b0132950_145111100.jpg

我が家は勾配のきつい大屋根なので、雪下ろしは必要ない・・・
(屋根を雪が滑り落ちる音が響き、凄いです。知らない人は音にびっくりすると思う。)
はずだったのに、北向き玄関ポーチの小屋根、ここは冬季最大の泣き所となってしまう。
b0132950_14194753.jpg

ひっかかった雪が溶ける間がないほど降り続ける雪は、やがて重たい氷雪となり漬け物石みたいにドドンッとのっかっている状態だ。

雪を落としたくとも体勢を整えづらい危ない場所なので、本当に困っている。
b0132950_14513035.jpg

カーポートの方も、連日の積雪で屋根がすごいことになっている。
8本柱で丈夫にできているとはいえ、支柱がどのくらいの重さまで耐えられるんだろ!?
積雪200cmまでOKだっけ?

脚立を使い、
b0132950_14314943.jpg

登ったど!

このくらいあった。
b0132950_1442380.jpg

わしわしとスコップを振るい、雪を落とした。

夜からの新雪が40cmくらいで、
その下はずしっと重みのある固い雪が何層にもなっていた。

下に(ジャーンプ!して)降りてから、落とした雪をかたづけるのは、
落とす作業の数倍の労力が要った。


疲労困憊。


なので、
068.gif
(↑夜になってからですよっ、さすがに昼間っからはー笑)



雪国でこれから家を建てようという方は、念頭に置くべきは夏よりも冬!
(と、お向かいのお爺ちゃんと、除雪の合間に喋ってた)
冬の積雪時を想定しての家つくり、土地選び、大切だと思いますー

除雪した雪を片づける先がないと、ホント大変です。
うちは向かいが空き地なので、今はそこへ運んでいます。

宝くじが当たったら(笑)、屋根に融雪設備をつけたいです。
除雪機も欲しいけど、高齢になっても扱えるかっていったら無理だろうなって思うから。
[PR]
# by harokijs | 2011-02-01 15:08 |
チーズケーキ。
b0132950_22393123.jpg


バナナのマフィン。卵を倍量にしてふんわりと仕上げるのがこの頃の好み。
b0132950_22372773.jpg


黒糖かすてら。生姜を入れるのはもはや定番。
b0132950_22385385.jpg

[PR]
# by harokijs | 2011-01-30 22:39 | おやつ
牡蠣のミルクスープ。
b0132950_2219768.jpg

朱の塗り椀で白いスープをいただく・・・やってみたかったこと。

根菜のきんぴら、豆もやし炒め、サンマ干し、茸のマリネ。
b0132950_22333619.jpg


大根のトマト煮込み。
b0132950_22405883.jpg

レシピ(有元葉子さん)は豚かたまり肉使用のところ、私はイカで。
大根って・・・、意外にも洋食もいい感じで使えるって思い知った。

サーモンのマリネ。
b0132950_22202138.jpg

香草(ディル)をこれでもかと載せて!やみつき。

ミートソースを多めに作り、冷凍ストックするのがこの頃のマイブームだ。
b0132950_22224883.jpg

ピーチクパーチクうるさく、忙しさ3倍増の週末に大助かりする。

avecの皿は20cm。我が家では使いでのあるサイズだった。
b0132950_22259100.jpg

焼き魚をのせたらどんなかな。

b0132950_22267100.jpg

バイキングみたいに、おかずいろいろ盛り合わせはどうだろう。

これは別の日のミートソース。たしか昼ご飯。
b0132950_2227974.jpg


朱塗りの椀とも相性よいのでは。別の日の牡蠣のシチューと。
b0132950_22282518.jpg


皿のいろんな表情を楽しんでます。
「か●め食堂」は、「?(ごめんなさい)」なんですが。
この皿は使い易いし、ばっちり好みだった。
[PR]
# by harokijs | 2011-01-30 22:33 | ごはん
地元の雪まつりだった。

昨日は雪像つくりだった。
大人十数人で1時間半かけて「雪うさぎ」を作った。
今日、コンテストの発表があり、
上位入賞は果たせなかった。。。くやしーーーっ(嘘)

雪のもっさもっさと降り続く中、
(時々吹雪いた)
一日中、雪の上。

スキー場にいる方がずうっといい(心の叫び)!!

子ども会の一員として、パスするわけにはいかない毎年のこの行事。
スノーフラッグとか、雪上ドッジボールとかetc.
子ども達を参加させるために、親も(そしてぶっちも)一日付き添いなのだ。

ぶっちなんて、最後のほう半分凍ってたけど(笑)、
上の子の行事に付き合わされるのは末子の宿命~~、
まずは今日一日、ノルマを果たしたぞーーーという思いでいっぱい!

b0132950_2265795.jpg

「餅まき」の戦利品。

068.gifが、んまーーい!
晩ご飯は、体の「酢」を摂取したいという叫び、そしてあったかーいもの!という条件を兼ねた「大根の豚しゃぶ鍋」にした。

来週末はスキー場で過ごすぞ!楽しみ☆

b0132950_22111297.jpg

アトラクション「鬼けんばい」に見入るうちの兄弟たち。

あー寒かった。



今日の降り方だと、明朝は雪払いでスタートだな。


明日もがんばる!
[PR]
# by harokijs | 2011-01-30 22:13 | こども
もっさもっさと降り続ける今日の雪。
昨日の快晴はどこへいった?
b0132950_14251810.jpg

