「田中屋」で、ブナコのサービストング、あけびづるの髪留め、りんご蜂蜜、ちりめんのひも
b0132950_100829.jpg

昨年も買った、とっても美味しいおせんべい?クッキーのようでもあるんだけど・・。リンゴジュースは6本入りをケースで買って、いつも野菜をわけてくれるご近所さんや、留守中クワガタに水をかけてもらった近所の子に分けました。
b0132950_1013199.jpg


留守中の畑の野菜が気になっていたけれど、のびすぎ~なものはなかった。
きゅうり。
b0132950_1045351.jpg

なすをたっくさんいただいたので、久しぶりにピザを焼きました。ピザソースは適当に作ったミートソースもどき。夫が2泊三日の出張中ですが、なんとかやる気を出して(20本近くあるなすに背中を押されて)がんばって作りましたぁ~。子ども達は美味しい~~と食いつきがよかったで
す。
b0132950_1012922.jpg

まだ残る14本のなす。ラタトゥユを大量に作ってみようかな。
[PR]
青森市に到着したのが5時半。程なく第一ハネト発見。衣装の浴衣につけた鈴が鳴るのが聞こえてくるようで、気がはやる(血が沸く)私。(笑)
宿泊先のチェックインと荷運びを急ぎに急いで、夕食はあとで!ってことにして、とりあえず敷物だけは忘れずに持ち、ねぶた会場となる通りに向かう。交通規制スタートまで2~30分あるようで、その間にコンビニ(大混雑)に入り飲み物や子どもにお菓子などを仕入れる。
規制が始まり、夫の機敏な行動により(夫よ毎年ありがとう)最前列を確保、ほっと落ち着いて座り込み、ねぶたの開始を待つ。この間、ぶっちはいい子にしていた(暴れない)。人混みに気圧されて静かになったって感じ。
b0132950_15132123.jpg

ねぶたがそれそれのスタート地点に移動を始めました。そろそろです。
だんだん薄暗くなってきて、7:10のろしを合図にねぶたの運行が始まりました。
この日は山車の数が期間中最も多い日だったらしい。
昨日賞の発表があったので、入賞したねぶたは、「○○賞」の額がデーンとかけられている。
これは「大賞」受賞のねぶた。
b0132950_15193343.jpg

さすが!の豪華絢爛な色彩そしてデカイ
このねぶたもそうだけど、今年は桜モチーフの意匠を多く見かけたように思う。
おねえちゃんととっちは、時折転がってくる鈴を集めていました・・・
鮮やかにライトアップされたねぶた、お囃子の音、ラッセラーのかけ声、観客たちのどよめき・・・ぶっちは飽きることなく目をまんまるくして見入っていました。

ちょっとだけ早めに引き上げて宿の夕飯。
夕飯は御膳。(宿泊代とパックになったプランしかないのです)
あまりお腹もすいていないし、早く部屋で休みたいところだったが、用意された間に行く。
b0132950_15303064.jpg

お、おいしそう~~
子ども達にも取り分けながら、残すのはMOTTAINAIと全部お腹に入れました。のがいけなかったのか、その夜、胃が痛く痛くて胃散をフロントでもらって飲んでもそれでも痛さはつのるばかりで夜中をすぎても眠れない。救急外来に行こうか、夫を起こすのは気の毒だし、部屋のキーを抜くと電気がOFFになるから冷蔵庫の飲み物がだめになるなあ、朝イチで病院を探して行こうか・・など考えながら、暗い中ウ~ンウ~ンと痛さに苦しむ。
2時過ぎくらいに寝入って、6時過ぎに目覚めたら、少し痛みが遠のいている感じ。でも起きることはできず、そのままウトウト。
夫と上の二人はそ~っと部屋を出て、海まで散歩していたらしい。
目覚めたぶっちをお風呂に入れることができるくらいまで回復したが、朝食はやはりあまり食べられない(とってもくやしい~)。
ゆっくりめにチェックアウトをし、ぎりぎりまでフトンで寝させてもらいました。情けない。

