<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

実家の辺りは雪が深く、4月半ばでも消え残った雪がある。
5月の連休のあたりが桜の見頃。

今年も、満開の桜と鯉のぼりが迎えてくれた。

孫が帰ってきたので、鯉のぼりが掲げられた。
b0132950_17355579.jpg

川ばたの山桜。
b0132950_17361332.jpg

b0132950_1812692.jpg

向こう岸の桜のたもとへ行く。
b0132950_17592233.jpg

橋を渡り、
b0132950_1739130.jpg

このへんにこごみが出ている。
b0132950_180370.jpg

子どもたちにも採れた。
こごみを採った後は、犬と一緒に川の中に入ってた!(まだ冷たいよっ)

かたくりの花。うつむいて咲く風情が好き。
b0132950_1823024.jpg


場所を変え・・
裏山へ。
b0132950_1854276.jpg

鳥居の向こう、登っていくと実家のお社(やしろ)。「おんど」と読んでいる。「御堂」が訛った言い方だろうか??
b0132950_187479.jpg

杉木立に囲まれ薄暗い。夏はひんやり涼しい。
日陰はしいたけの原木栽培の適所。
b0132950_1885888.jpg

収穫。(収量の半分をもらってきて、干ししいたけにした)
b0132950_1891628.jpg


山の中は春の息吹にあふれている。
b0132950_18182065.jpg

「ふかふかしっとり」の腐葉土の下から、たくさんの芽。
b0132950_18192332.jpg

小さくてものすごくたくましい。
b0132950_1824599.jpg

山のすみれ。
b0132950_18202254.jpg

ぜんまい。
b0132950_1820424.jpg

あっちにも。
b0132950_1821110.jpg

こっちにも。
b0132950_18212926.jpg

にょっこりにょっこり。
b0132950_18221578.jpg

でもこれらは食べられないぜんまい。シダ。

この山も、盛夏の頃ははむせかえるような緑に包まれるだろう。
そのにおいを深呼吸しにまた山に入ろう。

桜とトラクター(弟。手伝っていた。)
b0132950_1829447.jpg

もはや風景の一部みたいな、ばばちゃん(曾祖母)。
b0132950_18402949.jpg

ひ孫(ぶっちのいとこ)とびこむばばちゃんの腕。
b0132950_18412934.jpg

ばばちゃんのおおらかさが、ひ孫達は(私も)大好きなのだ。

山里の春(暦の上では立夏を目前にしているわけだけど)、
自分の目と足で確かめるのが毎年の楽しみ。


最後に、おねえちゃん達が摘んだ裏山の花。
b0132950_20355510.jpg

[PR]
4日と5日は実家。夫は仕事が入った。
弟夫婦たちが帰省しているので、いとこ6人集合するのを、
それはそれは子ども達、楽しみにしていた。

普段に輪をかけて野性的に楽しんでいた9歳と8歳と7歳と5歳と2歳と1歳。
b0132950_1418851.jpg

フトコロのふか~~い自然の中、
ひろ~~~い心でにこやかに見守るおばあちゃんやばばちゃん(ひいばあちゃん)。
b0132950_1424740.jpg

1歳2歳は別として、親のところには全く寄ってこない。こういう時。

あぶないよ!とか、よごさないで!とか、
私も、この日は言うのを控えて・・・

誰かの楽しい思いつきがきっかけで、
目に映ったいろんなものが遊びの道具になる楽しさ。

子ギャングたち。
b0132950_14312064.jpg

「トイレ」を作っているところ。
道に穴を掘ってみたら、土の中を通るパイプを見つけたらしい。
パイプの先から「おしっこ」が流れる「トイレ」にしよう!!と盛り上がり、
パイプに詰まった土や石を除くのに夢中。
棒を使ったり、バケツで水を流したり。

トイレ開通の実験として、5歳が「おしっこ」してみたそうだ・・・

「コロッケだよ」
b0132950_14314214.jpg

板の「橋」をはいのぼるぶっち。
b0132950_14315953.jpg

いつのまにか裸足の人も。
b0132950_14322660.jpg


写真におさめたのは「こどもの世界」の一部で、
私も知らない「あんなことやこんなこと」やりたい放題楽しんじゃったらしい。

一緒に泥んこになって、
探検したり、
軽トラの荷台にみんなで乗って山に行ったり、
山菜とり(こごみ)に行ったり。
暑い日だったので川に入ったり。

一緒にごはんを食べて、
バーベキューもしたっけ。

「自然」と「ばあちゃん家」の大~きな包容力。

またしばらくいとこ達とは会えなくなるけれど、
たぶんこの2日間は一生の宝になるくらい、
キラキラの心豊かな経験だったはず。・・・・実際は泥んこ(笑)


