

こちら側には、形のいいものとか、光を通したらきれいなものとかを、置いてみたいな。

流しに渡していた洗いカゴを撤去したら、すごく明るく広く感じられるようになり嬉しい!
出番があまりなかった角ザルを、こんなふうにして使ったら代用になるかなあと試験運用中です。
b0132950_13554978.jpg

敷いたフキンがすぐにグショグショになるけれど、じゃんじゃん洗ってしまえるので、
横着者の私には洗いカゴを洗うより楽。

このたびの収納改革は、カトラリー関連も。
横置きから縦置きに替えてみた。さらには
b0132950_13591245.jpg

取り出しやすいように分類。

ダイニング側から、流しのある側から、両方から使い易く配置するのって意外に難しい。
工夫のしがいはあるとはいえ。

これは、夫製作の絵本棚。
b0132950_1435281.jpg

「お片づけ」なる宿題を出された娘が整理し、提出用に自ら撮影した写真。
[PR]
ごちゃごちゃと見苦しい写真を敢えて公開。
b0132950_22161330.jpg

ダイニングルームの一面を棚にしています。

見ておわかりと思いますが、カラーボックスを6つつなげています。
料理本とか、趣味の本(園芸関連多し)、資料など、あとくずかご!を収めているのだけど、
こううるさい見た目ではインテリアもへったくれもないので、
扉か、カーテンをつけたい。

カーテンにするなら、麻素材がいいだろうなと思って、
fogの昔出ていたランダムストライプとか、黒白千鳥などいくつか用意してある。

あるけど、あっためているだけ。

やはり扉をつけてもらった方がスッキリしていいだろうな、
木工の得意な夫に依頼したいけれど、そんな時間はなかなか。

右上の、6連抽斗は夫の製作物。
寸法をここに合わせているからピタリ。
丸くくりぬいた穴が取っ手の代わり。
リクエスト通りに作ってもらって、これはとっても気に入っている。


冬は家の中で過ごす時間が増えるから、
今まで目をつぶっていた収納問題に、
勇気を出して、とりかかっている。

今日はあっちの棚、
明日はこっちのコーナー。

不要というものもいっぱい出てきた。
1年前には捨てるふんぎりをつけられなかったものにサヨナラできたときは、
自分よエライ!と誉めたくなる。

お片づけモードのモチベーションを高める、
インテリア雑誌の切り抜きファイル。

引田かおりさん・・・天晴れというほかない徹底収納。でも味気なくない。
b0132950_22493338.jpg

青木和子さん・・・風が通り抜けるような
b0132950_22495023.jpg

山本浩未さん・・・遊びに行ってみたい感じ
b0132950_2250883.jpg

他いろいろなお方の部屋の写真。

すっきりしつつ温かみも感じられるインテリアの写真を見ると、やる気が湧いてきます。
チマチマしてない感じってのも重要ポイント。

ここ数年、山本さんの写真のような、はっきりと鮮やかな色を使うインテリアに夢中だ。

色は、パワーを与えてくれると信じます。

それと、キレイにするといいことがある!というのも。
「いいことがやってくるすきまを作ろう」というのが、
私が考えたお片づけのスローガン。

なんだか楽しめそうな気がしてくるでしょーー?


玄関から洗面所につながる廊下。
b0132950_2312424.jpg

この、プラスチックコンテナは冬限定。
スキー用品が入っており、週末のスキーの準備はここからほいほいと。

明日は、薬箱にとりかかる予定。
[PR]
たまにはよそのスキー場
いとこと私たちの、距離的に中間(それでも私たちの方が近い)の位置。
7時に出発し、車の中で朝ごはん。
焼きおにぎり(味噌)
バナナ
を、食べているうちに、岩手山が見えてきた。
b0132950_21241928.jpg

↑は、南側から見た姿、このあと10分も北上し、盛岡を過ぎればまた違った表情の岩手山に出会える。

山をぐるりと回り込んだ向う側に、目ざすスキー場がある。

いとこ達は、今シーズン初滑りだ。
そしてたぶん、滑り納めになりそうだ。
転勤で、雪のない沿岸に行っているのだが、
万障繰り合わせようやくのことで今回のスキーが実現。
b0132950_21401782.jpg

1年生の姪は、昨シーズン一人でなんとか滑れるようになったばかり。
初めこそ恐る恐るという感じだったが、すぐに感覚を取り戻したようだった。
b0132950_2132617.jpg

年下のぶっちがスイスイ滑っているので、負けられないと思ったかも。
ぶっちもぶっちで、張り合う相手がいて、いい刺激。
b0132950_21344518.jpg

それにしても、ぴっかぴかの晴天。
どこまでもなだらかで平らな、まるで舗装道路のようなゲレンデ。

いつも滑っていたスキー場がオフロードならば、
こちらは整備の行き届いたアスファルト道路かってくらい、
滑りやすい!
ドキドキワクワク感は少なくなるけれど・・・
とにかく、安心して滑れる!
初心者に最適かも。

おまけに、安くて助かった!

上の子たち(小5、小4、小3)たちは、3人で行動し、
子ども達だけの楽しい時間を大いに満喫したようだ。
b0132950_21455274.jpg

天気がいいと、何をしても気持ちがいいもんで・・・

リフト券に記された時間いっぱい滑り倒し、
いとこにサヨナラをして帰ってきた。

娘が生まれる前には、何度か来たことがあったこのスキー場。
12年ぶりなので、いろいろ新鮮に映る。

帰りの車から、遠くの山の灯りが見えた。
いつものスキー場のナイター営業だ。

今日は浮気?しちゃったが、やっぱりGETOはいいスキー場なんだなぁと知った。
来週行けるかな??

ぶっちが成長し、昨年から、再び私がスキーをするという日がめぐってきた。
11年ぶりのスキー!!!

ほんの3年くらい前には思いもよらなかった、
家族みんなでスキーをはいて山の上にいるなんて。
夢のよう☆

楽しみのかたちはいろいろで、
今は、この楽しみを存分に味わいたい。
b0132950_2261977.jpg

[PR]
# by harokijs | 2011-02-21 22:06 | こども
ゴンドラ二本目。
一本目に同じく、降りて右側A6コースへ。

尾根伝い、傾斜のゆるいロングコースはクロスカントリーな気分をあじわえる。
b0132950_2242650.jpg

「へびさん」滑りで進む。
b0132950_22425685.jpg

なぜか右側の、がけの方に寄っていきたがるのでハラハラする。
b0132950_22435530.jpg

親の心配をよそに、ぶっち本人は自分の滑りに酔っている。前を見なさい!!
b0132950_22454674.jpg

右奥、非圧雪の上級者コースの降り口。
ここに立っていた人の股に、ぶっちがはまる。
「す、すみませんっ!」
おかげで、ぶっちが上級コースを転げ落ちる目に遭わず。ああよかった。
b0132950_22542691.jpg

悪いことしたなあと気にしたらしく、ぶっちしきりに後ろを振り向くのだった。
b0132950_22554482.jpg

反省しながら進む。ここ、一番狭いところ。
b0132950_22563430.jpg

スケーティングしてる(つもり)。
スケーティング、足の短い幼児には難しいはずながらすごくやりたがる。

・・・その格好ときたら噴いちゃう可笑しさなんだ。
知らないおじさんまでが、
「笑 がんばってるなぁ! 笑」って。


「スケーティング」
ぶっち向けスキー用語に翻訳すると、「ぺんぎん歩き」。

ぶっち、なんでもやってみたい人。
b0132950_23104821.jpg

[PR]
# by harokijs | 2011-02-15 23:02 | こども