なんとか元気をふりしぼって、「八甲田丸」見物。
青函連絡船として働いていたこの船、今ではメモリアルシップということで展示施設となっています。中学の修学旅行先が北海道だったので、青函連絡船にはその一度だけ乗ったことがあります。船酔いが苦しかった思い出が~~~
b0132950_15494720.jpg
b0132950_15501541.jpg
b0132950_15502432.jpg

操舵室で舵輪?をにぎったり、受話器をとったり望遠鏡をのぞいたり。あれこれスイッチも触り放題で、興味のおもむくまま、あっちこっちをいじるのに忙しい2歳児ぶっち。
エンジンルームも大きかったなあ。

この八甲田丸の甲板から下を見下ろすと、ブルーシートを敷く人々が。何だろう?と考えるうち、そうか今日の花火鑑賞の席取りなんだと思い至る。
b0132950_17312530.jpg

ねぶた最終日の7日は海上運行や花火があがる日。
未だ観たことがないので 、どこで観るのがいいか知らなかったけれど、今後の参考になりました。チケットを買えば八甲田丸から鑑賞することもできるそうだけど、いったいおいくらほどするんでしょ??海上運行の予行(山車は乗っていない)をする船も次々と湾を一周するのが見えたりして、そんなこんなで興味深いこといっぱいの船の上なのでした。
b0132950_17325135.jpg


船を出るともうお昼時間。ねぶたの昼の運行が13時からなので、交通規制がかかる前に市街地を出ましょうと、青森市にさようなら。来年も(たぶん)来ま~す/^

お腹がすいたまま高速道に乗り、黒石で下りて津軽伝承館というところへ。
ここでみんなはカレーバイキングを堪能。そ、そんなに食べてほんとに大丈夫?!というほど、おかわりおかわりのとっち、おねえちゃん。美味しかったみたいです。
サラダがベビーリーフの山盛り(大好きなのです)で、よかったなあ。
ここでとっちに竹とんぼを買ってやったら大喜び。そんいう子どもらしいな~って感じることが、特に多いような気がするとっち。
伝承館で浮かれるとっち。
b0132950_16524531.jpg

おねえちゃんと。
b0132950_17355727.jpg

寝不足で体がしんどいのと&お腹がまだ痛むため、車に乗る毎にスゥーと眠ってしまう私。
この日は写真も少なめ・・・

盛岡でいったん高速を下り、冷麺のお店で夕飯にして帰りました。
運転をがんばった夫は石焼きビピンバ、私はクッパ。お昼食べ過ぎの為、とっちはお子様プレートすら完食できず。

恒例の夏の青森旅行。今年も楽しかったです。来年もみんな元気で、今度はキャンプで?行きたいものです。
[PR]
# by harokijs | 2008-08-09 16:59 | おでかけ
5日~7日と青森に行ってきました。夏はねぶた!というのが近年は恒例になっていて、今年は弘前ねぷたも見てみようということに。

夫の仕事が終わるのを待って出発。2時半。
b0132950_731360.jpg

行く手には、オイデオイデをしているみたいな入道雲。

東北道を北上し、ICを下りて弘前に入ると延々と続くりんごの道。
b0132950_754459.jpg

見えてきたのは岩木山。夕暮れの山に三日月がかかって神々しいくらいに美しかった。
b0132950_77240.jpg
b0132950_77173.jpg

あのふもとに佐藤初女さんの「森のイスキア
があるのだなあ。。。なんて考えたりして。

宿泊するコテージで簡単な夕飯(パスタ、ここで持参のきのこのマリネが活躍)をすませ、市街地へ。
初めて見るねぷた祭り。とっちは山車に描かれた幽霊画を(よせばいいのに)じっくり見つめてびびっている。
b0132950_785554.jpg

ざっと歩いて観ただけでしたが、祭りの雰囲気を感じることができ、それなりに満足。
夜はコテージ近くにある天文台で天体観測。
大きな天体望遠鏡があり木星を見ることができました。4つの衛星と木星の縞模様が見えた!
満天の星空!!(しかし、家のあるところも夜はかなり暗くなるので、星はよく見えるのだ。私の実家も空が迫ってくるくらいに星がたくさん見えるのです)
その名も「満天ハウス」という山のコテージは、夜は涼しいを通り越して寒いかも?と思うくらい。
ぶっちを湯たんぽ代わりにして寝たら温かく熟睡。6時くらいまでぐっすりというのはこの頃珍しいことだ・・・