子のために・・・と、いろいろ仕組んだり用意したりすることが、
親自身にとっても楽しいことだったりするが、
たまには、ぽんっと放ってみるのもいいかな。

連休の真ん中2日間は、純粋に子どもに捧げたかんじだった。
[PR]
by harokijs | 2009-05-12 15:03 | こども
毎年ニュースで見るだけだった「春の藤原まつり」。
平泉は学生の頃訪れて以来。

世界遺産登録を目ざしている平泉。
その歴史と風景を感じに行ってみたい!とかねがね思っていた。

源義経公東下り行列」がまつりの(おそらく)最大の見物。
人出もまつり期間中で最大で混雑覚悟でいざ出発。

・・・の割には10時近くにのんびり出発。
東北道は「わっなんだこりゃ!」な車車車・・・・

無料駐車場に車を置き、毛越寺(もうつうじ)を目ざして歩く。
b0132950_1623192.jpg

ぶっちの足に合わせ40分以上もかけて、正午近くにようやく寺の近くまでたどり着いた。
まずは腹ごしらえ。
たくさん歩いた上、蒸し暑いくらいの日は酢飯にして正解だったかも。
のり巻き弁当いただきまーす。
b0132950_22121643.jpg

ぱく。
b0132950_1605422.jpg

行列スタートまで1時間以上もあったので、毛越寺門前の「旧観自在王院庭園」というひろーーい公園で遊んで過ごす。
「シャボン玉」を持っていってこれまた正解。
b0132950_22172970.jpg

楽しく遊び、
b0132950_22181387.jpg

ジェラートを食べて。地元産の材料で作ったというジェラート、お・おいしぃぃ~~~5人で3こをぱくついた。kozenji cafe
見かけたら是非また味わいたい。

13:30 行列スタート。
閉ざされていた寺の門が開いた。

道路の両脇ずーーーっと見物人がひしめく中、
来た!義経だ!
b0132950_22271354.jpg

このかわいらしい義経は五十嵐隼士さんという芸能人の方。
「ルーキーズ」に出演していたということだが、観てないよ。
「ウルトラマンメビウス」のメビウス役だったそうだよ!とっちクン!
芸能人を間近で観るなんてめったにないから・・・。
行列の華でした。
北の方を演じた学生さん、とても美しい方でした。
b0132950_1634484.jpg

私たち4人とは別行動で、シャッターチャンスを探し歩いていた夫、
出発直前の寺の前で、
馬上の義経が「シャンとして!」とばかりに背中をはたかれ、姿勢を直されるのを目撃したと喜んでいた。
(私も後から聞いてちょっとおもしろかった。ちょっと姿勢のくずれた?イマドキ義経だなあ、と行列を見送っていたので。)

この背中。
b0132950_2251261.jpg

馬に乗るのは緊張するのでしょうね。ご本人もブログ↑で「難しかった」と。

ひづめ
b0132950_22533355.jpg

後ろ足(おしり)
b0132950_22535934.jpg

あたま
b0132950_22543287.jpg

以上はぶっちのときめきポイント。「おンまさんだー」

観光客がいくらか(かなり)ひけた毛越寺を参拝(というか散歩)。
b0132950_1672799.jpg

メモにはげむおねえちゃん。
b0132950_1683794.jpg

鐘楼でかねつきもした。
  ごぉぉぉぉーーーーーーーんんんんんーーーーーー

超満員の巡回バスに乗り、駐車場で下車。
車に乗り換え中尊寺へ。

月見坂をのぼる。
b0132950_16131938.jpg

この坂を義経ご一行は登ったのか!
馬も人も難儀しただろうなー

高い杉木立が両側にそびえる急な坂道、
疲れるけれどなかなかに楽しい。

ウマの落とし物に注意しながら歩いた(笑)

