夕方5時に晩ご飯を出して、一人急いで向かった先は市民ホール。
講演会の整理券が1枚あったので、「行ってみたら」と夫が勧めてくれた。
「脳トレ」の本などで有名な川島隆太氏が講師。夫は前に2回ほどこの方の話を聴いたことがあるようで「おもしろかったよ」と言う。
夕方の068.gifをガマンしてまで駆けつける甲斐はあるのかどうか?っていうのが、実は出かける直前までの葛藤だったりして・・・みみっちい悩み!

講演はたいへん参考になる内容だったので、おさらいの意味で以下にレポートします。
川島氏の著作を読んだ方には今さらな話だし、興味のない方はスルーしてくださいね。

タイトルは、

「大人と子どもの効果的な脳トレーニングについて」

はじめに
大脳は4つの部分で構成されており、それぞれが異なる分野を司る。
 ・前頭葉(運動)
 ・頭頂葉(触覚)
 ・側頭葉(聴覚)
 ・後頭葉(視覚)

このうち、前頭葉にある「前頭前野」という部分に注目すると・・・・
人間だけが際だって大きな「前頭前野」をもつ。
ここがどんな働きをするかというと、
 思考 創造
 記憶 学習
 行動・情動の制限
 コミュニケーション
 意欲・集中力
 自発性・身辺自立


◇脳の機能は加齢とともに低下する。(グラフでは20歳以降は直線的に下降の一途をたどる)

この脳機能が低下した状態→認知症

認知症にならずに健康で長生き(健康寿命という)するための生活行為における3原則
~子育てにも通用する~

1 読み書き計算 1日5分毎日
・単純計算
・音読
2 コミュニケーション 5分
・会話(目を合わせて話す)
・旅行
・遊び
3 手指を使って何かを作る
・料理・楽器・絵画・文字を書く(手紙など)・手芸・裁縫・工作
※目的をもって何かを作ることが肝要

以上のうち、
 「手書き」について ・・・PCや携帯でメール作成した場合は脳の機能は「手書き」のときのような活性化は見られない。情報処理を機械にやってもらっている状態。漢字を書けなくなっていませんか?ということ。
 「料理」について・・・・ 献立をたてる、具材をそろえる、調理する、配膳する・・・どの場面をとっても活発に脳が働いている。三度の食事の用意は、家族の健康を考えてやっているわけだが、実は自分の為にもなっているということ。高齢の方でもしも認知症の入り口に立たれているという場合も、料理を作るということをできるだけした方がよい。(自分でできるうちは自分でする)これを取り上げてしまうと、一気に認知症の症状が進む。

「読み書き計算」 の認知症に対する効果
家庭での子育てを応用し実践、(例)本の読み聞かせ、ひらがなの指し読みという学習療法を続けたところ、認知症から回復した方がたくさんいる。
3年間ねたきりだった方が、座って字を書くというところまで回復。
高齢者専用の教材が開発され、実際に使われている。
認知症の程度に応じて4000種類のかんたんなドリル教材。
すべての段階に 対応しており、必ず満点をとれるようにしている。これを繰り返し取り組み満点を取り続けることによって、もたらされる効果は・・・
 「自信、やる気
→身辺自立につながる
このとき、「ほめる声がけ」をしたとき、強い脳の働きが見られる。 
ドリルをやったらその場ですぐに採点し、自信をつけさせる。
「すぐにほめる」というのが大切で、あとからほめるのは単なる「声がけ」となってしまう。
 家庭の子育てにおいて・・・親が子と向き合い、その場でほめることが大切。

といった話でした。
家に帰り、夫「どうだった?」「おもしろかったよ。」「前頭前野の話だった?」「そうそう」。
前頭前野で有名な方だったのですね。私は初めて聞く内容でした。
前頭前野を鍛えて健康で長生きしたい(してもらいたい)なと思いました。
聞きながら、ものすごい勢いでペンを走らせていた私の前頭前野は、そのとき激しく働いていたのかもしれません。
発火しそうなほど・・・

複雑なこと難しいことを取り組むのではなく、単純計算を続けた時の方が脳がよく働いているというのは意外でした。
また、料理を作っている時って、脳が活発に働いているんですね。
毎日のごはん作り当番には嬉しい検証結果です。
「その場でほめる声がけ」の効果は、自分の経験上からもうなずけるものがありました。

翌日、82歳になる祖母にこの3原則のことを教えたところ、
「ぜんぶやってるなあ」との返事が返ってきました(笑)
[PR]
# by harokijs | 2008-09-09 23:59 | おでかけ
日曜に市のイベントに行ってきました。その名も「健康まつり」。

救急車や消防車もずらり並び、体験コーナーがたくさんありました。
私はAEDの使い方や人工呼吸のやり方を実習してみました!
あと煙が充満したハウスの中を歩く体験も。
こどもたちはというと、
b0132950_14564425.jpg