天窓から差しこむ朝日のまぶしさにびっくりして起床。(思わずとっちが蛍光灯を点けたのか!?とスイッチを探しに行ったほど)
限りなく簡素な朝食。サラダ菜を家の冷蔵庫に忘れてきた。
b0132950_7185423.jpg

星の形をした小さなコテージ。12棟あり、私たちが泊まったのは「牡羊座」でした。せっかくキッチンが使えるのだし、(食費もちょびっと節約を~と)ご飯を炊き、おにぎりを作る。(シソの葉漬け活躍)
b0132950_720680.jpg

b0132950_18111714.jpg

コテージの施設には室内プールがあり、午前はここへ。
上の二人はスイミングに通った成果を見せようと大はしゃぎ。
ぶっちも幼児プールで楽しげ。

山を下りて再び弘前の市内へ向かう道。
b0132950_9572211.jpg

快晴の岩木山。今度来る時は山のふもとの温泉など行ってみたい。
弘前市では津軽塗の老舗でギャラリーを併設したお店に。「田中屋」子ども達には車内でテレビとおやつで待っていてもらい、そそくさと店内へ。
七子塗りという技法の津軽塗がいいなあ~と眺めたが、目をむく価格で検討の余地すらない・・・木製の茶筒、菓子盆、重箱などなどため息ものでありました。
津軽塗製品とは別に雑貨や食品のセレクトコーナーもあり、青森由来の作家の本を集めた一角や、津軽塗りの工程を展示見学できるようになった部屋、2階に特選品が骨董品とともに並べられたギャラリー、地階にはカフェ・・・となかなか大人な空間。店のたたずまいも、古さを活かしたどっしりとした雰囲気。光原社の感じに似ているかなあと思った。いつかゆっくり訪れてみたいものです。

さて、子ども達も待っているので、店を出発。弘前城へ。
眠ってしまったぶっちをベビーカーに乗せて、お城の散策コース。
b0132950_9563294.jpg

お~い、ぶっちを置いていかないでね~~
b0132950_958568.jpg

おねえちゃんが押す。
b0132950_9584621.jpg

くせもの!?(史跡でこんなことをしてはいけません)
b0132950_9592522.jpg

アスレチックとカンチガイしているんじゃあ。それとも忍者ごっこ(家の中でよくやっている)の発展編か。
桜のころにまた訪れてみたいなあと思わせる、立派なしだれ桜が立ち並ぶ庭でした。弘前の桜まつり、夢リストに入っています。
暑い暑い日差しにひからびそうだったので、りんごソフトクリーム(美味し~)を食べて、弘前を出発しました。
[PR]
# by harokijs | 2008-08-09 11:00 | おでかけ
b0132950_6201412.jpg

ノウゼンカズラのオレンジ色の花をあちこちの道ばたで見かけるようになった。ああ夏真っ盛りだなあと思う。

うちの庭のノウゼンカズラ、前の住まいから引っ越すときに抜いてきたもので、ものすごく丈夫で、しっかり根付いてしまった。2.3日前から花をつけ始めた。
ユリのカサブランカとツーショット。
b0132950_62341.jpg

これがたいした元気者というかやんちゃ者なのであります。
老木の桜の根本に植えていたところ、幹をぐんぐんぐんとはいのぼり、はるか梢で元気な葉を茂らせている。完全に桜をしのいでいる・・・
b0132950_6293533.jpg

見上げると桜の木にオレンジの花が。

ツタ類は本当に勢いが強いんだなあ。
私にその元気パワーをおくれ。
[PR]
# by harokijs | 2008-08-04 06:28 |
親子クッキングのはんちょう編は、かぼちゃのポタージュに挑戦。
b0132950_605136.jpg