ようやく登り切って、
金色堂。
b0132950_1619538.jpg

荘厳なたたずまいに胸を打たれて、外に出ると、
小声で「なんかいる!」
とっちが指す梢に、
b0132950_16221615.jpg

ん?
あれは・・・・りす??
木のウロからこちらを見下ろしている丸い頭。
「よく見つけたね!どうして?ちょろちょろ(りすが)登ってたの?」と聞くと、
「ううん、なんか落とし穴ないかなーと見てたら、いたの!」
 ※1 落とし穴を探すか?!金色堂で!!
 ※2 木の上に落とし穴はないだろう!?
と、つっこみどころだらけの返事だが・・・・

「(りすが)動いていないのによく気づいたね!!」と言うと、
「うん!目をぱちくりしてたの!りすが!」
りすのまばたき・・・・
さすがのとっちくんよ、見るもの(&考えること)が人とちがーーーう。

「お、見つけたのかい?よく気づいたね~。」と、
寺守りのおじさんにほめられた少年。
まさに今、この木でりすが子を産み育てていて、早朝にはあたりを飛び歩くりすの姿が見られるそうなのだ。
金色堂を出てすぐの、観光客が歩くそばの木なので、
りすを脅かさないように、と気を配っているところらしい。

頭上のりすに気づく人が何人いるんだろう?と思うが・・・

松尾芭蕉の句碑。
   五月雨の降りのこしてや光堂     「光堂」は金色堂のことですね
b0132950_21245586.jpg

   少年をりすが見おろす光堂    
  

戻りの坂道。
ぶっちが頭からころげおちるんじゃないかと、ヒヤヒヤだった。
本当に急なので!


県外ナンバーの車たくさんの高速道に乗り、帰ってきた。
たくさん歩いた1日だった。ぶっちもよく歩いた。
[PR]
キヨシロー!!!!!
[PR]
おにぎりを持って花見へ。
行き先は小岩井農場。
b0132950_21144229.jpg

見頃も見頃ばっちり満開
b0132950_2116187.jpg

b0132950_21162866.jpg

わたしたちが花見を楽しんだのは、有料の「まきば園」ではなく、古くからの牛舎やサイロなどの建物が残っているほう。
b0132950_21185847.jpg

青空が広がり気持ちのいい日。
人出もかなりあったもよう。
NHK連続ドラマ「どんどはれ」(見ていなかったけど・・)で有名になった「一本桜」目当ての観光客で「まきば園」前の道路は車が途切れることなくつづいていたようだけれど、
メインストリートではなく支線から農場に入った私たちは、
b0132950_2125271.jpg

思いがけず、こんな景色を眺めることができた。雄大な景色に思わず車を停めて深呼吸!
雪を抱いた山の姿のなんとたくましいこと。
青い空と雪の白、緑の大地に桜、大きくて広くてそれだけでなんだか嬉しい!!

しばし桜を愛でた後は、弁当タイム。
今日は炊きこみご飯のおにぎりとゆで卵と漬け物。いたってシンプルに。
b0132950_21325029.jpg

この人は何をしているのでしょうか・・・・。アリでも見つけたのでしょう。
b0132950_21333866.jpg

腹ごしらえが済み、
牛舎で牝牛のおおっきなおっぱいを見たり、
b0132950_213565.jpg

意味もなく体力を使って軽く運動したりして、
b0132950_21354694.jpg

b0132950_213619.jpg

b0132950_21371579.jpg

「一本桜」への山道ルートを徒歩で辿ることに。
b0132950_2138150.jpg

子どもは普通に歩きません。
b0132950_22171422.jpg
塹壕からはいのぼる人たち。途中から泥水になったらしい。
b0132950_21392982.jpg

トンネルの上は車道です。
b0132950_21404662.jpg

トンネルを抜けると岩手山がせまります。
b0132950_21411749.jpg

花見スポット「一本桜」はこの丘の向こう、もうすぐです。
b0132950_21423340.jpg

このとき、とっちの下半分はどうなっていたかというと、
b0132950_21433822.jpg

びしょぬれ。
なぜなら、
b0132950_21443687.jpg

川に落ちたから。川といっても、小さな堰ですが。
b0132950_21453034.jpg

「ああ~っもうっ!靴にどろが入ってるよ!」とふいてやっているおねえちゃん。
ウハハハハハハハ!!!と母は大ウケ。
だって、なんともとっちらしくて、情けないとか怒りを通り越し、もう笑っちゃう。
きれいなせせらぎを見つけ、思わず足を止めたのは私も同じだが、
とっち「さわってみたいな」
私・夫「やめとけー。落ちるよ!」
と「うーんん・・・」
「さ、行こう」と歩を進めた背中に聞こえた「ボシャッ」の水音。
「おもしろそうだな やってみたいな」の一念が行動の9割を支配している少年は、
頭で考える前に足が、手が出ていることがよーーくあります。
小川をなめてはいけません。
草に覆われてよく見えないが、土と思って踏み入れた場所は水の中だった。