とっちは放水体験。
b0132950_14565937.jpg

おねえちゃんは綱渡り体験。
b0132950_14571018.jpg

ぶっちは見るだけ~
風船もらって大喜びです。

はしご車の高く高~~~~く上る体験コーナーは長蛇の列。
他にもいろいろな展示や体験コーナーがあったり、隣の敷地には黒毛和牛のイベントが開催され、にぎやかでした。お弁当持参で出かけたのですが、雨が降り出したので退散し、家でお昼にしました。天気がよかったら、黒毛和牛を堪能~もアリだったなかな・・・(あんまりギュウは得意ではないが)
[PR]
# by harokijs | 2008-09-09 15:08 | おでかけ
うちの2歳児ぶっち、昨日から反抗期に入ったようです。

「いらーらっっ」(いやだ)
「いららいっ」(いらない)

の二つの語を叫んでいます。

最後は「ぎーーー!!!」

今日は食べないわ、寝ないわ、要求が通るまでずっと「たい~ たい~」(○○したいの意)と泣き叫んでいました。
2歳2ヶ月のぶっち史上、最大級のかんしゃく玉炸裂でした。
泣きすぎ寝不足で目が真っ赤です。

いやはや上の二人はここまであからさまな(笑)反抗期ってなかったんじゃないかな。
ぶっちは3人分の反抗期の表出をするべく生まれてきたのでしょうか。
なかなか、手ごたえのある3人目育児であります。

近所の遊び友達Yちゃん(2歳9ヶ月)が、ついこの間まで激しい反抗期(赤ちゃん返りもあり?)でママが手を焼いていたものでしたが、うちに回ってきたのかしら・・・

「そう、ボクに順番が回ってきたのさ」
b0132950_2135139.jpg

「いつまでも赤ん坊だと思うなヨ」
b0132950_21363780.jpg

「ボクはただ遊んでいるわけじゃないんだ」
b0132950_21375089.jpg

「日々進化しているんだぜ」
b0132950_21385475.jpg

「かーかんも精進を怠るでないぞ」
b0132950_21401245.jpg


・・・・はい
[PR]
# by harokijs | 2008-09-06 21:41 | こども
ここ2日間のスナップより。

朝顔。見慣れたせいか、この「ヘブンリーブルー」も好きになった。
b0132950_23341053.jpg

地下茎で至る所に茂るミント。シソ科だからかとても丈夫。
b0132950_23351221.jpg

苔むしたレンガ。ここまで苔が生えるのはどういうものか・・・
b0132950_23365179.jpg

ムスカリ。株が増えて、新たな葉が伸びている。株分けのタイミングはいつだっけ??
b0132950_23375631.jpg



今日もバケツ2杯ぶんの草をぬきました。一月もほったらかすとすぐ雑草天国に。
バラの葉につくハバチの幼虫退治も。
あっちこっちに蜘蛛の巣城。
エンドレス。
[PR]
# by harokijs | 2008-09-04 23:48 |
とてもよい話を聞いた。PTA行事の講演会。

小中学生を対象に絵本のよみきかせ活動をしている、秋田市からいらした講師先生。

・こどもと正面から向き合うことの大切さ。絆(親子関係)をいっそう強くする。
 将来子どもがつまづいたとき、自分で起きあがる力をつけてやること。(つまづかないようにすることではない)。
 今していることが、子どもの根っこになる。

・本を読み聞かせているとき=こどもと正面から向き合っていることになる。

・親の得意なこと、好きなこと(例:スポーツ、料理などなど)を一緒にするのでもいい。
 読み聞かせに限らない。本は手軽だ。

・絵本の中の「言葉」を、子どもはまっすぐに受けとめている。(親の声で、親の膝で)
「きみがすきだよ」「おまえがたいせつ」「このままのきみですてき」という言葉がけを、本のセリフを通じて(親が子に)していることになる。
 それらの言葉の積み重ねが、心の栄養となる。

・「○○しないと!」「△△はまだ?」「早く◇◇!」と365日子どもをせかし続ける毎日かもしれない。
 絵本の言葉がワンクッションをあたえてくれる。

・「人はこう生きればいいんだな」というメッセージを、子どもは学んでいく。

いくつかの絵本を実際に読み聞かせしてくれました。
「いわゆる名作といわれる絵本ばかりでなく、新しいものも積極的に選び紹介している」ということで、私にはそのほとんどが初めての絵本でした。

だるまさんが
b0132950_6134295.jpg

はなになりたい
b0132950_6145188.jpg

くまのコールテンくん
b0132950_6154236.gif

あしたのねこ
b0132950_6165845.jpg

地球が大変!』
b0132950_6181312.jpg

ちいさなあなたへ
b0132950_61984.jpg


ちびゴリラのちびちび
フィアボ
ちびっこきかんしゃだいじょうぶ
パパのおくりもの
 ・・・・・etc.