かぼちゃを切るのは私でも力がいる。あまりに切りにくそうなところは手伝ってやりながら。
鍋でじっくり炒めて、スープを注いで、やわらかく煮えたら、フードプロセッサーに投入しガーーーッとやって、鍋にもどして牛乳と生クリーム、塩こしょうで仕上げる。。。というもの。栗原はるみのレシピだったと思うのだけど、たぶん自分で適当にアレンジした作り方になっている。
まあ、それらしきものが出来上がったので、器によそってパチリ。
b0132950_61443.jpg

ポタージュを入れたカップはお友達からいただいたバースデープレゼント。
デザートを盛ったり、時にはそばちょこになったり、活躍させている。ありがとう~

地区子供会の行事がこの日行われ、暑い中参加。
まだ低学年なので、親の私も言われるままに動いているわけだが、いずれは先だって準備進行後始末といったことをしなければならない時がやってきます。少なくとも3回。ただ参加するだけでもくたびれてしまっているというのに、身震いがします。

そんな疲れた体にむち打って、なんとかこしらえた晩ご飯。
蕎麦・大根おろしと万能薬味・豚とナスの焼き肉サラダ風・大根の煮物(残りもの)・ビール
b0132950_6103472.jpg


ぶっちがこの大根の煮物が好物でたべるわたべるわたべすぎだ~ 
[PR]
# by harokijs | 2008-08-04 06:11 | ごはん
とっちが飼っているクワガタ。名前は「クワタくん」

飼育箱の中のクワタくんは、いつ見ても昆虫ゼリーを食べている。
そんなに食べておなかをこわしませんか?

朝起きると、玄関を出たところにいるクワタくんの様子を見に行くとっち。
一日に何度も。
とっちはきっとクワガタと交信することができるのだろうねえ。
手のひらに大事そうにのせて話しかけたり、
顕微鏡でのぞいて観察記録を記したり、
クワタくんの肖像画を描いたり。

とても楽しそうなのであります。

クワタくんは大切なお友達なので、
夏休みに入ってから、近くの雑木林でたくさん捕まえてきたカブトムシたちも、すべて近所の子たちにあげて、クワガタの楽園を守ることにしたとっちなのでした。
b0132950_22243865.jpg
b0132950_22245286.jpg
b0132950_2225782.jpg

[PR]
# by harokijs | 2008-08-02 22:29 | こども
始業式の持ち物の中に「ぞうきん2枚」。
いつも前夜に夜なべで縫っていたから、今年は前倒しで!
ぞうきんを縫うのって、あんまり楽しくないなあ~っとなかなか気分がのらないので、意欲づけに?好みの布で巾着ぶくろなんぞを縫っていたら、子ども達がプールから帰ってきた。(ぶっちは昼寝中)

ミシンに興味シンシンのとっち。
 どうして、ここが回ってるの?
 ここは何が入ってるの?
 これで何するの?
 なんでタオル縫ってるの?
・・・・・・質問攻めだ。とっちは3歳ごろからず~~っとこんな調子の質問太郎なのだ。

「やってみる?」と聞くと「ウンッ」

神妙な顔でやっています。
b0132950_22483492.jpg
b0132950_22484631.jpg

ぶっちも起きてきちゃったよ。

おねえちゃんは去年ミシンがけを経験済み。
出来上がり。
b0132950_2252565.jpg

左おねえちゃん。右とっち。
こんな縫い目ですが、持っていかせます。
[PR]
# by harokijs | 2008-08-01 22:52 | こども
b0132950_2231322.jpg

みんなが大好きなとうもろこし。
箱買いしてきた。大胆にも。
だって12本入って450円。県産。今が旬。
こどもたちに皮とりをしてもらい、3回に分けて全てゆでた。

食べて食べて~!!
b0132950_22332873.jpg
b0132950_22334699.jpg

おいしーねーーーーっっ
それでも、
5本残ったので冷蔵庫に。

そしたら夜「ピンポーン!」
お向かいさんからとうもろこし届いた!6本!!
[PR]
# by harokijs | 2008-08-01 22:35 | こども