朝食前の雪かきで、、、

バキッ


スノーダンプが割れたっ

昨年買ったばかりの赤いダンプが、この雪シーズンはじめに亀裂が入ってしまったので、
また今年新しくしたのだったが。
b0132950_14322542.jpg

バキバキに亀裂が入ってしまったからもう使えない。

引っ越す前から13年間使っている黄色のスノーダンプは健在。
えらい子だ☆

これからホームセンターに行って買ってきます。
[PR]
# by harokijs | 2011-01-28 14:32 |
b0132950_22303645.jpg

どうしたの?って言いたくなるほど、
太陽ピカピカの今日の天気だった。
b0132950_22311748.jpg

朝からこんな晴天・・・は実に久しぶりな気がする。

キラキラの朝は嬉しくて、ゴミ出しにカメラを持って出た。
b0132950_2233075.jpg

ジャックフロスト。
b0132950_22364483.jpg

今朝は-6℃くらいだったようだ。
b0132950_2237159.jpg

つららを落としてやると子どもが喜びます。

強い光に照らされて、いつになくはっきりとした輪郭を見せる外の景色。
b0132950_2240244.jpg

まぶしさに細目!
b0132950_22405660.jpg

この木はスモークツリー。

道路わき、腰高の雪。
b0132950_2243589.jpg

冷え込んだ朝の道を歩くとき、ぎっちぎっちと音がするのは楽しくていい。

ああ、なんてきれいな青空だったんだろう、今日は!
b0132950_22465244.jpg

遠~~くの山なみが、ぐっとせり出してくるように見えた。

青空×雪を堪能~☆の朝でした。(夕方からはもさもさと雪降りになった)
[PR]
# by harokijs | 2011-01-27 22:48 |
筋肉痛も4日目にしてようやくやわらいできた・・・

空手の大会があったりしたものだから、2週間ぶりのスキーははりきって8時間券で滑ったのだった。
翌月曜日には筋肉痛におそわれることに。

  アタシ筋肉痛きたわー、と私
  全く!痛くならんなー、と夫。

どちらも真逆のセリフだが、当人達がの顔がなぜか誇らしげ(笑)
40過ぎたらこうなるのねー妙に納得。

さて、筋肉痛とは無縁の子ども達は。

ポールや凸が設けられたキッズコース。(私も滑ってみたかったー)
b0132950_16585445.jpg

ネックウォーマーを目元まで上げて完全防寒の娘。やりすぎ?

びゅーん!!
b0132950_1761856.jpg

親は後ろをついていき、時々声をかけるだけ。
「こらこら、あんまりはじっこ行くなよー」
↑なぜか端の未圧雪ゾーンにつっこみたがる。長男もそうだった。
b0132950_1763476.jpg

もう、コーチベルトなんていらないもんねー!のぶっち。

なんかもうですね・・・
1本1本滑る毎に、上手になってるのが見えるー
本人も実感しているようで、
ターンもホイホイって感じでこなせば、
エッジでシャオっとブレーキかけてみたり。

若いってすごいわー

兄姉とも、スキーデビューは年中か年長だったのに、
ぶっちが3歳から滑り始めたその理由は、
ずばり「末っ子だから」

きょうだい達が滑っているときにソリだけじゃ、
物足りなくなる。

だいたい、末っ子ぶっちときたら、
上のきょうだいたちがやっていることは、当然自分もやる(やれる)ものと思っている節がある。
何にでも強気で臨む三番め。

・・・って、ぶっちがスキーを始めると同時に、
母のスキー再デビュー(11年ぶり!!)と相成った。

家族みんなで楽しめてるんだから
(お金がかかる:泣!)
いいか!

そんな強気幼児も、
b0132950_17244888.jpg

リフトではこんな感じ。

しっかり抱えてないと(足が短いから)座面から落っこちそう。
乗り降りも、腰位置がそもそも合わないからよっこらしょと親が介助。

それでも、自分で歩いて進めるようになったら、ずいぶん楽になった。

おねえちゃんは何かとお世話を焼いてくれる。
b0132950_17293581.jpg


みーんなに目をかけ手をかけてもらい、お得な末っ子だ。
環境が(一人目の子よりはるかに)荒っぽくなる傾向があるとはいえ、

たくましく育ってくれろ!
[PR]
# by harokijs | 2011-01-27 17:32 | こども
真っ白な中にいると、積極的に彩りを採り入れたくなるようだ。

カーテンにしていたartekのH55はシンプルなのが好きだったけど、
この冬は思い切って模様替えした。

心躍るような楽しい柄がすっごく気に入っている。
b0132950_2236096.jpg

クッションカバーも作った。

プリムラ。
b0132950_22373640.jpg

可愛い黄色を堪能。

花が開き始めたヒヤシンスの鉢が値引きになっていたから・・・、
b0132950_2238455.jpg

暮れにピンクの花(葉?)を楽しんだポインセチアと一緒に。

ヒヤシンスの香りは玄関先まで漂うほど。

小さな緑が愛おしい季節なのだ。

他の季節よりも、色に敏感になっている?かもしれない・・・
[PR]