笑いものにして使い捨てていくようなテレビの「お笑い」とは違う、あたたかな気持ちをおくることのできる絵本の力をあらためて思いました。

58歳になるということでしたが、若々しくとびきり素晴らしい声をしていらっしゃいました。信念をもって活動しておられるのだなということが、登場し第一声をきいた瞬間にわかるような、知性と気品を感じさせる女性でした。

会場にいたお母さんたち皆、心の栄養をもらったんじゃないかな。

授業参観・講演会・学級懇談会と、盛りだくさんの昨日でした。
参観後すぐ子ども達は下校。おねえちゃんととっちの二人に手をひかれて(家まで4、5分)、ぶっちも家に帰ってくれたので、私は講演をじっくり聴くことができ幸いでした。夫に少し早く帰ってきてもらいました。お陰様でした!!
[PR]
昨日から魚食べてます。

昨日は「まるごと食べられる小アジのから揚げ」というので、生協で頼んでおいた冷凍品利用。
ついでにズッキーニも揚げた。(べしょっとなっちゃった失敗)
たたき売りになっていたので、すかさず買ってきたベビーリーフのサラダ。
というわけで全体にみどり色~な食卓です。
b0132950_229169.jpg

「まるごと食べられる」というのが、とっちに大っ好評。
「また作ってね♪」とかわいくお願いされた。・・・・・生協のちらしに載ってたらね。

今日は買い出しに行ったのだけれど、吸い寄せられるように足が鮮魚売り場に向いてしまい、
お買い得になっていた秋鮭、アジ、ブリのアラをカゴに入れていた。
小さめのアジだが、ぴかぴかした目で私を見つめている気がして・・。3枚におろして、皮をはいで、味噌と万能薬味(これを切らすと不安にすらなるほど大活躍。あさこさんありがとうございます)をのっけて、包丁でたたいてたたいて、美味しい一品が出来上がりました。
この美味しさのためなら、魚の視線にも負けず包丁を入れることができます私。
これだと酒肴そのまんまなので、子ども達には秋鮭をフライにしました。
揚げ物を克服したのはついこの頃なので、揚げながら「すごいよ~私」と自分を誉めています。

フライをかじったおねえちゃん、
「これ、パンの味がするよ!」だって。そりゃそうだ。
b0132950_22193116.jpg

ブリのあらは大根と煮た。明日が味がしみていいはず・・・と思ったけれど、大根好きなおちび(ぶっちです)のために、登場させたのでした。このぶり大根は明日のメインおかずとなる予定です!
b0132950_2226355.jpg

これは、夕方まで(平和に)畑でぶらさがっていた米ナス。
輪切りにされて衣をつけられ、フライとなって私たちのお腹に入ってしまいました。

ご近所さんから、おかずの差し入れもあったので、両日登場して、食卓のすきまを埋めてくれています。
その中で、これ、
b0132950_22301720.jpg

ニシン(干したもの)とピーマンを細切りにして醤油・酒で合えただけ。
酒の肴にものっすごく美味しい相性です。
箸が止まらない。ビールが進むー
あまりにも好物になったので、そこの家の台所におじゃまして作り方を教わってきました。
そこの家の若ダンナは「生臭い」とこれを好まないそうです。ニシンが苦手な人も多いかもね・・・
[PR]
# by harokijs | 2008-09-02 22:37 | ごはん
b0132950_22475192.jpg

今年最初の赤とんぼ。

今日は2時間かけて草むしりをした。まだ終わらない・・・
それと庭のレンガ敷き部分をすこーしだけ広くした。
b0132950_23161154.jpg


午後は小学校によみきかせのボランティア。『くまとやまねこ』

今週のスタートとなる今日は、
今月のスタートの日でもあり、
今年度残りはんぶんのスタートの日でもある。

保留事項にそろそろ決着をつけねば。



ブログが半年続きました。祝。
なんとかペースがつかめてきたので、これからも楽しく書いていきたいと思います。
b0132950_23155221.jpg

「ボクはロシナンテといいます。」
[PR]
# by harokijs | 2008-09-01 23:17 |
あれは何だ!
b0132950_14294398.jpg

変なのがきた。
b0132950_1431193.jpg

「ボクだよ~」
b0132950_14315335.jpg

「ご一緒に~」
b0132950_14333270.jpg


2学期最初の日。
おるすばんとなったぶっちは、ブリキのバケツをかぶってみたり、太鼓にしたりして、ちんどん屋さんごっこをしていました。
[PR]
# by harokijs | 2008-08-21 14:24 | こども