浸かったのはひざ下だったが、歩くうちにも水が次第に上がってきてパンツまで湿ってきたらしく、
しきりにおしりを気にしながら歩く様子には、笑いがもれるのを隠せない私だった。

この日いちばんおもしろかったことはこれでしょうね。

歩いて歩いて「一本桜」。
b0132950_2224580.jpg

人がたくさんで撮影するのもようやく。

このあと「まきば園」近くの「どんぐりコロコロ」で養蜂場のジェラートを食べて・・・
これは農場に立つ宮澤賢治の詩碑。
b0132950_2212594.jpg
賢治はここが好きで何度も訪れたらしい。

小岩井農場を後にし、途中の無人販売所で「堆肥」を買い、盛岡市内へ。
ぶっちは車に乗ったとたん夢の世界。あんなに歩き回って無理もない。

それにしても小岩井の桜、タイミングもばっちりで楽しい(おもしろい)花見となった。

おねえちゃんの希望で、材木町「よ市」へ。
b0132950_2293856.jpg

市(おまつり)の雰囲気がいいんだそう。
道ばたの宮澤賢治像と記念撮影。
b0132950_22103728.jpg

市では前回美味しかった「大豆入り玄米おにぎり」を買った。
光原社もさくっと見た。

カワトク白龍でじゃじゃ麺(すいてた!)を食べ、GWの初日終了。
[PR]

4月末の庭の様子を記録。

まずは冬越しして花をつけたものたち。  =植えっぱなし。強い植物。
クリスマスローズ。
b0132950_61956100.jpg

b0132950_6202694.jpg

チューリップ。
b0132950_621066.jpg

ムスカリ。 レンガの苔をかきとる作業がこのところの庭仕事。
b0132950_6213434.jpg


次は、芽吹きの宿根草たち。
わすれな草。もうすぐ咲きそう。
b0132950_626449.jpg

エリゲロン。こぼれ種で増える。
b0132950_6271647.jpg

クレマチス。今年は花をつけてくれるか?
b0132950_6275274.jpg

ユリ。夏の主役。
b0132950_6284649.jpg

つるばら「サマースノー」。
b0132950_6294493.jpg
b0132950_6295313.jpg



次は、(買ってきた)花苗の植え込み。
ネモフィラ。宵口の薄闇の中、このベビーブルーの花びらがぽっと明るく見えるのは本当に素敵なのだ。
b0132950_631364.jpg

ビオラとアリッサム。まだ小さな苗だが、植木鉢からはみ出すくらいに花をつけてほしい!
b0132950_6321231.jpg

ネモフィラを植え付けた翌々日くらいのものすごい嵐。
そのうちの1株、強風で株ごと土から引っこ抜かれ、鉢の脇でしおれていた。まだ根をはらないうちの災難だ。
根っこがだいじだよ~。
かわいそうなので水揚げして玄関に。ムスカリと合わせてブルーのミニブーケ。
b0132950_6372173.jpg

鯉のぼり飾りも出した。やじろべえとしても遊べる小黒三郎作の組木。
ぶっちが通りかかるたびにゆーらゆーらして喜んでいる。

壁にかけた鯉のぼりの版画は柚木沙弥郎(ゆのきさみろう=堀井和子さんが本の中で紹介したテーブルクロスにはこの方の作品があります。)
(画像が出てこないが・・・)図書館で読んだこの雑誌に、ゆのきさみろう氏のインタビューが掲載されていた。素敵なおじいさん(失礼;)だなと感じた。前へ前へと進んでいる人は若々しいなと。

母の友 2009年 06月号 [雑誌]

福音館書店


光原社で見つけた大の気に入りで、一年中ここで子ども達の「いってきます」と「ただいま」を見守ってくれている。
b0132950_837476.jpg

[PR]
by harokijs | 2009-05-01 08:37 |